疾患名一覧

脊柱管狭窄症でやってはいけないこと

脊柱管狭窄症でやってはいけないこと

脊柱管狭窄症には手術が必要なケースと必要のないケース、そして、やってはいけないことがあります。施術では身体にかかる負担を緩和し、連続歩行距離の延長を目指していきます。

脊柱管狭窄症とは

脊柱管狭窄症とは

脊柱管狭窄症とは、神経の通り道である脊柱管が何らかの原因で狭まって神経を圧迫したり、周囲の血流が滞ることで起こる疾患です。

神経に問題が起きると、腰、足の痛みやしびれ、進行すると足に力が入らない、尿の出が悪くなる、といった症状が現れます。

この病気では長い距離を続けて歩くことができません。もっとも特徴的な症状は、歩行と休息を繰り返す間歇性跛行(かんけつせいはこう)です。

安静にしている時には殆どありませんが、背筋を伸ばして立っていたり歩いたりすると、ふとももや膝から下にしびれや痛みが出て歩きづらくなります。

参考:腰部脊柱管狭窄症ー日本整形外科学会

タイプ別の特徴

違和感が出る部位の多くは首と腰です。それぞれ、頚部脊柱管狭窄症、腰部脊柱管狭窄症が正式な病名です。

頚部脊柱管狭窄症

頚椎の中を通る神経の通路が狭くなり、圧迫されることで起こる。腕のだるさ、しびれなど、上半身に現れる。

腰部脊柱管狭窄症

腰椎の脊柱管が圧迫されて現れる。腰だけでなく、お尻や太もも、足先にまで違和感が現れる。

馬尾型

脊柱管の中心が圧迫され、馬尾と呼ばれる神経の束に障害が出るケース。足やお尻にしびれを強く感じる。

神経根型

脊柱管の外側、左右に伸びる神経根が圧迫を受けるケース。足やお尻に痛みが強くで出る。

混合型

馬尾型と神経根型の両方の特徴が現れる。

脊柱管狭窄症でやってはいけない行動

脊柱管狭窄症でやってはいけない行動脊柱管狭窄症では、背部から腰部の筋肉の緊張が強い状態にある為、背筋を鍛えるトレーニングや腰を反らすような体操を行うのは大変危険です。

伸びないものを無理に伸ばそうとすると、強い力によってかえって筋肉が緊張し、症状を悪化させてしまいます。

運動をする際には自己流ではなく、必ず専門家の意見を聞きながら行うようにしましょう。

自身の身体に合った内容のケアでなければ効果はありません。

無理をしすぎない

歩くことは血流や血行を改善するのに有効ですが、無理をしながら歩くと身体に負担がかかり、逆効果になってしまいます。

体調がよくない日は運動を止めるようにしましょう。歩いていて疲れてきたらそこで終了しても構いません。

自身でノルマを決めるのではなく、その日の体調を見て判断してください。

達成感とは脳の喜びであり、身体が求めていることではありません。

他の病と混同しない

閉塞性動脈硬化症は、動脈硬化により血管が詰まり、血流障害を招く病気です。脊柱管狭窄症と同様に、間欠性跛行でふくらはぎに痛みを生じますが、前かがみになっても症状は緩和されません。

自転車に乗ったときにペダルが重く感じ、ふくらはぎが痛くなることがあります。

似たような症状でも治療方法は異なります。

当院での脊柱管狭窄症の施術方法

脊柱管の狭窄は、骨や椎間板の変形、靭帯が厚くなるなどが原因で起こります。

身体を支える背骨は年齢を重ねるごとに変形すると言われており、脊柱管狭窄症は50歳を過ぎた頃から一気に増え始めます。

つまり、歳をとれば誰でも患う可能性があります。

若いときに重たい物を持つ仕事をされてたり、激しいスポーツで腰を痛めた経験がある方、すべり症がある方は発症しやすいとされています。

又、多くの人に脊柱管を狭くさせてしまう反り腰という歪みが確認できます。

この状態では、骨と骨の間が狭まることになる為、より悪化する傾向にあります。脊柱管狭窄症と診断された人に対しては、身体の歪みへの取り組みが非常に効果的といえます。

脊柱管狭窄症になりやすい身体

この歪みをつくる主な要因には、股関節周囲筋、多裂筋といった筋肉の問題、椎間関節の問題、腹圧の低下や足関節の硬さがあげられます。(生活習慣の影響が殆ど)

これらの問題を解決することによって連続歩行距離の延長を目指していきます。

整体では身体の歪みを整えることにより改善を目指すのですが、問題を起こす骨棘の肥大を防ぐのも大きな目的となります。

手術以外の選択肢として

現在、脊柱管狭窄症の治療では手術が最善策と考えられていますが、手術後に違和感がとれない、と訴える人も少なくありません。

手術後の経過がよくないのは、原因が異なり、手術では改善できない問題が残っているからです。

身体の歪みが原因である場合には、身体のバランスを整える方法を考慮しなくてはなりません。

注意ポイント

骨棘が神経を圧迫しているなどの原因がはっきりと確認できる場合には早急に手術をおすすめします

不快感が強くでるような運動やトレーニングを無理に行なう必要はありません。

背筋運動やスクワットなどは、反りの歪みを強調させてしまう可能性がある為、十分に気をつけましょう。

このような特徴がある方はご相談ください

脊柱管狭窄症の自己判断

  • 中高年、50歳以上である
  • お尻から太ももにかけての鋭い痛み、しびれがある
  • じっとしているときは問題ない
  • 専門医から脊椎分離症やすべり症と診断されたことがある
  • 歩き出してしばらくすると足や腰が辛くなり、休むと楽になる
  • じっと立っているときに違和感が現れる
  • 上向きで寝ると痛く、横向きで寝ると楽になる
  • 前屈みの姿勢で歩くと楽になる
  • 自転車の移動では違和感が現れない
  • 股関節、膝、足首のいずれかに痛みを抱えている
  • お尻を後ろへ突き出して歩いていると指摘される

まとめ

脊柱管狭窄症は整体が有効な場合があります。身体のバランスを整えることによって、背部の緊張を取り除き、連続歩行の延長を目指していきます。

当院では、それぞれのお身体の状態に合わせて、セルフケア、エクササイズのアドバイスも致します。手術の必要性のない脊柱管狭窄症でお悩みの方はご相談ください。

沖縄県で脊柱管狭窄症でお困りなら操和へ

お電話でのご予約・お問い合わせはこちら

ネット予約はこちら

  • この記事を書いた人
又吉陽平

又吉陽平

1978年生まれ。浦添市出身。2014年に操和を開業。お客様は県内全域から来院されます。twitterではセルフケア動画を紹介しています。

© 2020 【公式】沖縄の整体で慢性的な痛みと症状を改善する|整体の操和 Powered by AFFINGER5