整体に行くときの服装は?おすすめスタイルとNGな格好

整体に行くときの服装は?おすすめスタイルとNGな格好

こちらの記事では、整体院を利用する際に適した服装についてアドバイスしていきます。

どんな服装で行ったらいいのかわからない方は内容をご参考ください。

整体に行くときの服装について

整体に行くときの服装について

基本的には動きやすい服装であれば自由です。半袖(長袖)シャツ+長ズボンのスタイルで問題はありません。

※お店によっては着替えの貸出しがあります。

整体に不向きな服装

施術に向かない服装について説明していきます。

動きづらい服

締め付けの強い服を着てしまうと、関節の可動域や筋肉の状態などを正確に判断することができません。

ジーンズやスキニーパンツなどは避けるようにしましょう。

※基本的に室内は適温に設定されていますので厚着をしていく必要はありません。

ダボダボした服

動きやすいとはいえ、ダボダボした緩い服では骨格をチェックするのが困難になってしまいます。

オーバーシルエットの服装にはご注意ください。

露出の多い服

整体の施術では肌を露出させる必要はありません。

タンクトップやショートパンツといった肌の露出が多い服装では、かえって施術がやりづらくなります。

※オイルマッサージや鍼治療などのオプションメニューがある店舗では施術用の着替えが用意されている場合が殆どです。

締め付け感のある服

症状を改善するには身体をリラックスさせることが大切です。

タイツやスパッツなどの締め付け感は交感神経を優位にさせるため、施術効果が薄れてしまう可能性があります。

なるべく楽な服装を選ぶようにしてください。

滑る素材の服

生地が滑ってしまうと調整が上手くできないことがあります。

つるつるした素材のジャージ、スウェットは整体には不向きといえます。

スカート

基本的にスカートを履く必要はありません。O脚をチェックするときにはズボンをまくって確認できます。

※施術着を貸出しできる整体院も多いです。

ストッキング

ストッキングは脱いだほうがよい施術を受けることができます。

アクセサリー

施術の際にはアクセサリー類、時計は全て外してください。施術中に邪魔になってしまうことがあります。

※貴重品はベッド下のボックスに置いておく場合が殆どです。

タートルネック

タートルネックは首の施術には不向きと言えます。

その他

天気が悪い時に雨で濡れてしまった服で施術を受けようとする人がいます。お着替えを用意してくるか施術着のレンタルをご利用ください。

施術ではブラジャーを外す必要はありませんが、補正力が強いものではなく、リラックスタイプがおすすめです。

また、香水や柔軟剤の臭いが強いと店内に暫く残ってしまうことがあるため、なるべく控えめにしましょう。

まとめ

以上、整体院に行くときの服装についてでした。

着替えの貸出しについては予約時にご確認ください。

  • この記事を書いた人

又吉陽平

整体学校を卒業後に複数の施術所で経験を積み、2013年に全国的に著名な治療家に師事する。修業期間を経て2014年4月に整体の操和を開業。痛みや痺れに悩む多くのお客様を改善に導く。操体医学院認定整体師。

© 2024 整体の操和|沖縄県浦添市の痛みと痺れの専門整体 Powered by AFFINGER5