ぎっくり腰になったら

ぎっくり腰になったら

ぎっくり腰になった方へ

  • ぎっくり腰の対処法は?
  • 病院へ行くべき?
  • 早く治すには?
  • 何故、ぎっくり腰になるの?
急に強い痛みが出てしまって。どうすれば治るのでしょうか?
それでは、ぎっくり腰を早く治すためのポイントを説明します。

ぎっくり腰になったらどうすればいいの?

ぎっくり腰になったらどうすればいいの?

ぎっくり腰になった時の疑問点をわかりやすく回答していきますのでご参考ください。

先ずは安静に

ぎっくり腰になると関節部分には炎症を伴います。炎症は辛い痛みを感じますが、組織の修復に必要な反応です。

炎症期間は痛みを感じる行動をなるべく控えるように心がけましょう。通常、1週間ほどで炎症は収束します。

安静が必要とはいえ、身体を全く動かさないのは逆効果です。

安静にできない場合

痛みを我慢しながら動いてしまうと、症状の悪化や、快復期間の延長を招きやすくなります。

(無理に身体を動かすことで身体に変なクセがついてしまうこともあります)

仕事を休めないなど、安静にできない場合はできるだけ早く施術を受けてください。

全く歩けない方は自力で歩けるようになるまでは安静にしてください。そのような状況で移動してしまうとかえって状態を悪化させることになります。

病院へ行くべきか?

必ずしも病院へ行く必要はありませんが、時間が経過しても痛みが引かない場合や、痛い場所がわかりづらい場合は、圧迫骨折や内臓疾患などが疑われます。

特に50代以上の女性でぎっくり腰を頻繁に繰り返している方は、先に病院で検査をしておくと安心です。

検査で異常がなければ施術が有効です。身体を整えておくと今後の再発予防に繋がります。

ぎっくり腰が治るまでの対応

ぎっくり腰が治るまでの対応

ぎっくり腰が治るまでの期間はおよそ1~2週間ほどになります。

軽いぎっくり腰なら数日で治まりますが、誤った行動を続けていると症状が再発する恐れがあります。

強い痛みが引くまでは以下の点に注意しながらお過ごし下さい。

誤った行動は快復を遅らせてしまいます。

冷やす?温める?

炎症を抑える為に冷やすという考え方がありますが、冷やす行為は痛めた当日だけに留めておいてください。一定の間隔を空けながら患部を冷やすのがポイントです。

2日目以降は患部を温めるようにします。温めることで一時的に痛みが強くなることがありますが、その後の回復スピードは速まります。

冬場のぎっくり腰では始めから温めるようにしましょう。

一日で治った?軽いぎっくり腰には

ぎっくり腰を早く治すためには、緊張が起きている部位をリラックスさせる必要があります。

「痛みのない範囲内で身体を動かし、その直後に全身を完全にリラックスさせる」

このような行動を繰り返してうちに痛みは引いてくるはずです。軽いぎっくり腰なら一日で治ることも少なくありません。

激痛が引いた後は積極的に身体を動かすことが大切です。ウォーキングや軽い体操によって硬くなっている筋肉をほぐし、身体のバランスを整えましょう。

ぎっくり腰を何度も繰り返していたり、痛めた当日よりも翌日の方が悪化している人は、治るまでに時間がかかる傾向があります。

湿布やコルセットの使用

炎症を抑える効果のある湿布は2~3日ほどの使用で十分です。長く使っていてもそれほど効果は感じられません。

サポーターやコルセットは動作時に限定して着用しましょう。

長期的に使用すると腰部の緊張が強くなる恐れがあります。

ぎっくり腰でお困りなら当院へご相談ください

沖縄県でぎっくり腰でお困りなら当院へご相談ください

ぎっくり腰がくしゃみや咳といった普段の何気ない行動によって起きてしまうのは、身体の緊張が限界に達したというサインです。

日頃から緊張している筋肉や神経をリラックスさせることで、関節の可動範囲が広がり、炎症反応による痛みが治まりやすくなります。

ぎっくり腰は再発する恐れがありますので、痛みが軽くても、一度施術を受けることをおすすめします。

施術時の注意点

うつ伏せの体勢は腰部の緊張が強くなる傾向があり非常に危険です。最悪、ぎっくり腰が悪化することがあります。

当院ではなるべく負担の少ない体勢での施術を心がけております。どうぞ安心してご来院ください。

当院のぎっくり腰の施術風景

ぎっくり腰の痛みはだいぶ楽になりました。浦添市50代女性の感想。

女性アイコン2

ぎっくり腰の痛みはだいぶよくなりました

50代女性

目安として

  • 歩行時は痛みが少ない、立ち上がる時や寝返りといった特定の動きが痛い

比較的すぐによくなるパターンとなります。

  • 自力歩行が困難、腰部が曲がって伸ばせない、抜けるような感覚がある

このような場合には注意が必要です。安静にしているだけでは痛みが引かず、治るまで時間がかかってしまう方が殆どです。

お身体の状態が安定するまでには2~5回ほどの施術が必要になります。

住所〒901-2125 沖縄県浦添市仲西2丁目1-17 パームハイツ103
休業不定休(ホームページ、店舗カレンダー、LINEでお知らせ)
営業10:00~21:00(日曜は17:00まで)
予約098-876-4948(施術中は留守電対応となります)

お電話でのご予約

ネットでのお問い合わせ

まとめ

ぎっくり腰になったら先ずは安静にすること。痛みが強い段階で身体を動かしてしまうと、症状は悪化しやすいので無理は禁物です。

痛みが引いたら、痛みのない範囲内で積極的に身体を動かしましょう。適切な行動によって、ぎっくり腰の快復期間を短縮することができます。

ぎっくり腰を繰り返しやすい方、腰を痛めやすい方は一度、施術を受けることをおすすめします。

以上、ぎっくり腰になったらでした。

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
又吉陽平

又吉陽平

職業 整体師「プロフィールはこちら」離島を含め県内全域のお客様を施術。「寝ることによって治る身体」を取り戻すお手伝いをしています。

© 2022 整体の操和【公式】沖縄で慢性的な痛みと症状を改善する Powered by AFFINGER5