坐骨神経痛

坐骨神経痛
お尻から太ももにかけて痛みを感じていてイスに座るのも辛い状態です。
それは坐骨神経痛の症状かもしれませんね。多くは施術でよくなりますのでご安心ください。
坐骨神経痛が緩和されていく様子がわかります。

痛みが酷く歩けないような方でも、適切な施術を継続することで改善できる可能性があります。

坐骨神経痛とは

坐骨神経痛とは腰から足にかけて伸びている坐骨神経が様々な原因によって圧迫・刺激されて現れる痛みや痺れを指します。

人によって感じ方は異なりますが、歩行が困難になったり、座ることがつらく感じることが多く、腰からお尻、太もも、すね、足先など広い範囲で現れます。

坐骨神経の場所

坐骨神経は末梢神経の中で一番太く、長さは1メートルほどあります。総腓骨神経と脛骨神経に分かれ、腰椎から足の指まで伸びています。

坐骨神経の場所

坐骨神経痛を誘発させる要因

過度な運動や長時間のデスクワークなどにより、下記の問題が現れやすくなります。

腰椎の疾患

椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症といった病状が原因で痛みや痺れなどがでると言われています。

梨状筋症候群

上記イラストにもある梨状筋と呼ばれる筋肉に緊張が起きると、坐骨神経を圧迫し、不快感を招くと言われています。

但し、医療機関でも正確な原因を特定できないことがあります。

坐骨神経痛はいつまで続くのか?

坐骨神経痛はいつまで続くのか?坐骨神経痛の症状がでる前から腰部に違和感があったり、寝ても身体がスッキリしないと感じていた方が多いと思います。

このように以前から感じていた身体の問題が悪化することによって、痛みや痺れといった症状が現れるようになります。

症状は前触れなく、いきなり出てくるものではありません。

椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症といった問題は、いずれも腰部から下肢にかけての症状がでやすく、坐骨神経痛の原因として診断されることがあります。

坐骨神経痛の問題は施術を受けることで段々と緩和されていきますが、ヘルニア・狭窄症が絡んでいる場合には改善するまで数ヶ月の期間を要することが殆どです。

坐骨神経痛の原因によっては改善までの期間は異なります。

数日で治まるケース

痛みや痺れは、一時的な筋肉の緊張が原因で起きることがあり、筋肉の状態が回復するとともに症状も楽になります。適切なケアと安静が必要です。

身体に負担をかけるような行動をした場合に現れるパターンと言えます。

なるべく早く施術を受けにいらしてください。

何ヶ月も続くケース

筋肉が強く緊張し、リラックスできない状態をつくっている場合には症状が長引くことがあります。

緊張状態を緩和できない原因として、身体の歪みや神経の問題が挙げられます。

これらの問題は運動やストレッチなどでの解決は難しく、逆に症状を悪化させてしまうこともある為、注意が必要です。

自己判断によるセルフケアは危険です。自分の身体の状態にあった適切な方法でケアを行うことが大切です。

坐骨神経痛がでたら当院へご相談ください

沖縄県で坐骨神経痛がでたら当院へご相談ください

一般的な治療法とも言える、梨状筋のマッサージやストレッチでは効果を感じられない方が多いようです。

確かに坐骨神経痛の多くは筋肉の過緊張が原因で起きていますが、緊張を緩めようとしても、なかなか簡単に緩むものではありません。

筋肉は理由があって緊張している為、緊張状態を招いている要因を先に取り除く必要があります。

何が原因で筋肉が緊張しているかは、当院独自の検査法によって特定することができます。

坐骨神経痛の感想1

女性アイコン

足の痺れは無くなりました!(疲労部分を取り除くことで不調は消失)

20代女性

坐骨神経痛の感想2

女性アイコン2

違和感、痺れもないです!(寝れないほどの坐骨神経痛がバランスを整えて楽に)

40代女性

身体の問題が多い方は適切なペースでの施術が必要になります。

整体の操和の坐骨神経痛の施術風景

臀部を強く刺激しません

他院で臀部を強くマッサージされ、痛みを悪化させてしまう方が後を絶たない状況です。坐骨神経痛では臀部を強く刺激するような施術は避けることが大切です。

強い刺激はストレスとなり、逆効果になる可能性が高いです。

お電話でのご予約・お問い合わせはこちら

ネット予約はこちら

まとめ

「そのうち治るだろう」と思っていても、なかなか良くならないのが坐骨神経痛です。

坐骨神経痛の多くは、筋肉の緊張、血流悪化、身体のバランスの問題から起きています。疲労を溜め込んだ結果によるものなので、日頃から適切なケアを行うことが大切です。

坐骨神経痛が酷くなってくると、治るまでに時間がかかってしまうことがあるので、できるだけお早めにご来院ください。

今現在、行なっている治療の効果が感じられないのであれば、アプローチの仕方が不十分だったり、内容が誤っている可能性があります。

当院では医療機関とは異なるアプローチによって問題を解決いたします。

痛み止め、ブロック注射が効かない、梨状筋をほぐしてもよくならない、他院で施術後に悪化してしまった、という方は是非、ご相談ください。

  • この記事を書いた人
又吉陽平

又吉陽平

職業 整体師「プロフィールはこちら」離島を含め県内全域のお客様を施術。「寝ることによって治る身体」を取り戻すお手伝いをしています。

© 2021 【公式】整体の操和|沖縄で慢性的な痛みと症状を改善する Powered by AFFINGER5