坐骨神経痛

坐骨神経痛
お尻から太ももにかけて痛みを感じていてイスに座るのも辛いです。
それは坐骨神経痛かもしれませんね。適切な施術を受ければ改善できるのでご安心ください。

筋肉を強く押したり、伸ばしたりするなどの強い刺激の施術によって、坐骨神経痛の症状が悪化する人が後を絶たない状況です。

坐骨神経痛は、ストレッチやマッサージ、運動療法などを継続しても、なかなか治らないという特徴があります。

当院の整体では、身体に負担の少ない優しい手技によって、神経回路を再建させ、坐骨神経痛の症状を和らげていきます。

最短で症状を改善させたい方は記事の内容をご参考ください。

坐骨神経痛とは

坐骨神経痛とは

坐骨神経痛とは、腰から足にかけて伸びている坐骨神経が、何らかの原因によって圧迫・刺激されて現れる痛みや痺れを指します。

症状の感じ方は人によって異なりますが、歩行時や座る姿勢が辛くなる場合が多く、腰からお尻、太もも、すね、足先など広い範囲で現れます。

坐骨神経のイラスト

脊髄から枝分かれして下肢に伸びる坐骨神経は、お尻から足にかけての感覚や運動をつかさどり、特に脚の後ろ側にしびれや強い痛みが走りやすい特徴があります。

坐骨神経は末梢神経の中では一番太く、長さは1メートルほどあり、総腓骨神経と脛骨神経に分かれ、腰椎から足の指まで伸びています。

坐骨神経痛の原因

医療機関でも坐骨神経痛の原因を正確に特定できないことがあります。

腰椎の疾患

椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症といった病状が原因で下肢に痛みや痺れなどの症状がでてくることがあります。どちらも症状の感じ方には特徴があります。

梨状筋症候群

上記イラストにもある梨状筋と呼ばれる筋肉に緊張が起きると、坐骨神経を圧迫し、臀部痛や下肢痛といった症状を感じるようになります。

下肢の内旋で症状は悪化し、重症になると歩行障害が見られます。

梨状筋症候群の代表的なテスト法には、フライバーグテスト(Freiberg‘s test)、ペーステスト(Pace‘s test)、下肢伸展挙上テスト(SLR)があります。

その他

坐骨神経痛の多くは神経の過緊張が原因で起きています。身体がリラックスできない状態になり、筋肉や関節がこわばることで坐骨神経痛の症状がでやすくなります。

整形外科の検査では見つけることのできない問題です。

過度な運動や長時間の座り姿勢が習慣化することで、これらの問題が起きやすくなります。

坐骨神経痛のセルフチェック

  • おしりや太ももに痺れがある
  • 膝裏やふくらはぎが張っている
  • 麻痺がある
  • 熱をもっている
  • 腰から下が痛い
  • 脚に圧迫感がある

該当する症状があれば坐骨神経痛である可能性が高いです。

坐骨神経痛とよく間違える病気

よく間違える病気として総腓骨神経麻痺、足根菅症候群などがあります。

坐骨神経痛はいつまで続くのか?

坐骨神経痛はいつまで続くのか?

「手術をすれば確実に治るのか?」

「リハビリを続ければ治るのか?」

医療機関では治療効果が感じられず、不安を感じながら生活する方が大勢います。

症状をいつまでも長引かせないようにするには、筋肉と神経の両方にアプローチする必要があります。

数日で消えるタイプ

筋肉が緊張することによって、坐骨神経痛が起きている方は比較的早く治すことができます。

筋肉の緊張状態が緩和すると症状は一気に楽になりますが、日常生活で身体に負担をかける行動を続けていると、再び症状が現れることがあります。

日頃から身体をケアし、バランスを整えておくことが大切です。

何ヶ月も続くタイプ

中高年の方で椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症が原因と考えられる場合は、症状が治るまでに数ヶ月の期間を要することがあります。

身体のクセが強く、症状を何年も放置してきた人は、筋肉や関節の問題を修正することによって、少しずつ症状を和らげることができます。

普段よりも楽に動ける、いつもより長く歩ける、といった小さな変化を積み重ねながら、症状の改善を目指します。

長く続いた神経痛がタダの体操で治った?

長く続いた神経痛がタダの体操で治った?

坐骨神経痛の症状が直ぐによくならないのは、身体がリラックスできない状態にあるからです。

リラックスしているつもりでも、身体に力が入っているということはよくあります。

このような問題は、体操をタダやっているだけでは解決することができません。

何も考えずに体操を続けていると、逆に神経を興奮させてしまい、症状を悪化させてしまうことがあります。

坐骨神経痛によいとされる体操を何でも真似してしまうのは危険です。特に症状が酷い方はご注意ください。

痛みを感じるようなケア内容は控えてください。

坐骨神経痛がでたら当院へご相談ください

沖縄県で坐骨神経痛がでたら当院へご相談ください

「そのうち治るだろう」と思っていても、なかなか良くならないのが坐骨神経痛の症状です。

坐骨神経痛の多くは、身体の緊張が原因で起きていますが、無意識に緊張しているものを自身で緩めることは困難です。

当院では興奮している神経にアプローチすることによって症状の早期改善を目指します。

  • 筋肉や筋膜を強く刺激されて症状が悪化した
  • リハビリを続けてもよくなる気配がない
  • 簡易的なマッサージや電気治療ばかりで変化が感じられない
  • ブロック注射が効かない
  • 手術をしても痛みが残っている
このようなご経験をされた方にも対応が可能です。

坐骨神経痛がここまで回復し大変驚いている

女性アイコン

(ご紹介者さん)杖をつかず歩行している姿を久々に拝見しました!

50代女性

おかげで坐骨神経痛は無くなりました

女性アイコン

足の痺れは無くなりました!(疲労部分を取り除くことで不調は消失)

20代女性

お世話になりました。坐骨神経痛もないです。

女性アイコン2

違和感、痺れもないです!(寝れないほどの坐骨神経痛がバランスを整えて楽に)

40代女性

ココに注意

臀部を強く刺激しないでください!

他院で臀部や股関節周囲の筋肉や筋膜を強くマッサージされて、症状を悪化させてしまう人が後を絶ちません。

身体をリラックスさせることで症状はよくなるのですが、患部への強い刺激は逆に身体の緊張を強めてしまいます。

施術中の痛みを我慢しても坐骨神経痛の症状はよくなるものではないのです。

※身体を緊張させる要因を先に取り除くことが大切です。

今現在、行なっている治療に効果が感じられないのであれば、治療内容が誤っている可能性があります。

坐骨神経痛の症状でお悩みの方は当院へご相談ください。

当院は最短での改善を目標にしています。無駄に長いカウンセリングや回数券の販売などは行っておりません。どうぞお気軽にお問い合わせください。

住所〒901-2125 沖縄県浦添市仲西2丁目1-17 パームハイツ103
休業水曜日
営業10:00~21:00(日曜・祝日は17:00まで)
予約098-876-4948(施術中は留守電対応)

お電話でのご予約・お問い合わせはこちら

ネット予約はこちら

  • この記事を書いた人

又吉陽平

職業 整体師「プロフィールはこちら」離島を含め県内全域のお客様を施術。「寝ることによって治る身体」を取り戻すお手伝いをしています。

© 2022 整体の操和【公式】沖縄で慢性的な痛みと症状を改善する Powered by AFFINGER5