その他の不調

顎関節症

更新日:

顎関節症

今回の内容は顎関節症についてです。顎の違和感、痛みといった問題は身体全体のバランスを整えたうえで、原因部分の緊張を取り除いていくと解決できる可能性があります。

顎関節症を招く身体の問題点とは?

顎関節症を招く身体の問題点とは?

顎関節の主な症状には、口を開けると痛む、クリック音がする、下顎が横にずれる、強いこり感といったものがあります。

これらの症状は顎だけの問題ではない場合が殆どで、顎に緊張を生む原因にアプローチしていかなければ、安静にしていてもよくなるものではありません。

頭痛、耳鳴り、首や肩のこり、または痛み、背中のこり、腰痛、足のしびれなどは顎関節症に悩む方に多く見られる症状です。

身体のバランスの崩れは顎へ過剰な緊張を招いてしまいます。整体では全身のバランスを整えてから、顎の緊張を取り除けるようにしていきます。

顎関節症に影響しやすい主な要因を説明していきます。

頭蓋骨の歪み

頭蓋骨は骨自体が1つのかたまりではなく、合計23個の骨が縫合し、1つの頭蓋骨を形成しています。縫合部分は関節のような役割をしていて頭蓋骨は動きのある骨です。

頭蓋骨の歪みによって、顎の開きや違和感といった顎関節症に影響を与えることが考えられます。

頚椎のバランス

後頭部や頚部の緊張、頚椎のズレは顎に余計な緊張を招きます。整えることにより緊張が和らぎ、症状がよくなるケースが数多く確認することができます。

頚椎は骨盤や足部の歪みに強く影響を受けています。

骨盤からの連動

骨盤のバランスが悪くなると、その連動によって、肋骨が下がり、肩が緊張し、後頭部が緊張し、側頭骨にズレが生じて、やがて噛み合わせや顎関節証の問題が現れるようになります。

先ずはじめに骨盤がどんな状況なのかをチェックします。

腰部との関係

腰部が硬直してくると、首の後ろ側にも硬直が現れはじめ、耳の位置が後方へとズレてしまうことがあります。腰部の硬直状態によっては、顔の形まで変わってしまう可能性があります。

姿勢の問題

顎にトラブルを抱える人の多くは猫背か反り腰になりがちです。猫背の姿勢では、頭部が前方へ移動し、下あごが突き出た状態となっています。口の周りは常に過緊張を起こしている状態です。

反り腰では、背骨のバランスの悪化により頚部が緊張を起こし、顎に問題が生じるケースがあります。周りから姿勢が良いと指摘される人に多いのが特徴です。

顎関節症をよくする為には姿勢の問題に取り組むことが必要です。

ストレスの影響

ストレスなどの影響により、顎にトラブルが起きてしまうこともあります。精神的に緊張のしやすい人は、自然と身体に力が入ってしまう傾向があります。

身体の緊張は顎にも現れやすく、無意識に歯をくいしばっていたという経験をされる人も少なくありません。歯と歯の接触というものは、回復を遅らせてしまう要因です。

咀嚼不足

女性の方に多いのですが、普段からあまり食べなかったり、または柔らかいものばかりを食べていることで、顎の筋肉が弱くなり、噛み合わせのバランスが崩れ顎関節の症状を招いてしまうこともあります。

顎関節症を招くケース1顎関節症を招くケース2

※ストレートネックや頚椎の歪みは顎関節症を招きやすい特徴があります。

顎関節症がよくならない理由は、骨盤の歪み、背骨のバランス、足、腕などの筋バランスの問題といった様々な影響を受けているからです。

決して顎だけの問題ではありません。

顎関節症の回復期間と気をつけたいこと

症状が現れてから早い時期に来院された場合や、歪みや筋肉の緊張がそれほど強くない場合には、比較的早く変化を感じられることが多いようです。(放置すれば歪みは進行することがあります)

当院では自分自身でも身体のバランスが整えられるようにセルフケアの内容もしっかりとお伝えしています。

気をつけたいこと

外科的な噛み合わせの療法と整体を同時進行することはおすすめしません。逆に本来のバランスが崩れてしまうことがあり、指標が崩れてしまうことから整体での調整が難しくなってしまいます。

顎関節に異常の現れている期間が長ければ長いほど、よくなるまでに時間がかかる傾向にあります。痛みや違和感を感じた段階で直ぐに調整を行えば早い期間での変化が見込めます。

顎関節症の施術例

顎関節症で来院されたお客様の施術例を紹介します。

耳鳴りと顎の緊張

2年半前から続く耳鳴りと顎の緊張に悩む男性。病院の検査では異常なし。頭部の前方変位、骨盤の左回旋、右股関節の歪み、右腹部の緊張、側頭骨の歪みを確認。

右の足首からアプローチしながらバランスを整えた後、側頭骨の歪みを調整。2回目の調整後には顎の緊張の緩和、4回目の調整後には耳鳴りがだいぶ落ち着く。

顎がグラグラで外れそう

1週間前に出産、前日に骨盤ベルトをした後に顎が外れるような感覚に襲われた女性。反り腰が強く、右の側頭骨上部が外方へ変位。

出産から間もないということで動きが硬く、選択肢は限られていましたが、皮膚のアプローチでバランスに変化がみられました。痛みが現れてから直ぐに来院されたということもあり、初回の調整で変化がある。

動くとクリック音

3年前から口を開いたときに音が鳴るという男性。口を大きく開けると顎が左右にズレるような状態。頭部が前方へ変位、骨盤の右回旋、側頭骨の歪みを確認。

下腿にアプローチし、骨盤の歪みを整えた後、頚部のズレを修正すると口を開いたときの音が小さくなる。その後、側頭骨の調整を行い終了。良くなっていることを実感。

顎に強い痛み

顎の強い痛みで来院された女性。1週間前から顎に強い痛みがある。特に朝が痛い。小さい頃から顎がズレており、口を開けると音が鳴る。

股関節のバランスに大きな左右差があり、周辺の筋肉も硬く緊張している状態。股関節を中心に首、顔のバランスを整え終了。1回の調整で顎の痛みが消えた。ご紹介で来院された同僚の方を通じ、その後も安定していることを知る。

下顎がずれて開かない

1ヶ月前から下顎が左にずれ、口が開けづらくなった女性。物が食べづらい。足首の捻挫、過去の交通事故による影響。右の前腕に強い緊張。

足と腕を調整し、首の緊張を取り除くと口の開けづらさがなくなる。首の筋肉は顎の筋肉との関連性が強い。

首から顎にかけて痛い

4ヶ月前から口を開けると右の顎に痛みが現れる女性。痛みは首に広がることがある。右肩が亜脱臼し、右頚部の緊張が強い。

反り腰と左股関節を整えると右肩が安定し、首の緊張が一気に緩む。首の胸鎖乳突筋という筋肉を緩めると口を開けても痛みがでなくなる。

まとめ

顎関節の問題は全身のバランスを整えることで解決しやすくなります。顎関節症でお困りでしたら当整体院にご相談ください。

※顎関節症は細かく全身のチェックを行なう必要がある為、ロングコース(90~100分)でのご予約をおすすめいたします。

  • この記事を書いた人
又吉陽平

又吉陽平

2014年に整体の操和を開業。自身の不調の経験から同じような悩みを持つ方たちの力になりたいと想い日々研鑽を積んでいます。

Copyright© 【公式】沖縄の整体で慢性的な痛みと症状を改善する|整体の操和 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.