揉み返し(もみかえし)って何?マッサージ後の症状と対処法

揉み返し(もみかえし)って何?マッサージ後の症状と対処法
マッサージを受けた翌日から身体が妙に痛くて。
それは揉み返しが起きている可能性が高いですね。マッサージ後に症状が悪化した時の対処法をアドバイスいたします。

揉み返しの症状や原因などが気になる方は記事の内容をご参考ください。

揉み返し(もみかえし)とは

揉み返し(もみかえし)とは

揉み返しとは、身体を揉んだり、押したりする際に筋肉がダメージを受けることによって現れる炎症反応です。

適切な施術が行われなかった場合に現れやすく、マッサージ前よりも痛みや症状が酷くなるのが特徴です。

身体がよくなる為の好転反応と混同されることがあるようですが、揉み返しは好転反応ではありません。

タイプ主な症状期間
もみかえし痛み、不快感2~4日
好転反応眠気、だるさ1~2日

揉み返しにはどんな痛みがあるの?

揉み返しには、触れてほしくないような激痛から、動かしたら痛い、起きたら痛い、息をするだけでも痛い、といった様々な痛みの感じ方があります。

揉み返しの痛みが最もでやすい場所は首と肩ですが、人によっては、背中や腰、ふくらはぎなどにも現れます。

痛みの他にも、吐き気、だるさ、頭痛、発熱、内出血がでたり、気持ち悪い、眠れないことがあります。

筋肉痛のような痛みと表現される方もいます。

揉み返しはなぜ、起きてしまうのか?

揉み返しには、施術者のアプローチの仕方(筋肉の捉え方や力加減など)が原因で起きるものと、受ける人の体質的な問題によって起きる、2パターンがあります。

前者のパターンでは、施術者の技術不足で揉み返しが起きるケースや、あえて炎症を起こして治すという方法を用いている場合に起きるケースがあります。

後者の問題は、強く揉んだからということではなく、優しい揉み方をした場合でも、揉み返しが起きてしまうことがよくあります。

そのような体質の方は、そもそもマッサージを受けること自体が合わないのかもしれません。

揉み返しを起こさないようにする為には、その施術内容が気持ちがよいかどうかを判断する必要があります。

揉み返しと好転反応

好転反応は今感じている症状が良い方向へ転ずる際にあらわれる身体の反応です。

主な症状は眠気やだるさ、便通がよくなるなどがあります。

施術後に症状がでるという点で揉み返しと混同されがちですが、好転反応では我慢できないほどの不快な症状は見られないので、決して同じではありません。

身体にとってよくない反応である揉み返しとは大きな違いがあります。

揉み返しは何日で治る?期間中の対処の仕方

揉み返しは何日で治る?期間中の対処の仕方

揉み返しは、通常2~4日ほどで治まりますが、酷いケースだと1週間以上続くこともあります。

マッサージの翌日が痛みのピークになるケースが殆どです。

2日後までの対処法

患部を氷で冷やす(1回2~3分程度を繰り返す)のが効果的です。

但し、それ以降は冷やさないようにご注意ください。

3日目以降の対処法

もみかえしの症状がでてきた場合には、患部にはなるべく触れずに、リラックスできる体勢で安静にしましょう。

こんなことしかできないのか?と思うかもしれませんが、力を抜くことが最も効果的です。

もみかえしで頭痛がでたら

首や肩を揉まれることによって筋肉が緊張し、頭痛がでることがあります。

このようなケースではマッサージやストレッチは逆効果になります。

安全な対処法としては首や肩を氷で冷やし、できるだけ楽な体勢で過ごすようにしましょう。

痛すぎてどうしようもない時にはロキソニンを一時的に服用するのも手です。

もみかえしで筋肉痛がでたら

痛めた筋繊維は炎症を起こしている状態です。酷い筋肉痛の症状が出た場合には患部を冷やしてください。

筋繊維の回復に必要なたんぱく質を積極的に摂取し、十分な睡眠を心がけましょう。

揉み返しにならない方法は?

痛みを感じるくらい強くマッサージしたり、肘や道具といった硬いもので施術を行うと、揉み返しの症状はでやすくなります。

ですから、もみかえしを防ぐ方法としては、そのお店がどんな施術を行っているのかお調べになることををおすすめします。

お問い合わせの際に「痛い施術ですか?」と質問し、事前に内容を確認しておくとよいでしょう。

※体質的にマッサージが合わない方は、マッサージ以外の方法で身体を楽にすることができる先生を探してみてください。

知識や経験が少ない先生が担当しても、もみかえしが起きるリスクは高くなります。

まとめ

揉み返しは好転反応とは違い、身体にとっては、あまりよくない反応です。

マッサージの圧が強く感じたり、施術中に強い痛みを感じるようでしたら、遠慮せずに施術者にお伝えください。

身体に強い刺激を与えてしまうと、症状が悪化することもあるので注意が必要です。

普段からリラックスを意識できない、力を抜くことが難しいという方は、揉み返しが起きやすい体質と言えます。

揉み返しが出た場合には、なるべく患部への刺激は避け、安静を心がけましょう。

揉み返しがよくある方は、マッサージそのものが合わない体質なのかもしれません。

施術方法は色々とありますので、マッサージ以外の方法で調整ができる施設をお探しください。

以上、「揉み返し(もみかえし)って何?マッサージ後の症状と対処法」についてでした。

あわせて読む
肩こりでマッサージをやってあげる際の注意点
肩こりでマッサージをやってあげる際の注意点

続きを見る

もみかえしでお困りなら当院にご相談ください

住所〒901-2125 沖縄県浦添市仲西2丁目1-17 パームハイツ103
休業水曜日
営業10:00~21:00(日曜・祝日は17:00まで)
予約098-876-4948(施術中は留守電対応)

お電話でのご予約

ネットでのお問い合わせ

  • この記事を書いた人

又吉陽平

職業 整体師「プロフィールはこちら」離島を含め県内全域のお客様を施術。「寝ることによって治る身体」を取り戻すお手伝いをしています。

© 2022 整体の操和【公式】沖縄で慢性的な痛みと症状を改善する Powered by AFFINGER5