膝の痛み

膝の痛み

膝の痛みは膝関節に関連する筋肉を調整することで緩和することができます。

膝の痛みでお困りの方は記事の内容をご参考ください。

膝(ひざ)が痛い

膝(ひざ)が痛い

膝の痛みの原因は様々で、痛む場所もその人によって異なります。

そのうち、歩行が困難になったり、階段の昇り降りがつらい、正座ができない、関節の変形といった悩みをもつようになります。

医療機関では注射をしたり、痛み止めの処置を行ったりしますが、なかなかよくならないことが多いです。

膝の痛みの原因

膝裏の痛みは、曲げる、伸ばす、しゃがむ、歩くといった動作時に感じることが多いです。

原因は様々ですが、基本的には、関節炎、靭帯の損傷、関節軟骨の磨耗、といったものがあげられます。

曲げる、伸ばすと痛い

階段やしゃがむ動作、正座の姿勢で痛みがでやすくなります。

ベーカー嚢腫

ベーカー嚢腫という病気では、膝裏がぽっこりと腫れる特徴があります。

腫れが進行すると、膝裏の違和感や痛みを感じるようになります。

変形性膝関節症

膝の関節が変形することにより、特に運動時に痛みを感じるようになります。

O脚に変形するパターンが多く、これはあぐらや正座などの床に座る姿勢が多いことが原因と考えられています。

炎症を起こすことによって、熱を持ったり、水が溜まることがあります。

50歳以上の女性で体重が重たい方に多く見られ、高齢になるほど治りにくい症状です。

変形性膝関節症になりやすいかをチェックしてみましょう。
  • 家族に変形性膝関節症の人がいる
  • 肥満体型である
  • 運動不足である
  • 女性である
  • 膝が過伸展している
  • 靴底の外側がすり減っている

押すと痛い

膝の特定の場所を押すと痛みを感じることがあります。筋肉を緩めることで楽になるケースが多いです。

鵞足炎

膝の内側にある鵞足という部分に炎症が起きる病気です。

膝の屈伸により、摩擦を繰り返すことで炎症が生じます。

(変形性膝関節症やスポーツ障害での発生も多い)

スポーツ障害

スポーツや筋トレなどによって膝に痛みが現れることがあります。

オスグッド病

10~15歳のスポーツを活発に行う男子に見られる。(骨の成長期にスポーツ障害として発症)

膝の下に痛みがでて、酷くなると腫れることがある。大腿の前面にある筋肉や膝の前にある腱が硬くなることが主な原因。

ジャンパー膝・ランナー膝

ジャンプやランニングを原因とする膝周囲の関節痛。オーバーユース(使いすぎ)によるスポーツ障害。

腸脛靭帯炎

腸脛靭帯が膝の屈伸により摩擦を繰り返すことで生じる炎症。膝外側に運動時痛が生じる。

歩きすぎ

足に合わない靴やヒールを履いたり、バランスの悪い状態で歩き続けると、一部の筋肉が疲労を起こし、膝裏に痛みを発生させることがあります。

膝の痛みにお悩みの方へ

当院では、膝に関連する筋肉を調整することによって、膝の痛みを取り除くお手伝いをしています。

歩行が困難になっているケースでも身体のバランスを整えることで改善した例が多々あります。膝の痛みでお困りなら当院までご相談ください。

膝の痛みを引き起こすのが大腿四頭筋という筋肉の緊張です。膝の痛みに大きく関与するこの筋肉は医療機関では殆どチェックされることがありません。

痛みのない施術で症状の改善を目指します

当院の施術は身体に負担のない優しいアプローチが特徴です。

下記のようなご経験をされた方も当院の施術で対応することができます。

  • 筋肉や筋膜を強く刺激されて症状が悪化した
  • リハビリを続けてもよくなる気配がない
  • 注射が効かない
  • 膝だけではなく股関節や腰が痛い

膝の痛みを繰り返さないコツをアドバイスします

「そのうち治るだろう」と思っていても、なかなか改善しないのが膝の痛みです。

根本原因である身体のバランスが変わらない限り、痛みが再発する恐れがあります。

当院では状態をチェックし、現在の状況に最も適したエクササイズをアドバイスいたします。

普段から身体のバランスは整えておけば、痛みを繰り返すことはなくなります。

※弱い筋肉を鍛えることで膝への負担が軽減させることができます。

当院からのメッセージ

膝の痛みは治りにくい症状といえます。

痛みの長期化は身体の他の部位にストレスを与え、新たな痛みを引き起こす可能性があります。

これまで続けた治療法に効果を感じられない場合には是非、当院までご相談ください。

整体の操和

【住所】〒901-2125 沖縄県浦添市仲西2丁目1ー17 パームハイツ103
【電話】098-876-4948
【営業】 9:30~21:00(日曜 祝日 水曜は17:00まで)

  • この記事を書いた人

又吉陽平

整体学校を卒業後に複数の施術所で経験を積み、2013年に全国的に著名な治療家に師事する。修業期間を経て2014年4月に整体の操和を開業。痛みや痺れに悩む多くのお客様を改善に導く。操体医学院認定整体師。

© 2024 整体の操和|沖縄県浦添市の痛みと痺れの専門整体 Powered by AFFINGER5