疾患名一覧

ストレートネックが治らない理由

ストレートネックが治らない理由

ストレートネックが治らないのは身体全体の問題を解決していないからです。ストレートネックは首だけの問題ではありません。施術では全身を整えながら頚椎(首の骨)の問題を解決します。

ストレートネックとは

ストレートネックとは

ストレートネックとは、頚椎に本来あるべきカーブがなくなっている状態のことを指します。

頚椎のカーブには、約5~6キロほどの頭部の重さを分散させる役割があるのですが、ストレートネックの状態では、頭部を支える力を補う為に首や肩の筋肉には大きな負担がかかっています。

その結果、筋肉の緊張、血流悪化により、様々な不調を招くことが考えられます。

ストレートネックの人の多くに上を向くと首が痛いという特徴があります。

ストレートネックの原因

ストレートネックの主な原因は座り姿勢です。

猫背姿勢でデスクワークを行っていると頭が前に出た状態になり、ストレートネックになってしまいます。

長時間、パソコンを使うは特に注意が必要です。

ストレートネックが招く障害

ストレートネックになると次の5つの症状が起きる可能性があります。

  1. 首を動かすと痛い
  2. 肩・首のこり
  3. 頭痛
  4. 手や腕のしびれ
  5. めまい・吐き気
放置すると我慢できないほどの深刻な症状になる可能性があります。

ストレートネックが治らないのは全身を見ないから

ストレートネックが治らないのは全身を見ないから

ストレートネックは全身を整えなければ、なかなか治りません。

骨盤や足首などの骨格の土台部分に歪みといった問題があると、身体を上手く支えることができず、頭部が前方へ移動しやすくなります。

患部を見てわかるのは結果に過ぎないということです。

座り姿勢を意識するだけでは解決できないことがあります。

全身が与える影響

例えば、背骨の弯曲が強くなる反り腰の歪みがあるとします。骨盤の前傾は大きくなり、次のような影響が出始めます。

骨盤の前傾が強くなる→
背骨のバランスが崩れる→
頭部をうまく支えることができない→
修正が必要→
頚椎のカーブに影響→
ストレートネックを招く

このような発生順序を考えずに、いきなり首の調整を行っても良い結果に繋がるはずがありません。ストレートネックを治していくには身体の土台部分の調整が必須です。

当院でのストレートネックの施術内容について

ストレートネックは長く放置していると、首の可動域が極端に狭くなったり、深刻な症状を感じるようになります。首だけをケアしてもよくならない方は施術をご検討ください。

その際には、揉みほぐしやストレッチといった首に強い刺激を与える施術内容は避けるように注意しましょう。炎症が酷くなる可能性があります。

不思議に思うかもしれませんが、首と関連性のある手首や足首などを調整することで首の痛みがよくなるケースが多いです。

患部への強い刺激は症状を悪化させる恐れがあります。

施術後の感想

ストレートネック施術後の感想

女性アイコン

首などの違和感は皆無です。嬉しいです。

20代女性

病院でストレートネックは治らないと言われても諦めないでください。医療機関ではわからない原因があります。

下記の内容が該当する方はお問い合わせください

ストレートネックの自己判断

  • 1日5時間以上デスクワークをする
  • 枕がない方が寝やすい(仰向けで寝にくい)
  • スマホの画面を1日1時間以上見ている
  • ノートパソコンをよく使う
  • 首を動かすと違和感がある
  • 猫背である
  • 1日30分以上歩かない

まとめ

ストレートネックの問題は全身が関与しています。首のケアで効果を感じられなかったり、症状が悪化する場合には全身の調整が必要です。

当院ではストレートネックの原因を調べて根本的な解決を目指します。ストレートネックの問題にお悩みの方は是非、お問い合わせください。医療機関で満足できなかった方のご相談もお待ちしております。

沖縄県でストレートネックが気になる方はご相談ください

お電話でのご予約・お問い合わせはこちら

ネット予約はこちら

  • この記事を書いた人
又吉陽平

又吉陽平

1978年生まれ。浦添市出身。2014年に操和を開業。お客様は県内全域から来院されます。twitterではセルフケア動画を紹介しています。

© 2020 【公式】沖縄の整体で慢性的な痛みと症状を改善する|整体の操和 Powered by AFFINGER5