整体院と整骨院の違い

2020年11月14日

整体院と整骨院の違い
整体院と整骨院は何が違うのでしょうか?何処へ行けばいいのかわからなくて・・・
それでは整体院と整骨院の違いを説明していきますのでご参考ください。

整体院とは

整体学校や治療家の下に弟子入りし、手技を学んだ整体師が対応します。

手技で身体のバランスを整え、自立神経の乱れや筋肉の緊張を緩和し、人間の持つ治癒力を最大限に発揮させることによって、症状の根本改善のお手伝いします。

整体院は医療機関ではありませんので健康保険の利用は認められていません。

痛みや痺れなどの慢性症状の多くは自然治癒力の低下によって起きています。

施術内容について

身体のバランスを整えることによって、痛みの緩和や運動時のパフォーマンスの向上、姿勢がよくなったり、疲れにくい身体を取り戻す効果などが期待できます。

整体は様々な流派や手技がある為、施術内容は各整体院で大きく異なります。

骨をボキボキ鳴らすイメージがありました。
実際に骨にアプローチすることもありますが、当院では強い刺激の調整は行いません。安心安全な手技を心がけています。

整骨院とは

整骨院では、専門学校を卒業し、国家試験に合格した柔道整復師が対応します。

怪我の治療(骨折、脱臼、打撲、捻挫、肉離れ)の場合のみ、健康保険を使った治療を受けることができます。(骨折と脱臼については医師の同意が必要)

仕事中、通勤途中のケガなどは労災保険が適用され、交通事故によるケガには自賠責保険が適用されます。

何でも保険で見てくれるのかと思っていました。
慢性的な症状(腰痛や肩こりなど)には健康保険を利用することができません。ご注意ください。

施術内容について

整骨院での治療対象は、急性の力によって発生した怪我への対処といえます。痛めた部分に対し、整復やテーピング処置などを行います。

保険診療でできる施術内容は限られています。

最近では、整体師と同様に外部で整体技術を学び、自費診療として整体を行う整骨院が増えてきています。
専門学校では整体の技術は教わらないのですね。
国家資格を持っていれば整体の技術レベルが高いということではありません。

接骨院との違い

違いはありません。どちらも同じです。

まとめ

身体の不調内容によって整体院と整骨院を使い分ければよいのですね!
そうですね!施術者のレベルも様々なのでサイト内容を確認し、しっかりと比較して良いところを探してくださいね。

保険診療のような簡易的な施術(電気治療と簡単なマッサージ)では効果を感じられないことも多くあります。慢性化している症状では、じっくりと時間をかけた整体での施術をおすすめします。

ぎっくり腰や寝違い、捻挫といった一部の急性痛に対しても整体は効果的です。

  • この記事を書いた人
又吉陽平

又吉陽平

1978年生まれ。浦添市出身。2014年に操和を開業。お客様は県内全域から来院されます。twitterではセルフケア動画を紹介しています。

© 2020 【公式】沖縄の整体で慢性的な痛みと症状を改善する|整体の操和 Powered by AFFINGER5