整体院と整骨院の違いとは?どっちに行くべきかを詳しく解説

整体院と整骨院の違いとは?どっちに行くべきかを詳しく解説

こちらの記事では、整体院と整骨院の違いを詳しく解説しています。整体・整骨院を探す際にお役立てください。

後悔しない為にも是非一読ください。

整体と整骨院(接骨院)の違い

整体と整骨院(接骨院)の違い

整体院と整骨院の大きな違いは、国家資格の有無とケガをした時には健康保険が利用できるという点です

保険が使えるという点で料金に差があるように思われますが、近年では、自費で整体メニューを取り入れている整骨院も増えており、それぞれの違いがわかりづらくなっている状況です。

整体院とは

整体院では、身体の歪みや緊張を取り除くことによって、人間の持つ治癒力を最大限に発揮させることを目的とします。

症状の改善の他にも、スポーツ時のパフォーマンス向上、姿勢の安定、疲労回復といった効果が期待できます。

整体学校や著名な治療家に師事するなどして、身体を整える技術を学んだ整体師が施術を行います。

数多くの流派があり、アプローチの方法も様々です。その為、施術効果は各院によって大きく異なります。

※整体には健康保険の利用は認められていません。

カイロプラクティックとは

カイロプラクティックでは、手技によって背骨の矯正を行い、神経機能を正常化させて症状の緩和をはかります。

正式なカイロプラクターになる為には、米国で認定大学を卒業し、国家試験に合格しなければなりません。

日本においてはカイロプラクティックの国家資格が存在せず、誰でもカイロプラクターと名乗れるのが現状です。

カイロプラクティックの技術を用いる整体院や接骨院は少なくありません。

骨をバキバキ鳴らすのは大変高度なテクニックを必要としますが、中には短期講習を受けただけの人が施術を行うこともあるので注意が必要です。

※施術でケガをしたり、症状が悪化するケースがあります。施術者の経験や実績などを調べておくことが大切です。

整骨院とは

整骨院(接骨院)では、指定大学や認可施設を卒業し、国家試験に合格した柔道整復師が治療を行います。

柔道整復師だけに許可される業務には、骨折、脱臼、打撲、捻挫、肉離れなどの怪我の治療(手技による整復)があります。

健康保険を使うことが許されているのはこれらの怪我のみです。

仕事中や通勤途中のケガなどは労災保険が適用され、交通事故によるケガには自賠責保険が適用されます。

どんな症状にも保険が使えるのかと思ってました。
保険が使えるのはケガの治療だけと覚えておいてください。

保険が使えないケース

・日常での疲労による腰痛や肩こり、体調不良など(慢性症状)

・加齢による身体の痛み

・整形外科で治療を受けている場合(併用)

※疲労による腰痛や肩こり、体調不良、加齢による身体の痛み(慢性症状)には、保険の利用が禁止されています。

近年はセミナーなどで整体技術を学び、自費メニューとして整体を取り入れている整骨院が増えている為、それぞれの違いがわかりづらくなっています。
柔道整復師の資格があれば「何でもできる」ということではないのですね。
国家資格の有無だけでは技術の力量を判断することはできません。

※接骨院と整骨院に違いはありません。名称の違いはありますが、どちらも同じ業務を行います。正式な名称は整骨院ではなく、接骨院となります。

整形外科との違いは?

整形外科では診察・検査(X線検査など)を行い、診断名を確定し、医学的な治療(手術療法、保存療法)が必要かを判断します。

こんな整体は意味がない

こんな整体は意味がない

次に、後悔のない整体院の選び方について解説していきます。

同じ整体でも対応には大きな差があります。

技術力に差がある

整体の効果は施術を行う整体師の経験や知識などに大きく左右されます。

当然のことですが、技術力が低い場合には効果を感じにくくなります。

施術を3回ほど受けてみて身体の変化を実感できなかった場合には、他の整体院の利用をご検討ください。

生活習慣の影響を理由にする

施術後に変化がない理由を生活習慣が悪いからと言われた場合には注意が必要です。

生活習慣が悪かったとしても、よい施術を受けたあとは施術前と比べて何らかの変化を実感できるはずです。

(痛みが軽減したり、身体が動かしやすくなったりする)

