背骨~骨盤の問題

脊柱管狭窄症

更新日:

脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症には、歩くと足に痛みやしびれがあらわれ歩けなくなり、しばらく休むと歩ける間欠性跛行がみられる特徴があります。

整体での目的は、痛みを楽にして、連続歩行距離の延長を目指すことになります。脊柱管狭窄症でお困りの方に参考にしていただければ幸いです。

脊柱管狭窄症とは

脊柱管狭窄症で歩けない女性

脊柱管狭窄症とは、神経の通り道である脊柱管が何らかの原因で狭まって神経を圧迫したり、周囲の血流が滞ることで起こる疾患です。

長年の腰部への負荷により、背骨が変形し、骨棘でき、それが神経を圧迫して坐骨神経痛があらわれます。腰を反らすと骨棘は神経に触れやすくなります。

また、状態が進行すると、下肢の力が落ちたり、肛門周囲のほてりや尿の出がわるくなったり、逆に尿が漏れる事もあります。

・お尻から太ももにかけての鋭い痛み、しびれ
・歩き出してしばらくすると足や腰に痛みが現れ、背中や腰を丸めるように休むと楽になる
・じっと立っているときに足や腰に痛みやしびれが現れる
・前屈みの姿勢で歩くと楽になる
・自転車の移動では痛みやしびれが現れない
・股関節、膝、足首のいずれかに痛みを抱えている

このような特徴あり、背筋を伸ばすと脊柱管がより狭くなるので痛みは増し、逆に腰を丸めると痛みが軽くなる傾向があります。

よって、整体によって腰を反らすような調整を行ってしまうと痛みを悪化させてしまう可能性が考えられます。

参照:沖縄県医師会サイト

脊柱管狭窄症になりやすい人

痛みを感じている多くの人に脊柱管を狭くさせてしまうような「反り腰」という身体の歪み(身体的特徴)があります。

反り腰では骨と骨の間が狭まることになる為、症状がより悪化する傾向にあり、脊柱管狭窄症と診断された人に対しては、この反り腰への取り組みが非常に効果的です。

脊柱管狭窄症と反り腰

反り腰をつくる主な要因には、股関節周囲筋、多裂筋といった筋肉の問題、椎間関節の問題、腹圧の低下や足関節の硬さがあげられます。

(生活習慣の影響が大きいです。)

これらの問題を解決することによって連続歩行距離の延長を目指していきます。

整体では身体の歪みを整えることにより痛みやしびれがよくなることを目指すのですが、問題を起こす骨棘の肥大を防ぐのも大きな目的となります。

脊柱管狭窄症でやってはいけないこと

どのような症状にも共通するのですが、痛みや不快感が強くなるような運動やトレーニングを無理に行なう必要はありません。

背筋運動やスクワットなどは、反り腰の歪みを強調させてしまう可能性がある為、やり方には十分気をつけなければなりません。

まとめ

背筋を伸ばすと症状が強くなる傾向がありますので、それを強調させてしまうようなケアは絶対に行わないよう注意しなければなりません。

もちろん、必要なセルフエクササイズは当院でアドバイス致します。

(中には数十年杖をついて生活していた痛みから解放された人もいます。)

以上、脊柱管狭窄症のまとめでした。

  • この記事を書いた人
又吉陽平

又吉陽平

2014年に整体の操和を開業。自身の不調の経験から同じような悩みを持つ方たちの力になりたいと想い日々研鑽を積んでいます。

Copyright© 【公式】沖縄の整体で慢性的な痛みと症状を改善する|整体の操和 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.