首や肩のこりが酷い

肩こり

更新日:

肩こり

慢性的な肩こりは肩をマッサージしただけではよくなりません。それどころか、肩を強く揉むことによってかえって悪化する恐れがあります。

肩を揉んでも効果を感じられない人は、何故、肩の筋肉が硬くなっているのかを考えなければなりません。整体では全身を整えることで肩の筋肉を緩めます。

肩こりが肩を揉んだだけではスッキリしない理由

肩こりは肩を揉んだだけではスッキリしない理由

肩こりの主な症状には、

・首から背中にかけてのこり感
・肩から腕にかけての重だるさ
・筋肉の緊張からくる頭痛や吐き気

といったものがあります。

ずっと同じ姿勢を続けていると、筋肉疲労から肩こりを感じやすくなります。凝り固まった筋肉は血行を悪化させ、疲労物質を滞らせてしまい悪循環が生じます。

このような状態が長く続けば、肩を揉んだだけではスッキリすることができません。

筋肉は凝り固まってしまうと、身体に歪みを招きます。

例えばデスクワーク、パソコン作業によって腕を前へ出す姿勢が長く続くと、胸の筋肉が収縮され硬くなります。

筋肉は骨に付着していますので、胸の筋肉が収縮すれば、腕の骨を引っ張り、肩を前方に巻き込むようになり、猫背姿勢の原因となってしまいます。

肩が前方へ巻き込まれることにより、首から肩にかけての筋肉は伸ばされてしまい、肩の上部にこりを感じやすくなるというわけです。

他にも腰部や大腿部といった筋肉の緊張が、背中や肩にまで影響し、肩こりを招くことがあります。

肩を一生懸命マッサージしても、直ぐに元の状態に戻ってしまうのは、このような身体の問題をみていないからです。

ココがポイント

筋肉が収縮すると骨を引っ張り身体の歪みをつくる

2018年5月「たけしの家庭の医学」というテレビ番組で放送されたのは、肩こりの根本原因は首や肩の筋肉ではなく、全く別の場所にあったという内容でした。

番組の中で医師は、肩こりを感じさせる筋肉である「僧帽筋」を硬くさせる原因が、身体の歪みに関連すると説明しています。

関連

肩こりに関係する筋肉はいろいろありますが、首の後ろから肩、背中にかけて張っている僧帽筋という幅広い筋肉がその中心になります。

肩こり-日本整形外科学会

身体の歪みを整える為の簡単な体操を数日間続けると(筋肉の硬さを調べる特殊な機械を使用)体操前後の違いがはっきりと数値に表れる結果となりました。

近年では、慢性的な痛みの原因が痛い場所にはないという考えが広まり、肩は揉めばいい、という常識は消えつつあります。

肩をマッサージしても気持ちがいいだけで、肩こりそのものは解消されないことにお気づきの方も多いと思います。

肩こりは原因を知ったうえで、正しいケアを継続することが大切です。

どんな人が肩こりになりやすいのか?

どんな人が肩こりになりやすいのか?

・長時間、同じ姿勢で作業を行なう
・歪みや不良姿勢がみられる
・目を酷使する、めがねの度が合ってない
・運動不足
・ストレスが強い
・冷房の強い部屋でパソコン作業を行なう
・重たいショルダーバッグを持つ
・静電気を感じやすい(電磁波の影響)

環境のすべてを変える必要はありませんが、できることから取り組んでいくことが大切です。

肩こりとの上手な付き合い方

肩こりとの上手な付き合い方

普段から生活習慣に気をつけていなければ、肩こりはなかなかよくなりません。デスクワーク時に気をつけたいことを説明します。

パソコン作業時

マウスの使用は身体の負担が特に大きく、マウスを使用する際には、手首の下にタオルを敷いたり、イスの高さ調整するといった工夫が必要です。

どんな姿勢でも長時間続けば、疲労が溜まってしまうので、できるだけ疲労を取り除けるように自分でもケアを行なっていくことが大切です。

イスに座る時間が長い

正しいと思っている姿勢そのものが、肩こりの原因つくっていることもあります。良い姿勢を意識しすぎるとかえって筋肉は緊張を起こし、硬くなる可能性が高いです。

席を立つことが可能でしたら、時々、身体を動かして筋肉がリラックスできるように心がけましょう。

全身を整える

先程も説明したように、筋肉の疲労は身体を支える力を低下させます。(無意識に肘をついたり、足を組んだりするのは、身体を支える機能が低下していることを示しています)

問題を起こしている筋肉(主に股関節周囲の筋肉)をケアすることによって、身体の軸バランスが安定し、座るときの肩の負担を軽減することができます。

当院ではリラクゼーションとは違い、身体全身を確認して原因を探します。姿勢や歪みの問題を解決し、肩こりの症状を楽にするお手伝いが可能です。

肩こりの感想メール1

何故、肩の筋肉が凝っているのかを考え、全身のバランス調整を行います。基本的には肩を揉んだりはしませんが、原因にアプローチすることによって効果を実感していただけるはずです。

肩こりの感想メール2

普段、リラクゼーション店を利用されていて、効果を感じられない人ほど整体の手技内容に驚くはずです。肩に触れなくても肩の緊張を緩めることが可能です。

まとめ

肩こりはバランスが崩れると症状が酷くなりやすいです。こうなってしまうと肩を揉んだだけではよくなりません。肩こりが酷くなれば、吐き気や頭痛を伴い、仕事に支障がでるケースも珍しくありません。

普段は肩がこらないと言う人にも、自覚症状がないだけで肩の緊張を蓄積させているケースがあります。気がつかないことのほうが後で問題を大きくさせることが多いようです。

自身の身体を把握し、正しい方法でケアを行なうことで、バランスを整え、血行を改善し、身体本来の機能を取り戻すことができます。

  • この記事を書いた人
又吉陽平

又吉陽平

2014年に整体の操和を開業。自身の不調の経験から同じような悩みを持つ方たちの力になりたいと想い日々研鑽を積んでいます。

Copyright© 【公式】沖縄の整体で慢性的な痛みと症状を改善する|整体の操和 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.