対処方法

ガチガチに硬い背中の緩め方

更新日:

ガチガチに硬い背中の緩め方

こんな方におすすめです

  • 背中が硬くて身体の動きが悪い
  • 背中が硬すぎてストレッチで伸ばせない
  • 長時間座るのが辛い
  • 背中が硬くなる原因を知りたい
  • 背中を柔らかくする方法が知りたい

実はガチガチに硬くなった背中の筋肉は、マッサージをするだけでは緩みません。背中をストレッチしても、直ぐに元の状態に戻ってしまうことがあります。

この記事では効率よく背中を柔らかくする方法や、背中が硬くなる原因に対してのケア方法を紹介していきます。

仕事の休憩中などにもできる簡単な内容となっていますので、背中を楽にしたい方は是非ご参考ください。

硬い背中を緩めるには

硬い背中を緩めるには

硬い背中を緩めるには、背中だけではなく、股関節や足といった離れた部分のケアが必要になります。

股関節や足部の問題がなくなると、背中は楽に動かせるようになり、背中の筋肉が柔らかくなるのを実感できるはずです。

背中が硬くなるのは背中だけの問題ではありません。身体に色々な問題が起きた結果として背中は硬くなっているのです。

上記の身体の問題が解決されると、背中は自然と柔らかくなります。

背中を柔らかくするコツ

背中を柔らかくするストレッチを4種類紹介します。気持ちよく続けられる範囲内で行ってください。

硬い背中を柔らかくするストレッチ1

イスや台などを利用して写真のようにストレッチを行ないます。30秒×2回

ポイント

・つま先を正面に向け、前方へ体重移動します。
・膝はしっかりとつま先の方向へ曲げます。
・足首で支えるようにしながら、少しずつ倒していきましょう。

※歪みがある方は膝を曲げると左右どちらかにズレやすくなります。

硬い背中を柔らかくするストレッチ2

今度は身体を後方へスライドさせ脚の後面の筋肉を伸ばします。30秒×2回

ポイント

・床についている足は一歩後ろへ引きます。
・台上のつま先は立てて、お尻をゆっくりと後方へ下げます。

※体勢が辛い場合は、身体を少し起こしながら行いましょう。

硬い背中を柔らかくするストレッチ3

イスやテーブルに手や肘を付き、片膝を立てて行います。30秒×2回

ポイント

・床に付いた片膝はなるべく後方へ引きます。
・骨盤を少しずつ前方へ移動させます。

※なるべく腰が反らないように注意してください。

硬い背中を柔らかくするストレッチ4

片足を横に伸ばし、太ももの内側を伸ばしていきます。30秒×2回

ポイント

・両手を付いて身体を支えます。
・上半身を少しずつ前方へ傾けます。
・上半身を傾けるほどストレッチが強くなります。

※あぐらがかけない場合は片足をベッドから降ろして行ってください。

これらの筋肉は日常生活の中で疲労を起こしやすい筋肉なので、小まめにストレッチを行うと効果的です。無理のない範囲で継続してみてください。

背中の負担を軽減する方法

立ち姿勢でのバランスが悪くなると、身体の後面の筋肉を使って身体を支えることが多くなります。背中の筋肉が疲労し、硬い背中を招く要因となってしまいます。

腹筋側のインナーマッスルを働かせることによって、立ち姿勢のバランスが改善すれば、背中の負担を大きく軽減することができます。

その為に必要なのが、お腹を凹ませたときに働く「腹横筋」という深層にある筋肉の働きです。

腹横筋は腹筋運動をしているだけでは強くなりません。

簡単に強化する方法としては、腹式呼吸(ドローインなど)があります。

腹式呼吸は寝る前に20回ほど行なうと効果的です。

ポイント

・お腹を十分に凹ませるのがポイントです。
・仰向けに寝て両膝を立てながら行いましょう。

背中が硬くなる原因

背中が硬くなる原因は2つあります。ひとつは身体の土台である足腰の柔軟性の低下、もうひとつは身体を支える筋肉の機能低下(弱化)です。

デスクワークや運転といった座り姿勢が長く続いてしまうと、股関節や膝周辺の血流が悪くなり、筋肉に疲労が溜まってきて、足腰の柔軟性を低下させます。

足腰の柔軟性が悪くなってくると、姿勢を維持することが難しくなったり(猫背になりやすい)、動きがぎこちなくなったりして背中のストレスを強めます。

疲労の蓄積によって筋肉の働きが低下してくると、疲労を感じやすくなる為、悪循環となってしまいます。

背中を柔らかくする為には、疲労を溜めこまないように努めなければなりません。

背中の硬さを確認する方法

立った状態で両手を前に伸ばして指先を合わせます。勢いを付けずに左右へゆっくりと捻れるところまで上半身を捻ります。

この時に指先がどの角度までいけるかを確認してください。可動域が90度より下回る場合には、背中の緊張が強いといえます。

他にも、身体を捻ったときにどこかに痛みやひっかかりがあり、動きに左右差を感じる方がいます。

両手を横からバンザイし、手の甲を頭の上であわせるようにします。肩に窮屈さを感じたり、肘が伸ばせない、腕が頭から離れると背中の緊張は強い状態です。

背中を強く押さないこと

背中を強く揉んだり、押したりすると、揉み返しが起きたり、かえって筋肉の緊張が強くなってしまうことが考えられます。

一時的な疲れであれば、患部を揉むことでもすっきりすることがあるかもしれませんが、筋肉の緊張を引き起こす原因を変えなければ緊張の緩和は難しいと思われます。

※硬くなった背中を長く放置していると、ピリッとした強い痛みを感じたり、イスに長い時間座れない、首の痛みや頭痛の誘発といった、深刻な悩みを招くことがあります。

まとめ

硬い背中はマッサージだけでは緩みません。足腰の柔軟性を高め、筋肉の機能を回復させることによって緩和することができます。

筋肉に疲労を溜めこまないようにする為にも、日頃から身体のケアを行なうことが大切です。

以上、ガチガチに硬い背中の緩め方でした。

  • この記事を書いた人
又吉陽平

又吉陽平

2014年に整体の操和を開業。自身の不調の経験から同じような悩みを持つ方たちの力になりたいと想い日々研鑽を積んでいます。

Copyright© 【公式】沖縄の整体で慢性的な痛みと症状を改善する|整体の操和 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.