朝腰が痛くて起き上がれない時の解決策

朝腰が痛くて起き上がれない時の解決策

朝腰が痛くなる原因は、筋肉の緊張(硬さ)にあります。

この記事では、朝起きると腰が痛い人におすすめのメソッドや、起き上がれない時の対処法を解説しています。

寝起きの不快感を軽減したい方は是非、ご参考ください。

寝起きに腰が痛くなるわけ

寝起きに腰が痛くなるわけ

朝腰が痛くなる方の多くは、睡眠時にリラックスができず、筋肉を硬く緊張させている状態です。

筋肉が緊張した状態で起きようとすると、腰の関節にかかる負担が大きくなり、痛みを感じやすくなります。

質のよい睡眠がとれず、朝に疲労が残ったり、目覚めがすっきりしないといった悪循環を招くことも少なくありません。

普段からリラックスを心がけることが大切です。

マットレスの問題

柔らかすぎるマットレスを使用していると、身体が固定されやすく、腰部の緊張が増す傾向にあります。

へたりが出てくると身体が沈み込んでしまいますので、マットレスは適切なタイミングでの交換をおすすめします。

低反発マットレスには特にご注意ください。

枕の問題

「枕が合っていない」と感じる方が多いようですが、筋肉の緊張が強い状態では、なかなか自分に合う枕は見つかりません。

オーダーメード枕を作っても寝心地が改善されないのは緊張状態が残っているためです。

朝起き上がれないときの対処法

朝起き上がれないときの対処法

朝起きると腰が痛い人に有効な対処法は、身体を起こす前に関節の動きを円滑にすることです。

セルフケアで可動域、柔軟性の問題を解決すると、腰痛のリスクを軽減することができます。

今回はベッドの上で簡単にできるセルフケアを3つ紹介します。

顔を洗ったり、靴下を履く時に感じる痛みにも有効です。是非、お試しください。

関節の動きを円滑にする

起床時は筋肉が硬く緊張している状態です。身体を無理に動かそうとすると、腰を痛めるリスクが高まりますので、できる範囲内で行ってみてください。

痛みを我慢しながら行うものではありませんのでご注意ください。

腰の動きを円滑にするケア1

ポイント

・先に痛みのない方向、楽な方向へ倒します。
・全身を脱力させながら行うのがポイントです。10秒×3回。
・全身をリラックスさせることができると反対側へ倒す動作が楽になります。
・楽な方を選択し全身を脱力させるのがポイントです。

腰の動きを円滑にするケア2

ポイント

・足の甲や足首などを掴み、太ももの筋肉を伸ばします。
・先に抵抗が少ない足を伸ばします。30秒×2回
・反対側の足は1回だけ行います。
・膝に痛みがある方はお控えください。

腰の動きを円滑にするケア3

ポイント

・お尻をかかとに近づけるようにして伸ばします。
・背中と腰がなるべく反らないように注意しましょう。
・腰を丸めることで不快感がある場合は中止してください。

足腰の筋肉を柔らかくすると、関節の動きが円滑になり、身体を起こしやすくなります。

就寝前にも行うと更に効果的です。

起き上がる手順を守る

一旦、横向きの体勢になり、肘や腕を使って上半身を支えながら起き上がると、腰の負担を大きく軽減することができます。

最初は面倒に思うかもしれませんが、とても大切なことなので習慣化しましょう。

朝起きる際に足の反動を使って起きようとする人がいますが、このような起き方は、腰への負担が大きく、症状を悪化させてしまうことがあります。

まとめ

朝腰が痛くなる人の多くは身体のケアが圧倒的に不足しています。筋肉が硬くならないように日頃からケアに取り組むことが大切です。

以上、朝腰が痛くて起き上がれない時の解決策でした。

沖縄県で朝が辛くてお困りなら当院へご相談ください。

お電話でのご予約・お問い合わせはこちら

ネット予約はこちら

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
又吉陽平

又吉陽平

職業 整体師「プロフィールはこちら」離島を含め県内全域のお客様を施術。「寝ることによって治る身体」を取り戻すお手伝いをしています。

© 2022 整体の操和【公式】沖縄で慢性的な痛みと症状を改善する Powered by AFFINGER5