肩こりでマッサージをやってあげる際の注意点

肩こりでマッサージをやってあげる際の注意点

慢性的な肩こりは、マッサージを続けることによって症状が悪化してしまうことが多々あります。

マッサージをする際の注意点や、1人でケアする際のポイントを説明していきます。

肩を揉んでも肩こりがよくならない方はご参考ください。

肩こりとは

肩こりとは、肩がつらく、不快な感覚がでていることを指し、もっとも身近な症状のひとつです。

肩こりの感じ方には、

じんじん、ずっしり、ごりごり
重苦しい、ぱんぱん、がちがち
びりびり、動きづらい

といった表現があります。

肩こりの種類

肩こりには、以下の3種類のタイプがあります。

肩こりを解消する為には、自身の肩こりのタイプを見分けることが大切です。

肉体的な肩こり

日常での姿勢の悪さや身体の使い方のクセによる筋肉や関節の疲労などの肉体的な問題が原因となる肩こり。最も多い肩こりの原因。

心理的な肩こり

自律神経の働きが乱れていたり、緊張・不安から抑うつ状態になっていて、その反応が身体に現れているケース。ストレスが原因で姿勢が悪くなり、筋肉疲労を起こすこともある。筋肉は硬くない。

科学的な肩こり

こりよりも痛みを感じることが多い。内臓疾患や筋肉や関節の損傷によるもの。女性の更年期障害によるものもここに当てはまる。揉んでも効果がないのが特徴。

ひどい肩こりの人へマッサージをやってあげる際に注意したいこと

肩こりの人にマッサージをやってあげる時の注意点

一時的な肩こりであればマッサージでも対応することが可能です。

力が強ければ筋肉が早くほぐれるというものではありませんので、相手の方が気持ちがよいと感じるレベルで行うとよいでしょう。

2人でマッサージをやる際には長くても4~5分程度に抑えてください。

肩に痛みがある方はマッサージはNGです。炎症が広がり症状を悪化させることがあります。

痛い場所は揉まないようにご注意ください。

肩こり解消のカギは僧帽筋?

肩こり解消のカギは僧帽筋?

2018年5月「たけしの家庭の医学」というテレビ番組で放送されたのは、肩こりの根本原因は首や肩の筋肉ではなく、全く別の場所にあったという内容でした。

番組の中で医師は、肩こりを感じさせる筋肉である「僧帽筋」を硬くさせる原因が、身体の歪みに関連すると説明しています。

身体の歪みを整える為の簡単な体操を数日間続けると(筋肉の硬さを調べる特殊な機械を使用)体操前後の違いがはっきりと数値に表れる結果となりました。

近年では、慢性的な痛みの原因が痛い場所にはないという考えが広まり、肩は揉めばいい、という誤った常識は消えつつあります。

揉み方よりも何処を揉むかが重要

長時間のデスクワークやスマホの使用は、胸部の筋肉を収縮させた状態が長く続くことになります。

胸の筋肉は腕の骨に付着しており、胸の筋肉が収縮すれば、腕の骨を引っ張り、肩を前方に巻き込む「巻き肩」の歪みが生じやすくなります。

肩が前方へ巻き込まれると、首から肩の筋肉は伸長され、筋肉の緊張が起き、肩がこるといった不快感が日常的にでてくる可能性が高くなります。

他にも、臀部や大腿部といった筋肉の問題が、肩こりを招いていることがあります。

肩をマッサージしても直ぐに元の状態に戻ってしまうのは、このような問題を解決できていないからです。

自分でできる肩こりのセルフマッサージのやり方

肩を直接マッサージするよりも効果な方法を紹介します。それぞれ1~2分くらいを目安に1日2~3回行いましょう。

二の腕の硬い部分、張り感のある部分をマッサージします。

肩甲骨の内側がこりやすい方におすすめです。

肩こりセルフマッサージのやり方2胸の筋肉を指で挟み、腕を回しながらほぐします。

首から肩にかけてのこり感が強い方におすすめします。

筋肉の緊張は身体を歪ませたり、支える力を低下させます。無意識に肘をついたり、足を組んだりするのは、身体のバランス機能が低下しているサインです。

肩こりでお悩みなら当院へご相談ください

肩こりでお悩みなら当院へご相談ください

慢性化した肩こりにお困りの方は、肩のマッサージ行うよりも全身の調整を行った方が効果的です。

問題を起こしている筋肉をケアすることによって、身体のバランスが安定し、肩の負担を軽減させることができます。

当院では単なるリラクゼーションではなく、姿勢や歪みの問題を解決し、肩こり改善のお手伝いを行っております。

肩こりがびっくりするくらい良くなりました

何故、肩の筋肉が凝っているのかを考え、全身のバランス調整を行います。基本的には肩を揉んだりはしませんが、原因にアプローチすることによって効果を実感していただけるはずです。

肩こりがめちゃくちゃ軽くなりました

普段、リラクゼーション店を利用されていて、効果を感じられない人ほど整体の手技内容に驚くはずです。肩に触れなくても肩の緊張を緩めることが可能です。

沖縄県で肩こりでお困りなら当院へ

住所〒901-2125 沖縄県浦添市仲西2丁目1-17 パームハイツ103
休業不定休(ホームページ、LINEでお知らせ)
営業10:00~21:00(日曜は17:00まで)
予約098-876-4948(施術中は留守電対応)

お電話でのご予約・お問い合わせはこちら

ネット予約はこちら

まとめ

慢性的な肩こりは肩をマッサージしただけでは改善することができません。

肩を力強く揉んだとしても効果は持続せず、かえって症状が酷くなることがあります。

ご家族やご友人などにマッサージをやってあげる際には、力強く揉んだり、押したりしないようご注意ください。

以上、「肩こりでマッサージをやってあげる際の注意点」についてでした。

  • この記事を書いた人
又吉陽平

又吉陽平

職業 整体師「プロフィールはこちら」離島を含め県内全域のお客様を施術。「寝ることによって治る身体」を取り戻すお手伝いをしています。

© 2022 整体の操和【公式】沖縄で慢性的な痛みと症状を改善する Powered by AFFINGER5