施術を受けてみて全く変化を感じなかった場合は、通院を続けても効果は期待できません。

※通い過ぎにもご注意ください。

タイプ頻度期間
急性症状週1~3回1~5回程度
慢性症状週1→月1~2回症状で異なる

原因を見ていない

症状が現れている部位だけを対象にした施術では、根本的な原因にアプローチできないため、効果が得られにくいことがあります。

例えば、肩こりの原因となる僧帽筋の緊張は、猫背になることで現れやすくなります。

先に姿勢の問題を解決しないことには、僧帽筋の緊張を緩ませることができません。

単純に肩の筋肉を揉んでいるだけでは肩こりは解決することができないのです。

※細かな検査を行わず直ぐにベッドに寝かせてしまう場合は、意味のない施術を行っている可能性が高いです。

強引な営業がある

一部の整体院では、症状の早期改善よりも通院回数の増加を目的とした営業方針を取る場合があります。

これにより、施術効果が実感できないまま通院が長期化することが考えられます。

※「回数券を購入すれば今回の料金がお得になる」といったセールストークがあった場合には、よく考えてから決断すべきです。

適切な説明の欠如

施術者が必要な説明を怠った場合、お客様は何が行われているのか理解できず、効果を実感できないことがあります。

説明がなかったり、質問に答えてくれない場合には注意が必要です。

※何の説明もなく施術を終えてしまうケースは論外です。

無資格者のボキボキ整体

骨をボキボキ鳴らす手技は高度な技術を要する為、経験の浅いセラピストが行うものではありません。

無資格者が行う場合、安全性や効果が保証されておらず、むしろ症状を悪化させる恐れがあります。

ボキボキする整体でケガをする事故が実際にも起きていて社会的にも問題になっています。

ボキボキする施術を受けたい方は、ホームページなどでカイロプラクティック(米国)の資格の有無をご確認ください。

※しっかりとした施術内容であれば効果が期待できるため、決して意味のないものではありません。

骨盤矯正の効果について

実は骨盤自体が歪むことはありません。

骨盤の歪みとは、体幹や下肢の問題によって、相対的に骨盤の位置が変わり、歪んで見えていることを指します。

骨盤の左右の高さが違ったり、前後のどちらかに傾くことはあっても、形が歪になることはないのでご安心ください。

「産後の体型に戻す骨盤矯正」という文言も勘違いをさせてしまう内容です。

体型を変えるために必要なことは、硬くなっている筋肉を緩めたり、弱くなっている筋肉を鍛えることです。

ただ施術を受けるだけで痩せることは不可能といえます。

また、体重は時間の経過とともに自然と落ちていくことも多いので、必ずしも骨盤矯正と呼ばれる施術を受ける必要はありません。

開いた骨盤も数ヶ月で自然と元の状態に戻るケースが殆どです。

育児の影響で身体を痛めたり、異常を感じている場合には、整体で改善のお手伝いをすることが可能です。

体型を早く元の状態に戻したいけど何をやったらいいのかわからない場合には、整体師や専門家から必要なアドバイスを受けてください。

こんな整骨院には行かない方がいい

こんな整骨院には行かない方がいい

続いて、整骨院に行く前に知っておきたい注意点を説明します。

悪質な院を選んでしまうとトラブルに巻き込まれてしまうことがあります。

回数券を買わされる

回数券の販売は、より多くの利益を安定して得られるシステムです。

「初回の施術料金を大幅値引きし、2回目以降は回数券の販売で利益を確保する」

このような流れで利用者を呼び込もうとする院が急増しています。

※初回の施術料金が無料の場合、次回の予約を前金で支払うことや、回数券の購入を条件としているケースが殆どです。

店側としては通院してもらわないことには利益ができないので、施術後には回数券販売のセールストークが当たり前のように行われている状況です。

回数券が使い終わったら再び購入を勧められるというケースも少なくありません。

注意ポイント

お得に感じる回数券ですが「払い戻しができない」「期限内に消費しなければならない」といったデメリットがあります。初回時に回数券を購入するのは止めましょう。

強引な売り込みがある

回数券を断ったり予約をキャンセルすると、施術者の態度が急変して「恐い思いをした」という話を何度か耳にしたことがあります。

一方的に契約を勧めてきたり、断れない雰囲気を感じるようなことがあれば、そのような整骨院は利用すべきではありません。

通院の断り方

