疾患名一覧

坐骨神経痛

坐骨神経痛
最近、お尻から太ももにかけて痛みを感じていてイスに座るのも辛いです。これって坐骨神経痛なのでしょうか?
それでは、坐骨神経痛の特徴と簡単なチェック方法を説明しますね。

坐骨神経痛とは

坐骨神経痛とは

坐骨神経痛とは、腰から足にかけて伸びている坐骨神経が様々な原因によって圧迫・刺激されて現れる、腰から足にかけての痛みや痺れを指します。

人によって感じ方は異なりますが、歩行が困難になったり、座ることがつらく感じることが多く、腰からお尻、太もも、すね、足先など広い範囲で現れます。

医療機関でも正確な原因を特定できないケースが多く、長期的に悩む人が多いのが特徴です。

坐骨神経の場所

坐骨神経の場所

坐骨神経の場所を確認してみましょう。

坐骨神経は末梢神経の中で一番太く、長さは1メートルほどあります。総腓骨神経と脛骨神経に分かれ、腰椎から足の指まで伸びています。

何らかの理由で坐骨神経に圧迫が生じると、神経の通り道でもある臀部から下肢にかけて不調が起きやすくなります。

どの部分で神経の圧迫が起きているのかを確認することが大切です。

坐骨神経痛の原因

坐骨神経痛は何らかの問題によって神経に圧迫が起きている状態です。よくあるとされる原因についてをチェックしてみましょう。

  • ヘルニア、狭窄症について

実際に椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症といったものが神経を圧迫することもあるのですが、坐骨神経痛の多くは筋肉の過緊張によって起きています。

筋肉の問題はレントゲンやMRI検査では確認することができない為、医療機関では見逃されるケースが少なくありません。

筋肉の緊張を緩めてしまえば楽になるのですが、生活環境や身体のバランスが影響する為、解決するまでにはある程度の時間が必要です。

ヘルニアが原因の場合には、SLRという仰向けで片足を上げる検査で陽性反応がでやすくなります。
  • 梨状筋症候群について

上記イラストにもある梨状筋と呼ばれる筋肉に緊張が起きると、坐骨神経を圧迫し、不快感を招くと言われています。

坐骨神経痛の一般的な治療例としても、梨状筋のマッサージやストレッチなどが挙げられますが、殆どの方は効果を感じられないはずです。

臀部や大腿部の強い筋肉の緊張を一生懸命緩めようとしても、なかなかほぐれるものではありません。

筋肉は理由があって緊張しているのですから、先に原因となっている根本部分を見るべきです。坐骨神経痛がよくならないのは、このような問題を解決できていないからです。

何が原因で緊張しているのかは、当院独自のバランス検査法によって特定することができます。

当院においての坐骨神経痛の施術結果

坐骨神経痛で歩行が困難な状態が改善される

このように酷い状態でも、適切な施術を継続していくと良くなる可能性が高いです。

坐骨神経痛の感想1

女性アイコン

足の痺れは無くなりました!(疲労部分を取り除くことで坐骨神経痛は消失)

20代女性

坐骨神経痛の感想2

女性アイコン2

違和感、痺れもないです!(寝れないほどの坐骨神経痛がバランスを整えて楽に)

40代女性

早い段階で調整を行うと治りも早いのですが、身体の問題が多い方は適切なペースでの施術が必要になります。

医療機関で思うような結果が得られない方も是非、当院へご相談ください。

坐骨神経痛チェックリスト

坐骨神経痛チェックリスト

  • 腰から足にかけてが痺れている
  • 歩くと足が痛い
  • 前屈、又は後屈で痛みが走る
  • 座っていると段々と辛くなる
  • 仰向けになると足腰が痛い
どれかひとつでも当てはまる場合は坐骨神経痛の可能性があります。

坐骨神経痛は必ずしも手術が有効とは言えませんが、中には手術をした方が快復が早いケースや、誤ったケアによって坐骨神経痛を悪化させてしまうことがあります。

  • 下肢に力が入らないような麻痺や排尿障害などがある

このような場合には手術が必要です。

これまで、手術はしたくないという多くのお客さまの改善をお手伝いしてきましたが、麻痺が出ていたり、どんな体勢になっても全く痛みが引かないという方は、施術の範疇外と感じております。

当院の施術で対応ができないと感じた場合には、きちんとお伝えしています。
  • 臀部を強く刺激したことがある

坐骨神経痛の施術において注意したいのは、臀部を強く刺激するような施術は避けるということです。他院で臀部を強くマッサージされて症状を悪化させてしまっている方たちが度々来院されます。

筋肉の緊張を緩めるのに強い刺激は必要ありません。強い刺激はかえってストレスとなり、緊張の緩和を遅らせることになります。

余計なことをして症状を悪化させてしまった場合でもしっかり対応いたします。

坐骨神経痛を悪化させない為にも治療院選びは慎重に行いましょう。

まとめ

「そのうち治るだろう」と思っていても、なかなか良くならないのが坐骨神経痛です。

坐骨神経痛の多くは、筋肉の緊張、血流悪化、身体のバランスの問題から起きています。疲労を溜め込んだ結果によるものなので、日頃から適切なケアを行うことが大切です。

坐骨神経痛が酷くなってくると、治るまでに時間がかかってしまうことがあるので、できるだけお早めにご来院ください。

今現在、行なっている治療の効果が感じられないのであれば、アプローチの仕方が不十分だったり、内容が誤っている可能性があります。

当院では医療機関とは異なるアプローチによって問題を解決いたします。

痛み止め、ブロック注射が効かない、梨状筋をほぐしてもよくならない、他院で施術後に悪化してしまった、という方は是非、ご相談ください。

沖縄県で坐骨神経痛のご相談なら当院へ

お電話でのご予約・お問い合わせはこちら

ネット予約はこちら

  • この記事を書いた人
又吉陽平

又吉陽平

1978年生まれ。浦添市出身。2014年に操和を開業。お客様は県内全域から来院されます。twitterではセルフケア動画を紹介しています。

© 2020 【公式】沖縄の整体で慢性的な痛みと症状を改善する|整体の操和 Powered by AFFINGER5