対処方法

朝腰が痛くて起き上がれない時の解決策

朝起きたら腰が痛い人への解決策

朝腰が痛い人の多くには身体の歪みを確認することができます。歪みは就寝中の筋肉の緊張や血行不良を招きやすく、痛みを増長させます。

この記事では、朝腰が痛くなる人への効果的なケア方法や身体を起こす際のポイントなどをわかりやすく解説しています。

朝の不快感を軽減したい人は是非、ご参考ください。

朝腰が痛くても簡単に起き上がれる方法

朝腰が痛くても簡単に起き上がれる方法

朝腰が痛い人が注意すべき点は、身体を急に起こさないことです。

硬くなっている筋肉を無理に動かそうとすれば、腰を痛めるリスクが高まります。

身体を起こす際には、就寝中に硬くなった筋肉を一旦緩めてから、起き上がることが大切です。

又、起き上がる際には、なるべく腰に負担を与えないような起き方を実践しましょう。

それでは、起き上がる際のポイントを詳しく解説していきます。

起き上がる前に動きを円滑にする

3つのストレッチによって、就寝中に硬くなった筋肉を緩めてから、起き上がるようにしましょう。

長時間、同じ姿勢で仕事をされる方は強い伸び感を感じるかもしれません。股関節に痛みがある方は無理はしないようにお気をつけください。

筋肉は気持ちよく伸ばすのがポイントです。痛みを我慢しながら行うものではありません。

腰の動きを円滑にするケア1

ポイント

・寝た状態で両膝を立てます。
・先に痛みのない方向へゆっくり倒します。
・気持ちよく筋肉を伸ばすのがポイントです。
・伸び感がなくなるまでキープしましょう。

気持ちよく伸ばすことができたら、反対側も伸ばしましょう。伸び感がなくなれば、腰部の緊張は緩和されています。

身体を捻じりながらの作業や座り癖がある方、寝返りを殆どしない方は緊張しやすい部分となります。

腰の動きを円滑にするケア2

ポイント

・横向きに寝て行います。
・足の甲や足首近くを掴み、太ももの筋肉を伸ばします。
・筋肉の緊張が強いと膝を曲げることが困難に感じます。
・30秒×2回

太ももの筋肉が硬くなることによって骨盤のバランスが悪くなり、腰への負担が強くなります。

就寝時には特に硬くなりやすい部分なので両足ともしっかりと伸ばすようにしましょう。

腰の動きを円滑にするケア3

ポイント

・お尻をかかとに近づけるようにして伸ばします。
・背中と腰がなるべく反らないように注意しましょう。

腰を丸めることで不快感がある場合は直ちに中止してください。

足腰の筋肉を柔らかくすると、腰の動きは円滑になり、身体を起こしやすくなります。無理のない範囲で継続してみてください。

上記の内容は就寝前にも行うと腰痛対策としての効果があります。

負担の少ない起き上がり方を実践する

負担の少ない起き上がり方を実践する

朝起きる際に足の反動を使って起きようとする人がいますが、このような起き方は、腰への負担が大きく、症状を悪化させてしまうことがあります。

一旦、横向きの体勢になり、肘や腕を使って上半身を支えながら起き上がると、腰の負担を大きく軽減することができます。

最初は面倒に思うかもしれませんが、とても大切なことなので習慣化しましょう。

朝、起き上がれなくなる訳とは

朝、起き上がれなくなる訳とは

朝腰が痛くなる原因は筋肉の疲労です。

普段から身体を動かさない、重たい物をよく持つ、同じ姿勢になることが多い。

このような習慣によって筋肉は疲労を起こし、その結果、身体のバランスは悪化します。

身体のバランスが悪くなると、筋肉には余計な力が入りやすく、悪循環を招きます。

筋肉が硬くなると腰の痛みは起きやすくなります。

例えば、顔を洗ったり、靴下を履いたりする時に、前屈みの姿勢で腰が痛くなることがありますが、これも筋肉の強い緊張があって起きる現象です。

このような問題を解決するには、上記で述べたように身体のケアや動作を意識しながら生活していくことが大切です。

布団やマットレスの問題?

柔らかすぎるマットレスは腰の緊張を招きやすく、あまりおすすめできません。

敷き布団やマットレスがへたってくると、疲れが取れにくくなることがよくあります。寿命がきたと感じたら交換するようにしてください。

自然な寝返りが減ると、朝腰が痛くなる頻度が高くなります。

枕の問題?

起床時に身体が痛くなると「枕が合っていないのでは?」と感じる方が多いようです。

実際に枕の問題によって身体が痛くなることもありますが、歪みがある人はそもそも身体に合う枕が存在しません。

オーダーメードで枕を作っても寝心地が改善されないのは、歪みによる筋肉の緊張を改善していないからです。

身体に歪みがある場合には、計測を行なっても良い枕を作れるはずがありません。

枕の問題は本当に難しいのですが、こちらの記事を参考に負担の少ない寝方を探してみてください。

腰痛時の楽な寝方
腰痛時の楽な寝方

続きを見る

まとめ

普段から身体のケアを行なうことの重要性がお分かりになったかと思います。朝腰が痛くなる人の多くは身体のケアが圧倒的に不足しています。

身体の問題を長く放置すれば症状を悪化させてしまう可能性があります。

身体のケアや腰を痛めない起き方などを心がけ、問題の改善に努めましょう。

上記のケア内容はベッドの上でも簡単に取り組むことができます。是非、毎朝継続してみてください。

以上、朝起きたら腰が痛い人への解決策でした。

沖縄県で朝腰が痛くてお困りなら当院へご相談ください

お電話でのご予約・お問い合わせはこちら

ネット予約はこちら

  • この記事を書いた人
又吉陽平

又吉陽平

1978年生まれ。浦添市出身。2014年に操和を開業。お客様は県内全域から来院されます。twitterではセルフケア動画を紹介しています。

© 2020 【公式】沖縄の整体で慢性的な痛みと症状を改善する|整体の操和 Powered by AFFINGER5