腰痛時の楽な寝方

腰痛時の楽な寝方
腰が痛くて眠れません。痛みが楽になる寝方はありますか?
それでは腰に負担の少ない寝方を紹介しますね。

腰が痛い時には「寝る姿勢」にも注意を払う必要があります。腰痛で寝れないという方は内容をご参考ください。

腰が痛い時の寝方について

腰が痛い時の寝方について

腰が痛い時におすすめしたい寝方が『横向き寝』と『仰向け寝』です。

それぞれの寝方の注意点を確認したうえで実践してみてください。

寝る姿勢を工夫すれば腰への負担が軽減します。
横向きの寝方負担が少ない
仰向けの寝方普通
うつ伏せの寝方負担が大きい

横になると腰が痛い時の対処法

横向きでの寝方

「横向き寝」は腰に最も負担の少ない寝方です。

横向きで寝る際には身体をやや丸めるようにして寝ると、腰の緊張が緩和されて楽に眠れるようになります。

それでも腰に力が入ってしまって痛いという方は、抱き枕などを利用すると腰への負担を軽減させることができます。

寝ると骨盤周辺が痛いという方にも抱き枕は必須です。

横向きでの寝方は、尾てい骨が痛い方、ぎっくり腰を起こしている方、妊婦の方、生理痛を和らげたい方にもおすすめです。

ポイント

横向きで寝る際には、ある程度の高さのある枕を使うと寝やすくなります。

仰向けで寝ると腰が痛い時の対処法

仰向けでの寝方

仰向けじゃないと眠れないという方は、両膝を曲げながら寝ると腰痛が楽になることが多いです。

膝下にクッションなどを置いて、リラックスしやすいポジションを探しましょう。

※両足を伸ばして寝ていると腰が緊張し、痛みが悪化しやすくなります。

注意ポイント

同じ姿勢が長く続くと身体は緊張してくるので、適度に寝方を変えることも大切です。

腰痛を悪化させる寝姿勢とは?

腰痛を悪化させる寝姿勢とは?

腰の緊張が強くなるような寝方を続けていると、腰痛を悪化させてしまうことがあります。

誤った習慣を見直し、腰部への負担の軽減に努めましょう。

骨盤の歪みを治す寝方はありませんが、正しい寝方が歪みの予防に繋がります。

腰にタオルを挟む

夜寝る時に腰の下にタオルやクッションを挟む習慣がある方は注意が必要です。

このような寝方を続けていると、身体の歪みが酷くなり、腰痛が悪化する可能性があります。

タオルを挟むのが気持ちがいいという場合でも、長く使用するのはおすすめしません。

痛い方を下にする

腰が痛い方を下にして寝ていると、血流の悪化や過緊張の影響により、痛みが更に酷くなることがあります。

同じ向きでしか寝れないという方は、身体の歪みや緊張を取り除くと、どの向きでも楽に寝られるようになります。

肋骨骨折をしている方は骨折した側を上に向けて寝るとよいでしょう。

うつ伏せで寝る

腰に最も負担の大きい寝方がうつぶせ寝です。

うつ伏せの姿勢が長く続くと、腰の緊張が段々と強くなり、腰痛を悪化させることになります。

うつ伏せになると腰痛が楽になるという方は、腰椎の柔軟性の低下が疑われます。

この問題を解決する為には、腰椎の緊張を取り除く体操を行う必要があります。

※寝ている間に無意識でうつ伏せになったりすることもありますが、なるべく控えるようにしてください。

仙腸関節炎を患っていたり、どうしてもうつ伏せじゃないと寝られないという方は、うつ伏せ用の枕などを利用し、腰部への負担が軽減できるように努めましょう。

寝返りを打たない

適度な寝返りには身体の緊張を緩和させる効果があります。(同じ姿勢が長く続くと身体は緊張する)

自然な寝返りができている時には就寝中の負担は少なくなり、寝返りの回数が少ない時には身体の痛みを感じやすくなります。

腰痛を和らげる為にも「寝返りのしやすい環境」を作ることが大切です。

柔らかすぎる寝具(低反発素材)で寝ると、身体が沈みやすくなり、自然な寝返りが困難になります。腰が痛い時には高反発マットレスや敷き布団などで寝ることをおすすめします。

※腰椎圧迫骨折では硬めの素材が合わないことがあるのでご注意ください。

寝過ぎてしまうと

寝過ぎることによって腰痛が悪化するケースがあります。

どんな寝方でも同じ姿勢が長く続くと、腰の緊張は強くなります。

腰痛を酷くさせないようにするためには、適度な睡眠時間を守ることも大切です。

休日もなるべく身体を動かすようにしましょう。

まとめ

腰が痛い時におすすめしたい寝方は横向きと仰向けです。

身体をやや丸くして、リラックスしながら寝るのがポイントです。

うつ伏せの姿勢が長く続くと、腰部が緊張し、痛みが悪化することもあります。

寝ている時に腰部を緊張させないようにするには適度な寝返りが必要です。

その為には、柔らかい寝具(低反発素材)は避け、なるべく楽な服装で寝るように心がけましょう。

他にもソファーや床の上での寝落ちや寝過ぎなどにもご注意ください。

以上、「腰痛時の楽な寝方」についてでした。

  • この記事を書いた人

又吉陽平

職業 整体師「プロフィールはこちら」離島を含め県内全域のお客様を施術。「寝ることによって治る身体」を取り戻すお手伝いをしています。

© 2023 沖縄の整体で痛みと痺れを改善する【公式】整体の操和 Powered by AFFINGER5