歩けるけど痛い!捻挫で腫れてる時、腫れてない時の対応方法

歩けるけど痛い!捻挫で腫れてる時、腫れてない時の対応方法

足首の捻挫のは再発率が高く、慢性化することによって様々な後遺症を残します。

捻挫を早く治すには、受傷後の的確な対応と機能回復の為の対応が重要になります。

捻挫の種類と対応について

捻挫の種類と対応について

捻挫とは、関節の動きが生理的範囲を超えて生じる、関節包や靭帯の軽度な損傷を指します。

捻挫の中でも頻度の高い足関節損傷は「外側靭帯損傷」です。

スポーツ中や段差などでつまずき、足関節をグキッと内側にひねった時に起きてしまいます。

多くは外側のくるぶし付近の腫れや痛み、皮下出血などを確認することができます。

注意ポイント

X線像で骨折、脱臼、関節面の位置関係などの異常が見られないものが捻挫となります。

捻挫で痛めやすい場所をチェック

捻挫(足関節靭帯損傷)が発生する主な部位と、その特徴を説明します。

それぞれ損傷部位に一致して圧痛がみられます。

外側靭帯損傷

足部の内返しが強制されて生じる足関節外側靭帯の損傷。

外側靭帯の中でも前距腓靭帯の損傷が多い。

前距腓靭帯の単独損傷、又は前距腓靭帯と踵腓靭帯の複合損傷が生じることもある。

足を内側にひねったり、下に曲げたりすると痛みがでる。外くるぶしの前部が腫れる。

捻挫(足関節靭帯損傷)の大部分を占める。

二分靭帯損傷

足の内がえしの強制により生じる。

踵骨前方突起立方骨、舟状骨の裂離骨折に合併して生じることもある。

ジャンプ後の着地時など、つま先立ちで内側にひねった時に発症しやすい。

遠位脛腓靭帯損傷

足部の外がえしの強制により生じる靭帯の損傷。

単独損傷は少なく、多くは果部骨折に合併する。

足首の上部に腫れや痛みがでる。

コンタクトスポーツで発症しやすい。

内側靭帯損傷(三角靭帯損傷)

足の外がえしの強制により生じる。

単独損傷は少なく、多くは果部骨折に合併する。

内くるぶしの下側に腫れや痛みがでる。

足が地面に固定された状態でひねると発症しやすい。

外がえしの捻挫では、内がえしで起きた捻挫よりも痛みが長引く傾向にあります。

早く治すには、できるだけ痛めた足に体重を乗せないようにすることが大切です。

インソールを利用し、足の骨が外側に倒れないようにするのも有効な方法となります。

捻挫後の腫れや内出血がなかなか引かない場合には以下のケア方法をお試しください。

捻挫後の処置について

捻挫直後からの対応で重要なポイントは、足首の腫れを最小限にして痛みを早く軽減させることです。

痛い動きや押すと痛い場所などを特定し、痛みを軽減させるためにアイシング(冷やす作業)を行います。

アイシングは床に足をつけた状態にして氷で20分以上、最長で45分ほど施します。

目安としては感覚が鈍くなるまで、氷が溶けるまでとなります。

そして、アイシングと交互に圧迫の処置を実施します。

アイシング前に確認した圧痛部分に的確な圧迫作業が必要です。

スムーズな関節機能の回復には受傷直後の対応が重要になります。

捻挫の痛みはどれくらいで治る?

捻挫の痛みはどれくらいで治る?

治りやすい捻挫と治りにくい捻挫があるので説明していきます。

一般的に捻挫は関節の不安定性を評価するテストや、X線撮影を行い判別します。

裂離骨折や関節軟骨損傷を伴うこともあるので、痛みが強くて歩けない場合には必ず骨折の有無を確認しなければなりません。

軽い捻挫であれば1週間ほどで完治しますが、捻挫をして靭帯が部分的に断裂した場合には完治までに3~6週間ほどかかることが殆どです。

酷い捻挫で靭帯が完全断裂した場合には、完治まで数ヶ月が必要です。

捻挫後に適切な治療を受けずにいると、足の関節が不安定になり、腰痛や膝痛の原因になったりすることもあります。
捻挫の程度完治期間
靭帯の軽い損傷1週間
靭帯の部分断裂3~6週間
靭帯の完全断裂数ヶ月

歩けるけど痛い、腫れてるケース

痛めた直後から歩けた場合や触っても痛くない場合には、骨折の可能性が低く、検査を行う必要はないと考えられます。

腫れてる場合でも自力で歩ける場合には、通常の捻挫として対処することができます。

しっかり治しておけば後遺障害は残りません。

歩くと痛い、腫れてないケース

1人で歩けない、触ると痛みがある場合には病院(整形外科)での検査が必要です。

腫れてない場合でも安静にしなければなりません。

骨折をしていた場合には4~6週間ほどギプス固定となります。

ココに注意

特に小児(子供)では、骨端線(成長軟骨板)の損傷により、裂離骨折や関節軟骨損傷を併発しやすい。

まとめ

捻挫は程度によって完治までの期間が異なります。

1人で歩けない場合には検査後に安静が必要です。

捻挫の初期治療ではアイシングや圧迫を交互に行い、その後は再発予防や関節機能向上の為の運動療法を実施して回復を目指します。

捻挫をしたら放置せず、しっかり治すことが大切です。

以上、「歩けるけど痛い!捻挫で腫れてる時、腫れてない時の対応方法」についてでした。

住所〒901-2125 沖縄県浦添市仲西2丁目1-17 パームハイツ103
休業水曜日
営業10:00~21:00(日曜・祝日は17:00まで)
予約098-876-4948(施術中は留守電対応)

お電話でのご予約・お問い合わせはこちら

ネット予約はこちら

  • この記事を書いた人

又吉陽平

職業 整体師「プロフィールはこちら」離島を含め県内全域のお客様を施術。「寝ることによって治る身体」を取り戻すお手伝いをしています。

© 2022 整体の操和【公式】沖縄で慢性的な痛みと症状を改善する Powered by AFFINGER5