接骨院・整骨院との違いとは?

接骨院・整骨院との違いとは?

「どっちへ行けばいいのかわからない」

接骨院・整骨院の他にも整体院やカイロプラクティックなど様々な施設があるため、選択に悩む方が多いようです。

こちらの記事では、それぞれの施設の特徴や使い分け方についてを詳しく説明していきます。

※何も考えずに利用していると思わぬトラブルに巻き込まれることがあります。接骨院・整骨院の利用が初めてではない人も内容を確認しておくことをおすすめします。

接骨院・整骨院の違いって何?

接骨院・整骨院の違いって何?

接骨院と整骨院に違いはありません。

名称の違いはありますが、どちらも同じです。

整骨院とは?どういう時に行く?

接骨院・整骨院では、指定の大学や認可施設で専門知識を学び、国家試験に合格した柔道整復師が治療を行います。

柔道整復師だけに許可されている業務には、骨折、脱臼、打撲、捻挫、肉離れなどの怪我の治療(手技による整復)があります。

※骨折と脱臼については医師の同意が必要。

ポイント

接骨院・整骨院は急性の怪我の対応を得意としています。

整骨院と整体の違いは?

整骨院と整体院・カイロプラクティックとでは何が違うのかを詳しく説明します。

整体とは?

整体院では、整体学校や著名な治療家に師事するなどして、身体の歪みや自律神経の乱れを整える技術を学んだ整体師が施術を行います。

整体には、痛みの緩和、運動時のパフォーマンスの向上、姿勢の安定化、疲労回復といった効果が期待できます。

人間の持つ治癒力を最大限に発揮させることによって、症状の根本改善のお手伝いをしています。

整体は医療行為ではありませんので、健康保険の利用は認められていません。

整体には実に多くの流派があり、アプローチ方法も様々です。その為、施術内容や効果などは各整体院によって大きく異なります。

※怪我の施術を得意とする整体院も存在します。より早く治したいという方は整体院も比較対象にするとよいでしょう。

カイロプラクティックとは?

施術では手技によって背骨などの矯正を行い、神経機能を正常化させて症状の緩和をはかります。

正式なカイロプラクターになる為には、発祥地である米国で認定大学を卒業し、国家試験に合格しなければなりません。

しかし、日本においてはカイロプラクティックの国家資格が存在せず、誰でもカイロプラクターと名乗れるのが現状です。

実際にカイロプラクティックの技術を用いる整体院や整骨院も多く存在しますので、技術面においては混同されやすい部分があります。

骨をバキバキ鳴らすのは大変高度なテクニックを必要としますが、中には短期講習を受けただけの人が施術を行うケースもあるのでご注意ください。

※施術でケガをしたり、症状が悪化するケースもあります。施術者の経験や実績などを調べておくことが大切です。

柔道整復師の資格があれば「何でもできる」ということではないのですね。
国家資格の有無だけでは整体技術の力量を判断することはできません。

整形外科との違いは?

整形外科では診察・検査(X線検査など)を行い、診断名を確定し、医学的な治療(ブロック療法、薬物療法、理学療法など)が必要かを判断します。

間違った保険の使い方には要注意

接骨院・整骨院ではケガの場合のみ、健康保険を使った治療を受けることが許されています

仕事中や通勤途中のケガなどは労災保険が適用され、交通事故によるケガには自賠責保険が適用されます。

※健康保険で行われる施術内容は各整骨院で大きな違いはありません。

保険が使えないケース

・日常での疲労による腰痛や肩こり、体調不良など(慢性症状)

・加齢による身体の痛み

・整形外科で治療を受けている場合(併用)

単なる肩こりや腰痛といった慢性的な症状においては健康保険の利用が認められていません。

「整体院」もしくは「自費診療として整体を取り入れている整骨院」をお探しください。

どんな症状にも保険が使えるのかと思ってました。
保険が使えるのはケガの治療だけと覚えておいてくださいね。

整骨院でも整体ができるの?

