首・肩の症状

沖縄県で首の痛みを根本から見ていく整体とやってはいけないこと

投稿日:

痛みやしびれの原因としてよく疑われるのが、ストレートネックや椎間板ヘルニアといった首の骨の問題ですが、このような問題に対して現在行なっている治療に満足いかず、不満に思っている人は少なくありません。

なかなか治らない首の痛みの治し方についてを沖縄県整体の操和が説明します。

首の痛みの原因を沖縄の整体師が説明

背骨には頭部を支えたり、あらゆる衝撃から身体を守るという役割があります。

背骨を横から見た時にあるS字状のカーブ(生理的湾曲)は、頭部の重さ(約5~6キロ)をうまく分散させる働きがあります。

このカーブが不自然な形になった場合、頭部の重さをうまく支えることが難しくなってしまい、それを補う為に周りの筋肉には余計な力が生じてしまうことになります。

つまり、首の骨(頚椎)のカーブが減少すると、頭部を首や肩の筋肉で支える形となり、筋肉の緊張状態が固定化、更には首や肩のこりや痛みが現れる原因となってしまいます。

よって、首の不調を緩和させる為には、背骨のバランスを整えることが必須条件といえます。

首の痛みと背骨のバランスについて

例えば、骨盤に前傾の歪みが生じてくると、腰椎(腰の骨)の反りが大きくなる問題が起きてきます。

先ほど説明したように、背骨の役割を考えてみると次のようなことが説明できます。

腰の反りが強くなる→
背骨のバランスが崩れる→
頭部をうまく支えることができない→
カーブの修正が必要に→
頚椎のカーブにも影響が現れる→
結果、ストレートネックを招くことになる。

このようなケースを考えずに、いきなり首の問題を解決しようとしても良い結果にはなりません。いつまで経っても不調が改善されない理由となってしまいます。

沖縄操和では、首の痛みを改善する為には身体の構造を考えて調整を行うことが必要だと考えています。

※もっとも、骨盤を歪ませている原因を見ることができなければ、骨盤自体も安定しません。身体の状態をしっかりと見極めることができなければ改善スピードも大きく違います。

首の施術で気をつけたいこと

実際に治療を受ける前に気をつけていただきたいことがあります。

それは、首の骨を矯正、牽引したり、筋肉を揉みほぐしたりすることは控えてほしいということです。何故なら、首だけの調整では首の痛みが改善しにくいからです。

(保険診療では首のみ治療となる)

頚椎のバランスが崩れることになった原因を見ずして、身体が安定するはずがありません。首の痛みは結果であり、原因ではありません。

頚椎の歪み

首の痛みの原因は人それぞれです。(肩が原因だったり、足が原因だったり・・・)身体をみて判断しなくてはなりません。自分の身体の状態が気になるという方は当院へご相談ください。

次の内容は頚椎症についてです。なかなか治らない首の痛みや手腕のしびれでお困りの方はご参考ください。

頚椎症の特徴

症状は中高年に多く、首の骨や椎間板の老化による(変形性)の疾患と言われています。頚椎症には、上を向きづらい、向くと首や肩に痛みが走る、手や腕に痺れや違和感が現れるなどの特徴があります。

頚椎症の原因

一般的には、頚椎の変形(神経に触れる)が痛みの原因と思われがちですが、痛みを起こす原因は他にもあります。それは筋肉の緊張(硬縮)による身体の歪みです。

頚椎症と診断された方の多くに筋肉の強い緊張(硬縮)が見られ、それらの筋肉を緩めて身体のバランスの問題を解決することができれば、症状は落ち着くはずです。(骨の癒合などがない限りは)

痛くても首だけの問題ではない

頚椎症を改善する為には、首以外の筋肉の緊張を取り除いていかなければなりません。首をマッサージや指圧したり、電気治療や牽引をしただけでは良い結果に繋がりません。

※首の牽引や骨をボキボキするような調整を行うと、かえって回復を遅らせてしまうケースもありますので注意が必要です。

頚椎症に関連する筋肉とは

背骨の歪みはストレートネックや頚椎の歪みを招きます。背骨の歪みが様々な不調の原因となることが多く、調整を行う際には必ずみなくてはならない部位となります。

背骨の土台となる骨盤、股関節に歪みがあると背骨のバランスを安定させることができません。骨盤や股関節に問題を引き起こす主な筋肉の部位には、大腿部、腰部、足部があります。

これらの筋肉の緊張(収縮)を取り除いていくと身体のバランスは整いやすくなります。背骨のバランスがよくなると、ガチガチになっている首周囲の緊張が自然と緩みはじめるのを確認することができます。

こんな人は注意!

