下半身の症状

椎間板ヘルニア

更新日:

椎間板ヘルニア

病院でヘルニアが見つかっても、痛みやしびれといった症状は、手術の必要性がないケースが多々あります。ヘルニアになってしまった原因を理解し、必要なケアを継続していくと、大半の症状は手術をしなくても楽になります。

痛みやしびれで困っている、手術は避けたいとお考えの方は是非、ご参考ください。

椎間板ヘルニアは姿勢や動作の負担でなりやすい

椎間板ヘルニアは姿勢や動作の負担でなりやすい

椎間板ヘルニアとは、背骨の椎骨と椎骨の間でクッションの役割を果たしている椎間板が変性し、組織の一部が飛びだすことをいいます。

飛びだした椎間板の一部が付近の神経を圧迫し、腰や足に激しい痛みやしびれなどの症状を起こすと言われています。

ヘルニアは何らかの理由で椎間板に負担がかかり起きてしまいます

例えば、一日の中で座る時間が長かったり、中腰や前屈みでの作業を繰り返していると、椎間板にかかる負担は大きなものとなりヘルニアを招きやすいといえます。(立っている時の2.5倍の負担になる)

多くの場合、手術は不要

ヘルニアが原因とされる症状は手術後に再発したり、悪化するケースが度々報告されています。

痛みや痺れの症状はヘルニア以外でも起こりますので、手術をすれば必ずよくなるものではありません。ヘルニア自体も手術がなくても、自然とよくなるケースが多いです。

何でもヘルニアの問題だと決め付けてはなりません。

身体の歪みや筋肉の問題が原因となっている場合には、病院の治療方法では殆ど効果を感じられないことがあります。

注意するポイント

症状が進行すると足先の感覚がなくなることも。麻痺を確認できるケースでは手術をした方が早く回復する傾向にあります。

手術が必要な場合と、そうでない場合を適切に判断することが大切です。

椎間板の負担を軽減するには

ヘルニアの早期改善を目指すには、身体の歪みを整え、椎間板にかかる負担を軽減することが求められます。

例えば、背中の筋肉が収縮すると上下の背骨が近づくようになり、背中や腰が反るような歪みが見られることがあります。この背中の反りが強くなればなるほど、椎間板の負担は大きなものとなってしまいます。

(逆に腰を丸めた状態が長く続いても、椎間板にかかる負担は大きくなり同様のことが起こる可能性がある)

椎間板にかかる圧が高ければ、やがて椎間板は押しつぶされたり、収まりが悪くなって飛び出すことが考えられます。

疲労を溜め込みすぎたり、長時間、同じ姿勢を続けることはヘルニアが生じるきっかけとなってしまいます。筋肉を適切にケアすることによって椎間板にかかる負担を軽減していくことが早期改善に繫がります。

ヘルニアでも整体が有効なケースは9割

ヘルニアでも整体が有効なケースは9割

当院の整体例を紹介します。

軽度のヘルニアとしびれ

整形外科で軽度のヘルニアと診断された男性。

時々、腰を動かせないくらいの痛みがあり、足先にはしびれが現れているそうです。

動作の確認をしてみると、腰を丸める動作では痛みが強くなり、逆に腰を反らす動作では気持ちの良い感覚があるようです。腰を捻転させた時には左側への動作に制限がありました。

頸、脊柱に歪みが見られ、右足が左足と比べると1.5センチほど短くなっています。両方の膝裏にこりがあり(身体のバランスの崩れは膝裏にこりが現れる)左の大腿部に強い緊張が確認できます。

以前、ケガで足首を曲げる動作ができない時期があったようで、足部にも問題を起こしているポイントがあるのではないかと判断しました。

つま先を下げる動き(足首の可動のチェック)では膝裏のこりが消失することが確認できました。両方の足の裏に自分の手をあて、ぶれないよう支えをつくり、ゆっくりと足裏を踏み込むように誘導します。

腰部のあたりに感覚のよさがでてくることがわかり、屈曲の動作を確認してみると、腰痛が軽減、前に曲げる動作が楽にできるようになりました。

次に、かかとをゆっくりと伸ばします。(大腿部の緊張を取り除く為)伸ばしやすい足の踵に補助抵抗を加えながら身体を誘導します。この動きにも腰部を中心に良い感覚があるとのことでした。

しばらくすると股関節のつまり感が消失。膝裏のこりもなくなり、足が軽くなりました。

右の足首に抵抗を加え、楽な方へ捻る動きを誘導し(股関節と足首の調整)少し動いたところで抵抗を加えると身体全体が連動します。

腰を捻ったときの制限はなくなり、動作にも安定感がでてきました。

レントゲンの診断だけでは痛みの本当の原因はわかりません。今回のケースでは筋肉の問題が身体の歪みを引き起こし、痛みを発生させていることがわかりました。

頚椎ヘルニア

病院で頚椎にヘルニアがあると診断された女性。

首が痛いという女性には、首の後ろに大きなこりを確認することができ、それを押すと嫌な痛みを感じるようです。肩甲骨にも強い痛みが表れるポイントを確認できました。

首や肩が痛いと言っていても原因は別の部分にある場合が殆どです。気になった足部から調整を行うことにしました。

膝裏を探ってみると、はっきり大きなこりが両足に確認できます。軽く押さえただけでもかなり痛い様子です。

左手をバンザイすると膝裏のこりは消失。身体全体が繋がっていることがわかります。

左腕を優しく補助しながら気持ちよく伸ばすと、こり固まった部分が緩み、身体のバランスはよくなることが多いです。調整を行うと膝裏のこりは綺麗に消えてなくなりました。

うつ伏せになって膝を曲げて踵をお尻に近づけてみると、片方の足には違和感があります。曲げると窮屈なので逆に伸ばしていくように調整を行いました。

3回繰り返すと身体が柔らかくなり、かかとが楽にお尻につくようになり、腰と肩甲骨、首のこりが消失したのを確認。症状が楽になりました。

ヘルニアと診断されても筋肉の調整で身体のバランスが整うと痛みがよくなることが多いようです。

椎間板ヘルニア口コミ1

椎間板ヘルニア口コミ2

まとめ

ヘルニアの手術が必要なケースは全体の1割ほど。殆どの症状は、身体の歪みや筋肉の問題から起きます。

椎間板への負担を軽減することがヘルニアの予防につながります。筋肉の働きを正常に戻せるように努めましょう。

痛みやしびれでお困りの方のご相談お待ちしております。

  • この記事を書いた人
又吉陽平

又吉陽平

2014年に整体の操和を開業。自身の不調の経験から同じような悩みを持つ方たちの力になりたいと想い日々研鑽を積んでいます。

Copyright© 【公式】沖縄の整体で慢性的な痛みと症状を改善する|整体の操和 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.