対処方法

骨盤を正しく立てる方法

骨盤を正しく立てる方法

骨盤は上半身と下半身をつなぐ重要な骨組みです。骨盤の問題は全身に影響を及ぼすことがあり、様々な不調を招くことが考えられます。

骨盤を正しい位置に立てるには、どのように注意すればいいのかをまとめてみました。

骨盤を正しく立てるには

骨盤を正しく立てるには

骨盤は前傾、後傾のどちらでもない中間の位置におさまるのが理想と言われています。

見た目の問題だけではなく、身体に様々な不調を招くことになる為、骨盤を正しく立てることはとても重要です。

その際に最も気を付けなければならないのが筋肉の柔軟性です。筋肉が硬く収縮すれば骨を引っ張る力が働き、骨盤の位置がズレてしまうからです。

正しい姿勢を意識するだけでは不十分といえます。

骨盤を安定性させる

生活の中で感じる違和感のひとつとして、骨盤の安定性があります。

時々「私の骨盤はどう歪んでますか?」と質問されることがあるのですが、実は骨盤自体が大きく歪むということは殆どありません。

『歪んで見えている』と言うのが正しいのかもしれません。

例えば、大腿部の筋肉は骨盤の腸骨と呼ばれる部分に付着していて、この筋肉が強く収縮すれば、腸骨を下方へ引っ張る力が働き、骨盤が前方へ傾いてしまいます。

身体を横から見ると骨盤が前傾し、反り腰などの身体の歪みを確認できるようになります。

その際には、「骨盤が歪んでいますね」と指摘されるかもしれませんが、実際には骨盤が前方へ引っ張られているだけなので「骨盤自体が歪んでいる」ということではありません。

骨盤前傾タイプの場合

骨盤の写真

先ほど説明したように大腿部が緊張収縮すると、腸骨は前傾となり、骨盤を正しく立てることが難しくなってしまいます。

デスクワークや運転など、座る時間が長くなると大腿部の他にも、大腰筋と呼ばれる部分が収縮し、骨盤を前傾させる力が働きます。

ですから、座る時間が長い人は、これらの筋肉が原因で骨盤を立てられない状態に陥る可能性が高くなります。

このような骨盤前傾の問題を改善するのにおすすめなのが下記のストレッチです。

骨盤の修正方法1

1.片膝を付き、両手をベッドやイスの座面に乗せる
2.頭と上半身は斜め前方へ突き出すように伸ばす
3.腰が反らないように注意すること
(30秒を目安に3回行う)

骨盤の修正法2

1.足をクロスさせて手は後ろへ回す
2.上半身を傾けて伸ばす
(30秒を目安に3回行う)

骨盤後傾タイプの場合

大腿部の後面のハムストリングスと呼ばれる部分の収縮や、大腰筋の働きが弱くなってきた時に骨盤は後傾しやすくなり、骨盤を立てることが難しくなってしまいます。

骨盤の修正法3

1.椅子に座り、片足を低い台に乗せる
2.上半身を起こしながら前方へ傾けて伸ばす
3.腰が丸くなったり、膝が伸びないように注意する
(30秒を目安に3回行う)

腹式呼吸をすることによってお腹側の支える力を取り戻すことができます。息を吸って、お腹を大きく凹ませながら息をゆっくりと吐きます。これを10~20回ほど繰り返します。

骨盤を立てるメリット

骨盤を立てるメリット

骨盤は背骨と繋がります。骨盤が正しい位置に戻ると、背骨が整い、首や肩、背中といった不調にも期待ができます。他にも、血液循環の機能をよくし、疲れにくい身体を作ることも可能です。

また、妊娠中の人にとっては出産時のトラブルを軽減する為にもバランスを整えることが大切です。

妊娠中の骨盤

お腹が大きくなるにつれて腰や背部は緊張しやすくなり、こりやつっぱり感といった症状を感じやすくなります。

部分痩せ

例えば、骨盤が前傾に移動することによって、身体の重心は前方(つま先より)に移動します。つま先重心で立つと、大腿の前面の筋肉が緊張していることがわかります。

これでは太ももを常に鍛えているような状態となってしまい、脚が太くなりやすく、ダイエット効果が薄くなる可能性があります。

又、骨盤の前傾は、お腹を前に突き出した状態となってしまうことから、ウエストは自然と太くなってしまう傾向にあります。

施術を受けるだけで体重を落とすことは難しいのですが、ダイエット効果を促進するお手伝いは可能です。(あくまでもご本人の努力あっての変化とお考えください)

生理痛の軽減

生理痛と骨盤のバランスは密接な関係があるといわれます。

骨盤にある仙骨という骨へのストレスは、骨盤の内側にある靭帯のバランスに影響します。靭帯が一方向に引っ張られ不安定な状態を作ってしまいます。

血流が悪くなることで痛みや炎症を引き起こすことが考えられます。

まとめ

骨盤には前傾タイプと後傾タイプがあり、いずれも筋肉と深い関りがあります。単純に座り方や姿勢を意識するだけでは改善することができません。

骨盤を立てる際には、緊張した部位を緩和させることが大切です。日頃から収縮した筋肉を伸ばすように心がけ、骨盤を正しいポジションでキープできるように努めましょう。

沖縄県で骨盤を立てる

お電話でのご予約・お問い合わせはこちら

ネット予約はこちら

  • この記事を書いた人
又吉陽平

又吉陽平

1978年生まれ。浦添市出身。2014年に操和を開業。お客様は県内全域から来院されます。twitterではセルフケア動画を紹介しています。

© 2020 【公式】沖縄の整体で慢性的な痛みと症状を改善する|整体の操和 Powered by AFFINGER5