症状チェック

頭痛

頭痛

こんな方におすすめ

  • 疲れると頭痛がでやすい
  • なるべく頭痛薬には頼りたくない
  • 吐き気のある頭痛に悩んでいる
  • 眼精疲労による頭痛
  • 薬物乱用頭痛がある

身体の歪みや筋肉の緊張を緩和することで頭痛のお悩みを解消できる可能性があります。

整体で頭痛を解消したいとお考えの方はご参考ください。

頭痛の種類

頭痛の種類

頭痛にはいくつかの分類がありますが、慢性頭痛に対しては整体が有効なケースが多いのですが、中には大きな病気が関連するような怖い頭痛もあります。

自身のタイプを知ることで頭痛の改善を目指しましょう。

頭痛は、脳腫瘍、髄膜炎、脳炎、クモ膜下出血や脳卒中など脳や頭部の病気の症状として出てくる頭痛(症候性頭痛、二次性頭痛)と、他に病気が隠れているのではなく、頭痛(発作)を繰り返す(持続する)ことが問題である慢性頭痛症(一次性頭痛)に大別されます。

一次性頭痛には片頭痛、緊張型頭痛、群発頭痛などがあります。頭痛の分類と診断は国際頭痛学会の分類と診断基準第2版に沿って行います。

参考:頭痛-日本頭痛学会

緊張型頭痛

緊張型頭痛頭痛を感じる人に最も多いと言われるのが、緊張型頭痛です。緊張型頭痛は、デスクワークなどによって筋肉が硬くなり、神経への刺激や血流の悪化によって起きやすくなります。

締め付けられるような重苦しい頭痛が毎日のように続く

頭部から首や肩、背中にかけての筋肉の緊張(こり)から頭痛が現れることが多くなります。

緊張型頭痛にも『反復性緊張型頭痛』と『慢性緊張型頭痛』と分別でき、症状の感じ方がそれぞれ異なります。

中には体を動かすと頭痛がひどくなったり、ズキン、ズキンと拍動性の痛みを感じたり、光や音に過敏になるといった、『片頭痛』に似た症状を訴える人もいます。

偏頭痛

偏頭痛偏頭痛(片頭痛)では、ズキズキとした拍動性の痛みが主にこめかみから目のあたりに現れます。

寝込んだり、何もできない、じっとしていたいといった症状。

発作的な痛みと表現され、痛みは4時間~数日間と続きます。痛みが起きると、光や音、においに敏感になります。(1か月に6回程度の発作と定義)

原因がわかりにくい点がありますが、緊張型頭痛と同様に心身のストレスを軽減することで症状が緩和できる可能性があります。

群発頭痛

群発頭痛ある一定の時期に集中して起こる頭痛です。強烈な発作で、いざ起こってしまうと薬以外の対処法がないと言われています。

じっとしていられない、頭を抱えて転げまわるなどの症状が現れる。

二次性頭痛

病気や衝撃によって起きる頭痛を二次性頭痛と言います。その特徴として、これまでにない酷い頭痛を訴える人が多いです。

これまでに経験がないような酷い頭痛や、発熱、手足の麻痺やしびれを伴うような場合には至急、脳神経外科、又は脳神経内科を受診してください。

数週間内に頭痛が悪化してくる場合には、脳腫瘍や慢性硬膜下血腫などの可能性があるので注意が必要です。

脳梗塞

脳梗塞で頭痛をともなう人は全体の3分の1程度。頭痛は比較的軽い。

脳出血

出血した部位にできる血腫が周囲の血管や神経を圧迫し頭痛が起こる。

くも膜下出血

脳の表面を走る血管にできた動脈瘤が破裂し、くも膜と脳の間に出血。突然、ハンマーで殴られてような激痛が起きる。

脳腫瘍

頭痛の特徴は進行性で早朝や覚醒時に起きやすいと言われる。

髄膜炎

いきなり髄膜炎になることは殆どなく、先ず帯状疱疹という形で現れる。頭頂部にピリピリとした痛みを感じ、片頭痛と間違えられやすい。

低髄液圧症候群

交通事故でのむち打ち症やスポーツ時の外傷などによって、脳の脊髄液が漏れ、髄液圧が低下し、頭痛が生じる。

外傷後の出血

頭部を強打した場合に現れるのもので、急性のものと慢性のものがある。いずれも緊急治療を要する。意識障害、頭痛、頭重感、半身麻痺などがあり、認知症と間違われることがあるが、MRI検査で直ぐに判断できる。

