筋膜リリース

筋膜とは、全身の筋肉や骨、臓器、神経を包み込む膜のことで、全身をくまなく覆っています。

筋膜がよじれたり、癒着したりすると、良い姿勢や動作が取りづらくなり、腰痛や肩こりなどの不調の原因になります。

筋肉を正しく動かすためには、筋膜が柔軟に動くことが大切です。

筋膜リリースの施術効果について

身体の動きが硬い、不調を感じる、動作で痛みを感じる、力が入りづらくなっている、といった状態に筋膜リリースは効果があります。

一方で痛みが強く出ている部位に筋膜リリースを行うと、痛みが取れなかったり、痛みが酷くなることがあるので注意が必要です。

筋膜に問題が起きると

筋膜は筋肉の使い過ぎや偏った使い方、悪い姿勢、手術後の傷跡、慢性的なストレスなどが原因で動きが悪くなります。

そして、筋膜の癒着や筋膜への栄養障害が起きたり、関連痛、柔軟性の低下、筋出力の低下、軟骨の変形、感覚異常などを生じさせます。

同じ姿勢を長く続けたり、偏った動作を何度も繰り返していると、身体の一部分にストレスが加わり、筋膜が自由に動けなくなってしまいます。

筋膜に問題が生じると、関節周辺に痛みを感じやすくなります。筋膜の緊張が腱を引っ張り、関節包と呼ばれる袋を引っ張ることになり、関節包の痛みの受容器が痛みを感じます。

このように関節周囲の痛みには、関節の問題ではなく、筋膜に問題が起きていることが多々あります。

筋膜を無理にはがすのは基本的にNGです。施術では筋膜を傷つけないよう時間をかけて解きほぐすことで筋肉や神経などへの負荷を軽減し、痛みや動作の改善を目指します。
  • この記事を書いた人

又吉陽平

整体学校を卒業後に複数の施術所で経験を積み、2013年に全国的に著名な治療家に師事する。修業期間を経て2014年4月に整体の操和を開業。痛みや痺れに悩む多くのお客様を改善に導く。操体医学院認定整体師。

© 2024 整体の操和|沖縄県浦添市の痛みと痺れの専門整体 Powered by AFFINGER5