対処方法

ぎっくり腰になったら

ぎっくり腰になったら

ぎっくり腰になった方へ

  • ぎっくり腰は自然に治る?
  • 医療機関に行くべき人とは?
  • 早く治す方法とは?
  • 悪化させる行動とは?
急に腰に強い痛みが出てしまって。どうしたら治りますか?
それでは、ぎっくり腰になった時に気をつけたいことや早期改善のポイントを説明します。

現在、ぎっくり腰でお困りの方や、症状を繰り返しそうな方は是非、ご参考ください。

ぎっくり腰になった方へのアドバイス

ぎっくり腰になった方へのアドバイス

ぎっくり腰になったら気をつけたいことは、安静と運動のバランスです。身体の状態に合わせ、最適な行動を選択するようにしましょう。

通常のケースでは、安静にしていれば2~3日ほどで激痛は治まりますが、症状の重たいものになると、安静にしているだけでは、なかなかよくなりません。

歩行時は痛みが少ない、立ち上がる時や寝返りといった特定の動きが痛い

このようなケースでは、安静にしていると自然とよくなることが多いです。痛みが引いてきたら軽い運動などで積極的に身体を動かしましょう。

自力歩行が困難、腰が曲がって伸ばせない、抜けるような感覚がある

このような場合には特に注意が必要です。安静にしているだけでは痛みが引かず、治るまで時間がかかってしまう方が殆どです。

楽な体勢が殆どない重症のケースでは、歪みやバランスの問題の解決していくと改善しやすくなります。

ぎっくり腰で整体を受ける時には

ぎっくり腰で整体を受ける時には

ぎっくり腰の症状が重たい方の殆どが施術の必要性を感じているはずです。施術内容が気になる方はこちらをご確認ください。

元々、慢性的に症状を感じている方はバランスに問題があり、再発しやすい状態といえます。

ぎっくり腰の原因は、腰部の筋肉の強い緊張にありますが、単純に腰の筋肉を揉んだだけでは良くなりません。

何故、腰が硬く緊張しているのかを考えながら施術を行う必要があります。

ポイントは身体のバランスです。

バランスの悪い身体は筋肉への負担が大きくなり疲れやすくなります。逆にバランスの良い身体は、骨で身体を支えることができる為、筋肉への負担は少なくなります。

ぎっくり腰になる方の殆どが、バランスが悪く腰の筋肉を酷使しているような状態です。

施術では機能低下した筋肉を働かせることによってバランスを整え、腰部への負担を軽減させていきます。

これらの問題が解決できると、歩行困難な状態に陥っている場合でも施術後には楽に歩けるようになります。(筋肉の状態によって施術効果は異なります)

整体によってぎっくり腰が1人で歩けるまでに回復。

ぎっくり腰の施術時の注意点は、うつ伏せの体勢にならないことです。

うつ伏せの体勢は腰部の緊張が強くなってしまうので非常に危険です。

ぎっくり腰の方には、なるべく負担の少ない方法で慎重に調整を行います。(当院では座位による調整も可能です)

激痛がある場合でも安心してご来院ください。

状態にもよりますが、1~3回の施術回数が目安となります。激痛が軽減した後は積極的に身体を動かし、筋肉の柔軟性を取り戻すように努めましょう。

ぎっくり腰の痛みはだいぶ楽になりました。浦添市50代女性の感想。

安静が難しい方や、ぎっくり腰を繰り返している方にも整体はおすすめです。

ぎっくり腰になったら病院へ行くべき?

圧迫骨折や内臓疾患などが原因になると、時間が経過してもよくなる気配がなかったり、どんな体勢になっても苦痛を感じるようになります。

特に50代以上の女性でぎっくり腰を頻繁に繰り返している方は、先に病院で状態を確認しておくと安心です。

検査で異常がなければ、お早めに当院へお越しください。しっかり身体を整えておくと今後の再発予防に繋がります。

ぎっくり腰の応急処置について

ぎっくり腰の応急処置の内容をご確認ください。誤った行動は快復を遅らせてしまうので注意が必要です。

痛み止めによって激痛が多少やわらぐこともありますが、基本的には以下のことに気をつけることによって快復が早まります。

無理に動かさない

痛みが強い段階では、できるだけ安静を心がけましょう。無理に身体を動かすと、かえって快復が遅れる可能性がある為、注意が必要です。

痛めた当日は氷袋で患部を冷やし炎症を抑える

氷を一度水にくぐらせから袋に詰めます。袋の中は空気が入らないようにしましょう。

患部を温めて治す方法もありますが、一時的に苦痛が強くなることがあります。初期の段階では、あまりおすすめしません。お風呂に浸かるのも我慢しましょう。

安静にできない場合

本来、休ませなければならない状況にも関わらず活動されるわけですから、場合によっては治るスピードが遅くなってしまうことが考えられます。

腰への大きな負担が続いてしまうと、快復にはそれなりに時間がかかってしまうことになります。行動や姿勢などに気をつけ、できるだけ辛い体勢は避けるように心がけましょう。

サポーターやコルセット

サポーターやコルセットを長期的に使用するのはおすすめしません。腰部の緊張が強くなる恐れがあります。動作時に限定して着用し、安静時には外すようにしてください。

激痛が引いたら

激痛が引いた後は積極的に身体を動かすようにしましょう。ウォーキングや簡単な体操などから始め、硬くなっている筋肉をほぐしていきます。

但し、痛みや違和感のある動作があった場合はすぐに中断してください。

まとめ

ぎっくり腰は身体に限界が来たというサインです。激痛が引くまでは安静を心がけ、早期改善を目指し行動しましょう。

施術によって身体のバランスを整えると、症状を早く改善することができます。歪みといった問題を残してしまうと、今後もぎっくり腰を繰り返してしまう可能性があるので注意が必要です。

沖縄県でぎっくり腰のご相談なら

お電話でのご予約・お問い合わせはこちら

ネット予約はこちら

  • この記事を書いた人
又吉陽平

又吉陽平

1978年生まれ。浦添市出身。2014年に操和を開業。お客様は県内全域から来院されます。twitterではセルフケア動画を紹介しています。

© 2020 【公式】沖縄の整体で慢性的な痛みと症状を改善する|整体の操和 Powered by AFFINGER5