セミナーなどで整体技術を学び、自費診療として整体を取り入れている整骨院も存在します。お問い合わせ時に施術内容を確認しておくとよいでしょう。

不正行為の加担にご注意ください

知らないと怖いのが整骨院の不正問題です。

本来なら慢性的な症状に対して保険を使ったマッサージは受けることができません。

ところが、整骨院では保険を使ったマッサージは日常茶飯事に起きており「保険の不適切利用」が問題になっています。

大変残念なことですが、療養費をだまし取ったとして毎年何人もの関係者が捕まっている状況です。

不正行為に加担しない為にも真面目に経営されている整骨院を見分けるようにしましょう。

1.看板に各種保険取扱

どんな施術にも健康保険が使えるという意味ではありません。負傷の原因を正しく伝えましょう。

※広告や看板、ネットのクチコミをうのみにしてはなりません。

2.問診時の対応

例えば「仕事の影響で肩こりが酷い」と伝えた時に「肩の捻挫にしておけば保険がきく」と説明を受けて、それに同意してしまうと不正請求へ加担することになります。

3.白紙委任

月に1回署名を求められます。その時に署名欄しか見せてくれなかったり、内容が白紙の場合には絶対に署名はしないでください。

知らない間に負傷箇所が転々と変えられていたり、施術回数が増やされていることがあります。

負傷名、日数、料金を必ず確認しましょう。

※領収書の発行は施術所の義務です。

4.施術担当者

柔道整復師の資格を持ってない人の施術には健康保険を利用することができません。

無資格のアルバイトや学生スタッフなどが施術をする際には自費診療でなければなりません。

※個人差はありますが、若い施術者は避けた方が望ましいです。

5.調査票の指示

健康保険から加入者へ文書照会を求められることがあります。

整骨院側から文書の提出を求められたり、記入内容の指示などがあった場合には絶対に従わないようにしてください。

健康保険は加入者が支払っている保険料だけではなく、国民の税金でまかなわれています。

税金が不当に利用されることを防止する為の厚労省の施策として調査票が送付されます。

これを無視すると受診にかかった費用は全額自己負担になる可能性があります。

注意ポイント

1.治療部位がいつの間にか増えている
2.健康保険からの調査について対応の指示がある
3.白紙に署名させられる

施設を適当に選んでしまうと後悔することがあります。利用の際には十分ご注意ください。

まとめ

接骨院と整骨院に違いはありません。

整体院との大きな違いは「国家資格の有無」と「健康保険が利用できるかどうか」という点です。

そして、気をつけるべき点は「健康保険は慢性的な症状には利用ができない」「国家資格の有無だけでは整体の技術レベルは判断ができない」という点です。

整体、整骨院を利用する際には、通院目的をはっきりとさせておくことが大切です。

整体院が向いている人

慢性的な肩こりや腰痛、骨盤の歪みといった、生活習慣が原因で起きている症状を改善したい方におすすめです。

整体院の多くは個人や少人数での経営です。周りの目を気にせず、リラックスしながら施術を受けることができます。

スタッフが少ないため、当日のご予約が取りにくい点はデメリットになります。

整骨院が向いている人

整骨院は仕事やスポーツなどで急に身体を痛めてしまった方におすすめです。

健康保険を使って怪我の治療を受けることができます。(対象は外傷性の負傷のみ)

病院のように利用者が多いため、施術担当者が変更になる場合があります。施術効果に差が出てしまう点はデメリットといえます。

身体の不調内容によって整体院と整骨院を使い分けたいと思います。
内容をしっかりと確認して良い院を探してくださいね。

以上、「接骨院・整骨院との違いとは?」についてでした。

  • この記事を書いた人

又吉陽平

職業 整体師「プロフィールはこちら」離島を含め県内全域のお客様を施術。「寝ることによって治る身体」を取り戻すお手伝いをしています。

© 2023 沖縄の整体で痛みと痺れを改善する【公式】整体の操和 Powered by AFFINGER5