「次回はどうしますか?」と聞かれた場合には「スケジュールを確認して後で連絡します」と答えれば問題はありません。

予約をされた場合には電話で構いませんので「都合が悪くなったのでキャンセルしたい」と、できるだけ早めにお伝えください。

※症状の改善や予防など、目的によって通院期間や来院のタイミングは異なりますが、ご自身が納得したうえで利用しているのであればストレスは少ないはずです。

料金が高い

施術料金は年々高騰しており、中には1回の施術料金が1万円を超えるような院も存在します。

悩みが直ぐに解決できるのであれば納得できますが、高額にもかかわらず「長々と通わなければならない」のであれば、納得できるものではありません。

注意ポイント

2回目以降の料金が通えないと感じるくらい高く設定されていることがあります。予約時には通常料金も必ずご確認ください。

自費料金の相場

施術料金の平均的な相場は10分1000円~程度と言われています。

施術時間と料金に開きがないかをチェックしましょう。

高い理由は?

料金が高くなる理由のひとつとして考えられるのが、広告費や人件費などにかかる経費の問題です。

業界では1人を集客するのに2~3千円ほどの費用がかかると言われており、広告費にお金をかけている院ほど施術料金が高くなりがちです。

スタッフの数が多い院でも同様に、たくさんのお客様に利用してもらわなければ利益は残せません。

ご紹介やリピーターが多く、広告費に殆どお金をかけていない院ほど良心的な料金設定になっていることが多いようです。

「〇〇症状の専門家」というだけでは料金が高くなる理由にはなりません。多くの人に信頼されている整体師ほど様々な症状に対応することができます。

お金の無駄?

以下の内容に該当するものがあればお金を無駄にする可能性があります。

「施術を受けた後に症状がかえって酷くなった」

そのような施術を受けても症状が改善することはありません。他の施設をお探しください。

「初回はカウンセリングのみで終了してしまった」

その殆どが長く通院させる為の術となります。初回の結果にこだわる先生をお探しください。

「生活習慣やセルフケアについてアドバイスがなかった」

施術効果の持続や再発予防に必要な内容です。施術を受けるだけよくなると説明をうけた場合は注意が必要です。

通いすぎに注意!

1回でよくなる症状もあれば3回でよくなる症状もあります。

通う頻度は症状やお身体の状態によって異なりますが、通院を続けるかどうかを決めるのは施術をご本人でなければなりません。

中には症状をよくすることよりも、たくさん通わせることを目標にしている悪質な整骨院が存在しますので、ご注意ください。

いつまで通えばいいのかわからなくて困りました。
やめるタイミングを考えておかないと「お金と時間」を無駄に費やしてしまうことになります。

違法行為をしている

現在、保険の不適切な利用が大きな問題になっています。

本来なら急性のケガ以外には保険を使うことができないのですが、慢性的な症状へのマッサージ行為や、架空・水増し請求が日常茶飯事のように行われています。

内容を知りながら不正行為に加担してしまうと、保険会社より損害賠償を請求されることがあります。

不正行為に加担しない為のポイントを詳しく説明します。利用の際には十分ご注意ください。

看板に各種保険取扱と表示

どんな施術にも健康保険が使えるという意味ではありません。負傷の原因を正しくお伝えください。

問診時の対応がおかしい

「デスクワークの影響で肩こりが酷い」と伝えた時に「肩の捻挫にしておけば保険がきく」と説明を受けることがありますが、同意しないように注意してください。

白紙にサインを求められる

通院中は月に1回署名を求められます。その時に内容を見せてくれなかったり、内容が白紙だった場合には絶対に署名をしないでください。

知らないうちに負傷箇所が転々と変えられていたり、施術回数が増やされていることがあります。負傷名、日数、料金を必ず確認して、領収書を受け取りましょう。

※領収書の発行は施術所の義務です。

調査票の指示がある

利用状況を把握するために健康保険から加入者へ文書での照会を求められることがあります。

この時に整骨院側から文書の提出を求められたり、記入内容への指示があった場合には絶対に従わないようにしてください。

注意ポイント

健康保険は加入者が支払っている保険料だけではなく、国民の税金でまかなわれています。税金が不当に利用されることを防止する為の施策として調査票が送付されます。これを無視すると受診にかかった費用が全額自己負担になることがあります。

