適応症状について

四十肩・五十肩

更新日:

四十肩・五十肩

腕を上げると痛い、肩がこわばっている、自由に動かせない、寝るときが痛む、

四十肩・五十肩になると、このような問題に悩むようになり、生活に支障がでてきます。肩の痛みの原因を知り、症状の快復に必要なことを知りましょう。

四十肩・五十肩の症状が長引くのは何故?

四十肩・五十肩の症状が長引くのは何故?

関節を構成する骨、軟骨、靱帯や腱などが老化して肩関節の周囲に組織に炎症が起きることが主な原因と考えられています。

肩関節の動きをよくする袋(肩峰下滑液包)や関節を包む袋(関節包)が癒着するとさらに動きが悪くなります(拘縮または凍結肩)。

引用:五十肩(肩関節周囲炎)-日本整形外科学会

四十肩・五十肩は、強い痛みが発生する急性期と、痛みは和らいでも可動域に制限が残るといった慢性期に分けられており、医学的には何故、症状が現れてしまうのかは解明されていません。

一見、肩だけの問題のようにも思えますが、実際には肩周囲の治療を行ってもなかなか良い結果にならないことが殆どです。

肩を酷使するような行動をしていない場合にも四十肩・五十肩の症状が現れるということに注目し、対策を行なっていく必要があります。

四十肩・五十肩の原因は?

肩の悩みを持つ多くの方にみられる身体的な特徴は、肩関節だけではなく、身体全体が硬いということです。

ワンピースを着ている女性を想像してみてください。スカートの裾を引っ張ると上のほうの首や肩にまで窮屈さを感じることが想像できると思います。

実は身体にもこのような状況が起きていて、足の筋肉の緊張が上半身の筋肉へ影響を与えていることがあります。

腕の緊張や、下肢の緊張、関節が硬い、前屈や後屈のどちらかが苦手、あるいは開脚することが苦手といった人が四十肩・五十肩になりやすいといえます。

肩周囲だけを治療してもよくならないのは、このような原因を見ていないからです。

ココがポイント

肩周りの硬さは肩以外の問題によって引き起こされている

四十肩・五十肩の回復期間はどれくらい必要?

四十肩・五十肩の回復期間はどれくらい必要?

四十肩・五十肩を改善する為には、肩だけでなく身体全身を整える必要があります。よって、完全によくなるまでには、時間がかかってしまうことがあります。

検査をすれば判断はできるのですが、

腕を水平の位置まで挙げると肩も一緒に動く、
夜間痛がある、
腕にしびれがある、

といった状態では、時間がかかる傾向にあります。

じっとしている時には痛みがない、
一定方向に動かした時にだけ痛む、
痛みはないけど違和感が残る、
痛みはないが可動域の制限がある、

このような内容であれば、比較的に短い期間で楽になることも多いです。

四十肩・五十肩では無理な運動は厳禁、快復を早めるポイントとは

四十肩・五十肩では無理な運動は厳禁、快復を早めるポイントとは

時々、痛みを我慢して肩を動かそうとする人がいますが、肩を無理に動かしても快復が早くなるというものではありません。

特に筋肉に緊張が残っている状態で筋肉をストレッチさせてしまうと、強い痛みが現れることもありますので注意が必要です。

日常生活においても手や腕を使わないという人は殆どいませんので、手を動かすことで肩周りの筋肉は緊張しやすくなってしまいます。

逆に安静にしていても、腕を支える肩の筋肉は働いており、なかなか緊張が緩まない傾向にあります。強い痛みで横になれず、寝られなくなる人も多く、悪循環を招くことが考えられます。

就寝中に痛みが強く感じる場合には、枕やクッションを使い楽な体勢を探すように心がけましょう。痛みが強い場合には三角巾やアームストラップを使用すると、楽になることが多いです。

四十肩・五十肩の施術例

肩の痛みを招きやすい身体のある特徴に対してアプローチを行ないます。

五十肩の施術前後の様子です。

動画のように施術によって身体の問題に取り組むと、痛みが引くスピードが速くなります。夜間の寝られないような痛みなら、数回の調整によって変化が十分期待できます。

可動域の問題は少し時間がかかることもありますが、一般的によくなるまでの期間(1年~)よりも早く解決しやすくなります。

肩関節は他の関節とは異なり、多方向へ動かすことが可能です。それだけ筋肉の働きが必要となり、肩周りには多くの筋肉があります。

他の関節よりも複雑な構造となる為、一度問題を抱えてしまうと簡単にはよくならないことが多くなり、筋肉の働きをよくする為には地道なケアが必要です。

四十肩・五十肩の感想メール

当院での施術例を紹介します。

半年前から腕が上がらないケース

これまで痛み止めの注射とマッサージを受けてきたけど、大きな変化は感じられなかった男性。

腕をしっかり上げることができず、痛みが強く現れます。

股関節、肩関節周囲の筋肉の緊張は強く、すぐには緩まない印象がありましたが、3ヶ月(計10回)ほどの調整で日常生活では殆ど気にならないレベルにまでよくなりました。

股関節の硬さが肩甲骨の動きに影響していたのですが、これは五十肩に多い特徴のひとつです。

1ヶ月前から左肩に強い痛み

左肩の痛みがよくならない女性。

腕を後ろへ回せず、左肩を下にして寝ることができません。左肩の痛みは、胸部と股関節周囲の筋肉の緊張(収縮)が関係していることがわかります。

デスクワークによる疲労から筋肉に問題が起き、左肩に痛みが現れていることが考えられます。

肩周りの調整を行うと可動域は直ぐに大きくなり、痛みもよくなりました。左肩が痛くなる前には、股関節の違和感と腰痛のサインがあったようです。

セルフエクササイズをアドバイスして終了となりました。痛みを放置した期間が長いほど問題が大きくなりやすいようです。

座ると辛くなる肩の痛み

肩から腕にかけて重たい感覚が3ヶ月前から続いている男性。

運転中や床に座っているときが特に辛く、長時間座ることはできません。左肩から背中に強い張り感を確認できます。左の肩甲骨は隆起、足の長さが左右で約1.5センチほどずれ、背骨が歪み、重心は傾いている状態です。

左腕に調整を続けること数回、肩と腕の違和感は消失しました。腕の疲労は歪みを招き、肩に問題を起こしやすくなります。

まとめ

身体全体のバランスを整えると、肩の筋肉が緩みやすい状態をつくることができます。肩だけをマッサージをしたり、鍼を刺しただけでは関節の可動域を取り戻すのに時間がかかってしまいます。

また、身体全体の問題に取り組まなければ、肩の痛みが引いても再発する可能性は高くなります。四十肩・五十肩を繰り返してしまう人が多いのは、根本的な問題を解決していないためです。

  • この記事を書いた人
又吉陽平

又吉陽平

2014年に整体の操和を開業。自身の不調の経験から同じような悩みを持つ方たちの力になりたいと想い日々研鑽を積んでいます。

Copyright© 【公式】沖縄の整体で慢性的な痛みと症状を改善する|整体の操和 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.