症状チェック

ストレートネック

ストレートネック

こんな方は要注意

  • 1日5時間以上デスクワークをする
  • 枕がない方が寝やすい(仰向けで寝にくい)
  • スマホの画面を1日1時間以上見ている
  • ノートパソコンをよく使う
  • 首を動かすと違和感がある
  • 猫背である
  • 1日30分以上歩かない

ストレートネックに関連性のある不調内容には、首痛、手の痺れ、こり感といった様々なものが考えられます。

不良姿勢が原因で起こることが多く、決して首だけの問題ではありません。首の牽引や揉みほぐしに効果を感じられなかった方は是非、ご参考ください。

ストレートネックとは

ストレートネックとは

ストレートネックとは、頚椎(首の骨)の緩やかな前方の弯曲がなくなり、首の骨がまっすぐな状態を指します。

その殆どはレントゲン検査によって判明しますが、何故、ストレートネックが身体によくないのかは知らない方が多いと思います。

又、医師にこのような問題を指摘された場合でも、何をどうすればよくなるのかを説明されないことが度々あるようです。

背骨を横から見た時に確認できるS字状のカーブ(生理的弯曲)には、約5~6キロの頭部の重さを上手く分散させ、あらゆる衝撃から身体を守るという役割があります。

しかし、S字状のカーブが不自然になると、頭部を支える働きが不安定となり、これを補う為に多くの筋肉の補助が必要になってしまいます。

このような問題が回復を遅らせる要因になっています。

ストレートネックの原因

ストレートネックの殆どは、背骨のバランスが深く関与しています。

骨で身体を支えることができると疲労は起きづらいのですが、筋肉で頭部を支える状態が長く続くと、緊張状態から血行が悪化し不調が現れはじめます。

特に椅子に長く座る場面が多かったり、スマホを見る時間が長い方は要注意です。多くの筋肉を疲労させることになり、問題が起きやすくなります。

筋肉の負担を軽減する為にも、背骨のバランスは整えておかなければなりません。

ココがポイント

頭部が正しい位置にあると問題は起きにくい

発生の順序

ストレートネックは、骨や足に歪みがあり、身体を支える力が低下している人に多く現れる特徴があります。背骨の弯曲が強くなる、反り腰の歪みが強い人にも現れやすくなります。

腰の骨に前傾の歪みが生じてくると、骨の反りは大きくなります。先ほども説明したように、背骨の役割を考えてみると次のようなことが考えられます。

腰の反りが強くなる→
背骨のバランスが崩れる→
頭部をうまく支えることができない→
修正が必要→
頚椎のカーブに影響が現れる→
結果、ストレートネックを招くことになる

このような発生の経緯を考えずに、いきなり首の調整を行っても良い結果にはなりません。改善するには身体の土台の調整が必要です。

ストレートネックの感想メール

ストレートネックに多くみられる症状

ストレートネックに多く見られる症状ストレートネックに多くみられる症状には、首痛やこり、頭重、めまい、気持ちが悪い、手や腕のしびれ、不眠症などがあります。

長く放置していると、首の可動域が極端に狭くなったり、激痛を感じるようになります。

首の痛み

首の痛みが酷い時は、炎症が起きていることが多いので、揉みほぐしやストレッチといった首に強い刺激を与えるのは避けるようにしましょう。

強い刺激は、かえって炎症を拡張させてしまい、悪化させてしまう恐れがあります。

又、首のこりを継続的に強く揉んでしまうと、筋肉は逆に柔軟性を失い、血行が悪くなることで回復が遅れてしまうことも考えられます。

マッサージが好きで強く揉んでもらうのが好きな方は特に注意が必要です。

ストレートネックの問題が何故、起きているのかを考えなくてはなりません。身体全体のバランスをチェックし、根本的な問題を解決できるのが整体の強みです。

医療機関で満足できなかった方のご相談お待ちしております。

ココに注意

首を強い力でマッサージするのはNG。患部を揉むことで炎症が広がってしまう可能性がある。

まとめ

ストレートネックで感じている様々な不調は、身体のバランスを整えることによってよくなる可能性があります。

問題の解決の仕方は人それぞれが異なりますので、正しい方法によってケアを行なうことが大切です。背骨の土台となる骨や足部を整え、良いバランスを維持できる身体づくりを目指していきましょう。

沖縄県でストレートネックを改善するなら操和へ

お電話でのご予約・お問い合わせはこちら

ネット予約はこちら

  • この記事を書いた人
又吉陽平

又吉陽平

1978年生まれ。浦添市出身。2014年に操和を開業。お客様は県内全域から来院されます。twitterではセルフケア動画を紹介しています。

© 2020 【公式】沖縄の整体で慢性的な痛みと症状を改善する|整体の操和 Powered by AFFINGER5