椎間板ヘルニアの原因を知り症状を楽にする方法|沖縄県整体の操和

沖縄県浦添市、那覇市エリアの整体院操和です。今回は椎間板ヘルニアの原因についてを考えます。ヘルニアを繰り返している、痛みやしびれなどの症状に困っている方はご参考ください。

もくじ

・椎間板ヘルニアはこうして起こる
・ヘルニアになりやすい職業
・ヘルニアによく見られる症状とは
・ヘルニアによる神経圧迫の可能性
・身体の歪みと痛みとしびれの関係性
・ヘルニアとストレッチ体操について

椎間板ヘルニアはこうして起こる

筋肉に疲労が蓄積すると筋肉は収縮して硬くなります。筋肉は骨に付着するので、筋肉の収縮が強いと骨を動かしてしまい、これが身体の歪みの原因となります。

例えば、背中のある筋肉が緊張収縮すると上下の背骨が近づき、背中が反るような歪みが見られます。

背中の反りが強くなればなるほど、背骨の間にある椎間板の負担も大きなものとなってしまいます。

椎間板にかかる圧力が高くなりすぎると、やがて椎間板は押しつぶされたり、椎間板の収まりが悪くなったりすることが考えられます。

このように椎間板が正しい位置から出てしまった状態がヘルニアです。

逆に腰を丸めた状態が長く続いても椎間板にかかる負担は大きくなり、同様のことが起こる可能性があります。

疲労を溜め込みすぎたり、長時間、同じ姿勢を続けることはヘルニアが生じるきっかけになってしまうのです。

ヘルニアになりやすい職業

長時間の同じ姿勢での作業、特にデスクワークやドライバーのように座りっぱなしが多い場合には注意が必要です。

椎間板にかかる負担は立ち姿勢よりも座ったときのほうが大きなものになります。

意外に思うかもしれませんが、人間の身体は座ることが苦手なのです。

(人類の長い歴史の中で座って作業を行なうようになったのはつい最近のことであり、遺伝子的にもまだ対応できていないと言われています)

長い時間、座り作業が続く場合には30分に1度の頻度で立ち上がって歩くようにすれば、身体の負担を減らすことができます。

立ち上がることができない場合でも座り方を変えたりするなどの工夫が必要です。

ヘルニアによく見られる症状とは

多少のヘルニアなら身体に問題を起こすことは考えられにくいのですが、ヘルニアが深刻なものになってしまった場合には次のような症状が起こることが考えられます。

・ヘルニアによって神経が圧迫され手足などにしびれが現れる
・身体の感覚が鈍くなる感覚障害
・指の動きがぎこちなくなる症状
・脱力感
・歩行困難などの運動障害
・排尿障害

などがあります。

ヘルニアによる神経圧迫の可能性

何らかの理由で椎間板に負担がかかり、通常の収まるべき位置から飛び出してしまうのがヘルニアです。

このように、定位置から飛び出た椎間板が神経を圧迫して炎症や血行障害、痛みを招くと言われています。

病院、整形外科などではヘルニアによる痛みをなるべく手術をしない方向(保存療法)で改善を図るのですが、なかなか思うようによくならないケースが多々あります。

場合によっては手術が必要と判断されることがあるかもしれません。

問題は手術をしても必ず症状が改善されるという保障がなく、痛みが残ったり、再発する恐れがあるということです。

沖縄県で椎間板ヘルニアの痛みを手術なしで治す方法

こちらの記事も是非ご参考ください。長年の症状に悩む人の解決のきっかけとなれば幸いです。

ヘルニアの回復

手術の選択を迫られた女性のヘルニアが身体のケアによって半年後には医師も驚く結果に。

身体の歪みと痛みやしびれの関係性

痛みやしびれといった症状の原因となるのは、ヘルニアだけではありません。

例えば、骨盤には坐骨神経という大きな神経が通っていて、骨盤が歪んでしまうと神経を圧迫し、足に痛みやしびれといった症状を発生させると言われています。

骨盤周辺の筋肉が硬くなり、血流が悪くなると同じように痛みやしびれを感じることもあります。

自分の症状がヘルニアからくるものだと思い込んでしまうと、なかなか問題が解決しません。

あらゆる原因を考え、様々な治療を試していくことも必要です。

整形外科で診断されたヘルニアが本当の原因?

近年では、ヘルニアが痛みの直接の原因ではないという考え方も広まりつつあります。レントゲンではヘルニアが確認されているものの「痛みがない」という人を多く確認することができます。

ヘルニアと診断されても整体によって痛みがやわらいでくるケースは少なくありません。手術をしなくても痛みから解放される人も大勢います。回復を諦める必要はありません。

ヘルニアとストレッチ体操について

椎間板ヘルニアで痛みやしびれを感じるようであれば、腰を丸めたときには症状は強くなり、腰を後ろへ反らせたときには症状が楽になる傾向があります。

つまり、痛みを我慢し、無理に腰を丸めるような体操やストレッチを行ってしまうと、症状を悪化させてしまうことが考えられます。

自己判断での体操やストレッチを行うのはリスクが高い為、専門家に相談することをおすすめします。

沖縄県浦添市、那覇市近郊でヘルニアの痛みやしびれでお困りなら

当整体院では、ヘルニアと診断されて歩いたり座ったりすることが困難な状態から回復をされる方が多くいらっしゃいます。現在、行なっている治療に満足できない場合には当院へご相談ください。

営業時間10~21時、土日祝日も営業、北那覇税務署通り近く。当院の詳しい場所と施術料金は上のメニューよりご確認ください。