疾患名一覧

四十肩・五十肩

四十肩・五十肩

四十肩・五十肩では、生活に支障がでるようになり、問題の解決までに時間がかかってしまうことが多いです。快復に必要なことを知り、快復に努めましょう。

四十肩・五十肩とは

四十肩・五十肩とは四十肩、五十肩とは、肩が痛んで関節の動きが悪くなる病気です。正式名称を「肩関節周囲炎」、「凍結肩」とも呼びます。

四十肩・五十肩は、肩関節の激痛と運動制限を主訴とし、自然治癒するものと定義されています。

四十肩・五十肩の病期

激痛が発生する急性期と、痛みは和らいでも可動域に制限が残るといった慢性期、徐々に改善を見せる回復期が存在し、時期によって痛みの質や要因が異なります。

急性期慢性期回復期
~1か月1~3か月3か月~
炎症性疼痛が中心炎症性疼痛は軽減炎症性疼痛はほぼ消失
疼痛による運動制限拘縮による運動制限運動制限が軽減し、可動域が拡大する
安静時痛、運動時痛、夜間痛など夜間痛
安静が重要な時期疼痛が少ない範囲内で関節運動を行う時期積極的に関節運動を行う時期

急性期

急性期では炎症の存在により、疼痛を誘発するテストで陽性となります。関節周辺に生じた炎症が肩峰下骨膜包、腱板、腱板疎部、上腕二頭筋長頭腱などに波及し、運動障害、夜間痛発症の引き金となります。

(局所注射や消炎鎮痛剤によって、炎症が沈痛化すると症状は快復することが多い)

慢性期

慢性期では炎症は落ち着いてきますが、拘縮性の運動障害を認めるようになります。肩峰下骨膜包、腱板、腱板疎部、上腕二頭筋長頭腱などの情報組織に癒着が生じると、関節可動制限だけではなく、肩峰下圧の上昇に起因した夜間痛の発症の引き金となります。

回復期

回復期では肩関節周辺組織に生じた拘縮が徐々に寛解します。組織間の滑走性や柔軟性が改善すると、運動痛や夜間痛が軽減され、徐々に回復することになります。

※病期分類できない混在期では、軽い刺激でさえ炎症が再燃することもある為、的確な操作と対応が求められます。

四十肩・五十肩の原因

関節を構成する骨、軟骨、靱帯や腱などが老化して肩関節の周囲に組織に炎症が起きることが主な原因と考えられています。

肩関節の動きをよくする袋(肩峰下滑液包)や関節を包む袋(関節包)が癒着するとさらに動きが悪くなります(拘縮または凍結肩)。

参考:五十肩(肩関節周囲炎)-日本整形外科学会

四十肩・五十肩の症状には、肩以外の問題が絡んでいるケースが多くあります。肩が痛いからといって四十肩・五十肩の問題だと決めつけてしまうのは危険です。

肩以外の問題

肩の酷使や老化現象が該当しないケースにも四十肩・五十肩の問題は現れます。

ワンピースを着ている女性を想像してみてください。スカートの裾を引っ張ると上のほうの首や肩にまで窮屈さを感じることが想像できると思います。

実は身体にもこのような状況が起きていて、足の筋肉の緊張が上半身の筋肉へ影響を与えていることがあります。

腕の緊張や、下肢の緊張、関節が硬い、前屈や後屈のどちらかが苦手、あるいは開脚することが苦手といった人が四十肩・五十肩になりやすいといえます。

肩だけを治療してもよくならないのは、このような問題を見ていないからです。

腱板断裂

腱板は上腕骨と肩甲骨を繋ぐ腱で、小さな断裂を含めると、50歳以上では半数が伴うとされています。

発生には、重たい物を持ったり、打撲などをきっかけに断裂するケースと、日常生活の中で自然に断裂するケースがあり、適切な治療が必要になります。

自然にはよくならず、肩に力が入らない状態がずっと続くことになります。

日常生活での動作

時々、激痛を我慢して肩を動かそうとする人がいますが、肩を無理に動かしても快復が早くなるというものではありません。

特に筋肉に緊張が残っている状態で筋肉をストレッチさせてしまうと、激痛が現れることもあるので注意が必要です。

日常生活においても手や腕を使わないという人は殆どいませんので、手を動かすことで肩周りの筋肉は緊張しやすくなってしまいます。

逆に安静にしていても、腕を支える肩の筋肉は働いており、なかなか緊張が緩まない傾向にあります。激痛で横になれずに寝られなくなる人が多く、悪循環を招くことが考えられます。

就寝中に夜間痛を強く感じる場合には、枕やクッションを使い楽な体勢を探すように心がけましょう。三角巾やアームストラップを使用すると、楽になることがあります。

 当院での四十肩・五十肩の施術内容

五十肩の施術前後の様子です。

四十肩・五十肩の感想メール

女性アイコン

左肩がびっくりするくらいよくなりました!

浦添市女性

検査をすれば判断はできるのですが、

腕を水平の位置まで挙げると肩も一緒に動く、
夜間痛がある、
腕にしびれがある、

といった状態では、快復までに時間がかかる傾向にあります。

じっとしている時には問題ない、
一定方向に動かした時にだけ痛む、
可動域の違和感程度、

このような内容であれば、比較的に短い期間で楽になることが多いです。四十肩・五十肩でお悩みでしたら、当院へご相談ください。

まとめ

身体全体のバランスを整えると、肩の筋肉が緩みやすい状態をつくることができます。肩だけをマッサージをしたり、鍼を刺しただけでは関節の可動域を取り戻すのに時間がかかってしまいます。

また、身体全体の問題に取り組まなければ、疼痛が引いても再発する可能性は高くなります。四十肩・五十肩を繰り返してしまう人が多いのは、根本的な問題を解決していないためです。

沖縄県で四十肩・五十肩のご相談は当院へ

お電話でのご予約・お問い合わせはこちら

ネット予約はこちら

  • この記事を書いた人
又吉陽平

又吉陽平

1978年生まれ。浦添市出身。2014年に操和を開業。お客様は県内全域から来院されます。twitterではセルフケア動画を紹介しています。

© 2020 【公式】沖縄の整体で慢性的な痛みと症状を改善する|整体の操和 Powered by AFFINGER5