頭痛の原因

頭痛の原因片頭痛の原因は脳の血管の異常です。脳の血管は神経伝達物質のセロトニンによって安定が保たれています。何らかの原因でセロトニンが大量放出されると、脳の血管は収縮します。

セロトニンが出尽くしてしまうと、今度は反動により脳の血管が急激に拡張されます。それが刺激になり、血管周囲にある三叉神経から発痛物質が放出され炎症が起こります。

女性ホルモンと関連があるため女性に多く、20~40代女性に起こりやすいとも言われています。普段から身体を動かすことが少なく、寝ても疲れがとれない方にでやすいようです。

頭痛薬を服用する頻度が多い

頭痛薬の間違った服用の仕方によって発症する頭痛を『薬物乱用頭痛』といいます。

薬が短時間しか効かず、服用回数を増やしてしまうと頭痛が悪化します。依存性を引き起こす成分によって薬物依存が起こっている状態です。

薬を過剰に摂取するのは身体によくないと思いつつも、不安感からついつい手を出してしまいます。

薬物乱用頭痛の特徴

1.特定の部位ではなく、頭全体がズキズキと拍動性に痛む

2.頭痛発作が1か月に15日以上あらわれる

3.無力症、悪心、そわそわ、記憶障害、集中できない、うつ傾向、快感消失などの症状をともない、日常生活に支障が生じている

4.薬に対する耐性により、同量で効果を得られなくなる

5.薬を摂取したいという強い欲求や切迫感が起こり、止めると離脱症状があらわれ、更に服薬量が増える

6.ごくわずかな身体的、精神的ストレスで頭痛が頻繁にあらわれる

頚椎の問題

頭痛がなかなかよくならない理由のひとつが、頚椎(首の骨)のバランスです。(顔を捻ったり、左右に倒した時に、痛みや引っ掛かり感のある方は頚椎の歪みが疑われます)

頚椎の問題は吐き気を生じるような深刻な頭痛の原因になることがあり、首や肩がこりやすくなったり、目の奥の痛み、かすみ目、鼻づまり、不眠などの症状を招くことがあります。

腕や足部などの問題によって頚椎のバランスが悪くなることが多い為、首だけを調整しても歪みの問題を解決することはできません。

上記でも説明した通り、首から背中にかけて緊張を放置し続けると、血流の悪化から頭痛を招きやすくなります。

当院の整体では、このような問題の解決を得意としています。吐き気のある頭痛でも、身体の問題を解決できると高い確率で改善しやすくなります。

施術を受けてから偏頭痛は起こらなくなりました。

誘発する因子

頭痛を誘発する因子を上手に避けて予防しましょう。ちょっとした工夫で痛みを最小限に抑えることも可能です。

誘発する食べ物

アルコール類(特に赤ワイン)、カフェインの多く含まれる食べものや飲みもの(チョコレート、コーヒー、緑茶、ジャスミンティー、紅茶など)、防腐剤が多く含まれているもの(ハム、ソーセージ、サラミなど)

食事をしっかり摂る

空腹になると血液中の血糖値が下がります。低血糖により脳への糖分の供給が不足し、頭痛発作が起きやすくなります。なるべく空腹にならないように心がけましょう。

寝不足、寝過ぎにも注意する

睡眠をしっかりとって、疲労やストレスをなるべく蓄積させないように気をつけます。又、寝過ぎにより睡眠リズムが狂うことで、頭痛を引き起こすケースもあるようです。規則正しい生活することが大切です。

ストレスをためこまない

緊張時間が長いほど、身体への反動は大きくなると考えます。ちょっとしたストレスでも頭痛やめまいなどの症状を引き起こしやすくなります。活動と休息のバランスを見つめ直しましょう。

水を飲む

こまめに水分補給できるように心がけましょう。水を飲むことで頭痛が治まるケースもあります。

まとめ

慢性頭痛の多くは整体での改善が可能です。医療機関の検査で大きな問題がない頭痛でお困りの方はご相談ください。

自分では気づかない身体の歪みや筋肉の緊張を整えることによって、頭痛の改善を目指しましょう。当院の整体が気になる方はメニューの項目からご確認ください。

沖縄県で頭痛のご相談は

お電話でのご予約・お問い合わせはこちら

ネット予約はこちら

  • この記事を書いた人
又吉陽平

又吉陽平

1978年生まれ。浦添市出身。2014年に操和を開業。お客様は県内全域から来院されます。twitterではセルフケア動画を紹介しています。

© 2020 【公式】沖縄の整体で慢性的な痛みと症状を改善する|整体の操和 Powered by AFFINGER5