高評価のクチコミが異常に多い

グーグルマップのクチコミや星の投稿には、利用者が自主的に書いたものではなく、商品券を配ったり、初回割引の条件として投稿を促すケースが数多く見られます。

投稿の際にはスタッフが書いてほしいキーワードや内容を細かく指示したり、内容をチェックするため、良いクチコミばかりが増えるシステムになっています。

他にもクチコミの投稿をサービス業者に依頼し、実際には利用していないにもかかわらずクチコミを獲得している院が存在します。

よいクチコミばかりが目立つ院には注意が必要です。

※消費者庁は割引によるクチコミ投稿を景品表示法違反の規制対象にしています。

注意ポイント

よく見かける雑誌に紹介という表記には、お店側がお金を払って広告として掲載されているケースが多々あります。「クチコミNo1」「雑誌に掲載」の文言は景品表示法に違反している可能性があります。

まとめ

整体院と整骨院の数は年々増えているので、迷ってしまうことも多いと思います。

この記事を見て不安が解消できたなら嬉しく思います。

何かわからないことがある場合には、ホームページを確認したり、直接、院に問い合わせしてみてください。

よい施設が見つかることを願っております。

以上、『整体院と整骨院の違いとは?どっちに行くべきかを詳しく解説』でした。

整体の操和

【住所】〒901-2125 沖縄県浦添市仲西2丁目1ー17 パームハイツ103
【電話】098-876-4948
【営業】 9:30~21:00(日曜 祝日 水曜は17:00まで)

  • この記事を書いた人

又吉陽平

整体学校を卒業後に複数の施術所で経験を積み、2013年に全国的に著名な治療家に師事する。修業期間を経て2014年4月に整体の操和を開業。痛みや痺れに悩む多くのお客様を改善に導く。操体医学院認定整体師。

人気記事をチェック

ぎっくり腰が一日で治った?歩けるけど痛いときの知恵袋 1

こちらの記事では「ぎっくり腰」の対処法を軽度~重度のタイプ別に分けて詳しく解説していきます。 痛みを一日でも早く治したい方は内容をご参考ください。 も ...

尾てい骨の痛みはどのくらいで治る?骨が出てる原因と改善方法 2

尾てい骨が痛くて困っています。どうしらよくなるのでしょうか? 尾てい骨の痛みの多くは不良姿勢が原因です。 こちらの記事では尾てい骨の痛みの原因と改善方 ...

揉み返しの対処法とマッサージ後に好転反応が起きる理由 3

マッサージを受けた翌日から身体が妙に痛くて。 それは揉み返しが起きている可能性が高いですね。マッサージ後に症状が悪化した時の対処法をアドバイスいたしま ...

足首の捻挫は何日で治る?歩けるけど痛い、腫れてるケース 4

捻挫は日常生活の中で起きやすい怪我のひとつですが、後遺症として様々な問題を引き起こす可能性があるため、適切な処置が求められます。 捻挫後の痛みが気にな ...

膝裏を伸ばすと痛い時のストレッチのやり方 5

こんな方におすすめの記事です しゃがむと膝裏が痛い 曲げると膝裏が痛い 歩きすぎると膝裏が痛くなる 正座ができない 膝のストレッチ方法が知りたい 膝裏 ...

腰痛時の楽な寝方と悪い寝姿勢 6

腰が痛い時には、寝る姿勢にも注意を払う必要があります。 こちらの記事では腰痛時の寝方について詳しく解説していきます。腰の痛みで寝れない方は内容をご参考 ...

腱鞘炎の重症度チェック方法と手首と親指の痛みの改善ポイント 7

手首が痛くて日常生活に影響が出ています。 腱鞘炎の可能性が高いですね。痛みは手首に関連する筋肉の問題によって起きているケースが殆どです。 腱鞘炎の痛み ...

骨盤の前傾・後傾を改善するトレーニング方法 8

こちらの記事では骨盤の傾きを修正するトレーニング方法をお伝えします。 骨盤の状態が気になる方は内容をご参考ください。 もくじ骨盤が傾く原因とは?骨盤の ...

© 2024 整体の操和|沖縄県浦添市の痛みと痺れの専門整体 Powered by AFFINGER5