脊柱管狭窄症でやってはいけないこと

脊柱管狭窄症でやってはいけないこと

脊柱管狭窄症でやってはいけない行動を詳しく説明します。

脊柱管狭窄症の手術を検討されている方も記事の内容を参考にしてみてください。

脊柱管狭窄症とは

脊柱管狭窄症とは

脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)とは、神経の通り道である脊柱管が何らかの原因で狭まって神経を圧迫したり、周囲の血流が滞ることで起こる疾患です。

安静時の痛みは殆どありませんが、背筋を伸ばして立ったり、歩いたりすると、痛みや痺れが出やすくなります。

腰部脊柱管狭窄症は、65歳以上の4人に1人が該当するとされており、今後も患者数の増加が懸念されています。

ポイント

脊柱管狭窄症では、長い距離を歩くと痛みが段々と強くなり、歩行が困難になるのが特徴です。(間歇性跛行)

脊柱管狭窄症チェックリスト

タイプ別の特徴

狭窄が起きやすい場所は首と腰で、「頚部脊柱管狭窄症」「腰部脊柱管狭窄症」がそれぞれの正式な病名となります。

脊柱管狭窄症は発育性と変性に分けられ、発育性では先天的な構造の問題、変性では後天的な脊柱管内組織の変形、肥厚などを基盤に発症します。

頚部脊柱管狭窄症

頚椎の中を通る神経の通路が狭くなり、圧迫されることで起こる。腕のだるさ、しびれなど、上半身に現れる。

腰部脊柱管狭窄症

腰椎の脊柱管が圧迫されて現れる。腰だけでなく、お尻や太もも、足先にまで違和感が現れる。

症状について

脊柱管狭窄症の代表的な症状は、腰痛と足の痛みや痺れですが、神経が圧迫される場所によっても症状が異なります。

馬尾型

脊柱管の中心が圧迫され、馬尾と呼ばれる神経の束に障害が出るケース。足やお尻にしびれを強く感じる。

神経根型

脊柱管の外側、左右に伸びる神経根が圧迫を受けるケース。足やお尻に痛みが強くで出る。

混合型

馬尾型と神経根型の両方の特徴が現れる。

注意ポイント

進行すると足に力が入らない、尿の出が悪くなる、残尿感といった排尿障害を起こすことがあります。

考えられる原因は?

脊柱管狭窄症の最も多い原因は加齢と言われており、50代以降で一気に増え始めます。

重労働を続けたり、座っている時間が長いなど、長年蓄積された腰部への負担が脊柱管狭窄症を招くことになります。

又、激しいスポーツで腰に負荷をかけていた方も発症しやすいと言われています。

脊柱管狭窄症でやってはいけない行動

脊柱管狭窄症でやってはいけない行動

脊柱管狭窄症でやってはいけない事をまとめてみました。誤った行動には十分お気を付けください。

やってはいけないストレッチ

脊柱管狭窄症の痛みは、腰を反らす動作によって悪化します。

ブリッジや上体反らしのように、腰を大きく反らせるストレッチは控えるようにしましょう。

注意ポイント

ストレッチで症状が悪化するケースも少なくありません。自分の身体に適したストレッチを選択することが大切です。

やってはいけないヨガのポーズ

ヨガのポーズで身体が緊張し、痛みが悪化することがあります。

症状がある時には、なるべくリラックスできる内容を選択するようにしてください。

痛みを我慢しながらヨガを継続すると、症状が長期化してしまうことも考えれます。

痛みや痺れはヨガの先生やダンサーといった「身体が柔らかい人にも」現れます。単純に身体が硬いことだけが症状の原因ではありません。

やってはいけない運動

運動は血流を改善するのに有効です。

しかし、痛みを我慢しながら運動すれば、かえって身体の負担となり、逆効果となってしまいます。

途中で痛みが強くなった場合には運動を中断してください。

体調がよくない、気分が乗らない日は運動を無理に続ける必要はありません。

達成感とは脳の喜びであり、身体が求めているものではないのです。

いつでも最良な選択ができるように心がけましょう。

目標は決めず、その日の体調を確認しながら運動することが大切です。

他の病と混同しない

閉塞性動脈硬化症は、動脈硬化により血管が詰まり、血流障害を招く病気です。

脊柱管狭窄症と同様に間欠性跛行によって、ふくらはぎに痛みを生じますが、前かがみになっても症状は楽になりません。

脊柱管狭窄症では症状が楽になるとされる自転車乗車時には、ペダルが重く感じ、ふくらはぎが痛くなることがあります。

似たような症状でも治療方法は異なりますのでご注意ください。

タイプ跛行の症状動脈触診
脊柱管狭窄症前屈位で回復感知良好
閉塞性動脈硬化症歩行の中止で回復感知不良

他の疾患を残した手術

実は手術後に「痛みが残っている」と訴える人は少なくありません。

腰の問題を取り除いても痛みが残ってしまうのは、身体に別の原因が残っているからです。

手術後の再発のリスクを回避する為にも先に他の疾患は治しておきましょう。

痛みの原因をしっかりと確認したうえで手術をご検討ください。

まとめ

脊柱管狭窄症でやってはいけないことを紹介しました。

気をつけるべき点としては、無理なストレッチや運動は控えること、他の病と混同しないことです。

痛みや痺れは身体が柔らかい人にも現れますので、しっかり原因を知ることが大切です。

痛みをコントロールできなくなった時には手術を検討することになりますが、他の疾患を先に治しておけば手術後の再発リスクを低減させることができます。

手術をする際には医師としっかり相談しながら治療を進めるようにしてください。

以上、「脊柱管狭窄症でやってはいけないこと」についてでした。

沖縄県で脊柱管狭窄症でお困りなら当院にご相談ください

痛みをコントロールできる方は手術をしなくても楽になる可能性が高いです。

前屈しながらの歩行や、自転車に乗ると痛みが楽になる方は、整体による改善のお手伝いが可能です。

脊柱管狭窄症の方の多くは、腰椎の前弯・後弯動作において強い制限を確認することができます。

施術によって腰椎の可動域の問題を解決すれば症状が楽になることが多いです。

脊柱管狭窄症のパターン

上の写真のように腰椎の前弯が強い(腰が反っている状態)と脊柱管狭窄症の症状は悪化しやすくなります。

この歪みをつくる主な要因には、股関節周囲筋、多裂筋といった筋肉の問題、椎間関節の問題、腹圧の低下や足関節の硬さがあげられます。(生活習慣の影響)

これらの問題を解決することによって連続歩行距離の延長を目指していきます。

※骨棘が消えるわけではありません

脊柱管狭窄症では「手術をしても違和感が残る」と訴える人は少なくありません。

手術後の経過がよくないのは、手術で改善できなかった問題が残っているからです。

このような問題の解決に整体は有効な手段となります。

住所〒901-2125 沖縄県浦添市仲西2丁目1-17 パームハイツ103
休業水曜日
営業10:00~21:00(日曜・祝日は17:00まで)
予約098-876-4948(施術中は留守電対応)

お電話でのご予約・お問い合わせはこちら

ネット予約はこちら

  • この記事を書いた人

又吉陽平

職業 整体師「プロフィールはこちら」離島を含め県内全域のお客様を施術。「寝ることによって治る身体」を取り戻すお手伝いをしています。

© 2022 整体の操和【公式】沖縄で慢性的な痛みと症状を改善する Powered by AFFINGER5