元々身体が硬い、首だけではなく肩もこりやすい、腕に痛みやしびれといった違和感がある、足首を捻挫した、股関節に違和感がある、といった不調がある方は注意が必要です。

例え首の痛みが治まったとしても根本原因を解決していなければ、再発する可能性が高いです。身体の不調はサインです。正しいケアで身体のバランスを整えていきましょう。

沖縄の整体で首の痛みにアプローチする

様々な首の痛みに対しての整体でのアプローチ方法について書いています。整体のイメージをしてもらえると幸いです。

後ろへ倒すと首が痛い

9年前にぎっくり首のような痛みが現れて以来、常に首と肩には違和感を感じている沖縄県座間味村の女性。首を動かすと再び痛めてしまうのではないか、という恐怖感があり大きなストレスとなっている。他にも片頭痛や時々起こる手指のしびれなどがある。

首を後ろへ倒す動作、左に倒す動作、左にねじる動作で痛みが強くなる。左の股関節が内旋している。

(首や肩が痛いといっても、身体の土台となる足元から調整を行わないとバランスは安定しません)

足首を軽く保持し、足先が外に向くように誘導。変化を再確認して次の調整を行います。

座った状態で姿勢を確認すると、左の肩が少し下がっていることがわかりました。左の腕を外へねじり、バランスの調整を行います。

首の動きを確認してみると、左にねじる動作がとても楽にできるようになりました。

右肩にも調整を行い、首を後ろに倒す動作、横に倒す動作が楽にできるようになりました。

首が痛くて上を向けない

半年前からの症状。近所の整骨院にしばらく通院したが効果がなかった沖縄県那覇市の男性。酷く痛むので上を向くことが殆どできない。仕事中は気分が悪くなるため支障がでている。

初回の調整後には、痛みは残るが首の可動域に変化がみられる。2回目の調整後には上を向く動作がほぼ正常になり、痛みがない。3回目の来院時には10時間勤務に耐えることができた。その間も痛みはなかったと報告を受ける。

首が痛く肩から手にかけてしびれがある

8ヶ月前から首の痛み、肩から指先の痺れがある沖縄県宜野湾市の男性。立位で上を向くと痛みがあり痺れる。

調整により徐々に筋肉が緩むと、3回目の調整後には首の痛みが消失。指先には痺れが少しだけ残る。運動とデスクワークの疲労によって非常に硬くなっている筋肉を緩めていく必要がある。

首を動かすと痛い

整骨院で首の矯正を受けて、かえって調子が悪くなってしまった沖縄県那覇市の男性。首の他にも肩の違和感、頭重、動悸、下肢のしびれがあり、最近は特に症状がきつくなってきている。

頚椎に歪みがあると病院で言われたこともあり、それが身体の不調の原因かもしれないと考えるようになったが、近くの整骨院で首をボキボキ鳴らす調整を受けたことによって症状が悪化してしまった為、その翌日に当院に来院。

身体をチェックしてみると、原因は首の部分ではなく、別の部分にあることが判明。

つま先と膝から身体全体のバランスを整えるようにアプローチすると、直ぐに腕を上げる動作や、硬かった左肩の緊張感がやわらぐ。

肩の調整を行うと首を動かした時の痛みはほぼ無くなる。

寝ていて首を痛めた

座ったまま寝てしまい、首を動かすと強い痛みがでるようになってしまった沖縄県西原町の男性です。首を後ろに倒す動作が一番辛く、横に倒す動作、ねじる動作にも違和感が表れます。首は殆ど動かせないという状況での調整となりました。

身体のバランスをチェックしながらいくつかの調整をを試みました。男性はスポーツ経験があり、大変感覚の鋭い方だったので初回から大きな変化がみられました。

行ったのは3つの調整のみです。体幹と下肢のバランスをメインに整えていくと首の痛みは殆ど気にならない程度にまで変化がみられました。

他の部位にも共通することなのですが、基本的には痛いところはそっとしておくのが正解です。下手に揉んだりしてしまうと返って炎症が広がってしまい症状が悪化する恐れがあるからです。

骨盤の歪み、下肢の捻れ、上肢の捻れなどに問題があり、首の痛みを引き起こしているというケースが多くみられます。首の痛みが中々引かない場合には首意外の部分を疑ってみましょう。

座っていると首が痛くなる

2ヶ月前からパソコン作業をしていると首が痛くなる沖縄県宜野湾市男性の症例。長時間、作業をしていると目が開けられないほど強い痛みを感じる。胸部、腕の筋肉に強い緊張。肩の可動域制限。骨盤の動きの制限を調整し、腕と肩の緊張を取り除くと痛みはほぼ消失。調整回数7回。

男性の身体で特に気になるのは背部の硬さです。この問題が首に影響し、痛みを起こしていました。背部を緩める為に骨盤のバランスを整える必要がありました。

大腰筋、多裂筋の緊張を緩めて、上腕三頭筋と三角筋の緊張を緩めると首の痛みは殆ど気にならないまでに回復。

男性には、足首のセルフエクササイズと大腿部、側部のストレッチをアドバイスしました。痛みを再発させないようにする為には、筋肉に疲労を溜めこまないように心がけなければなりません。

自分の身体がどんな状態なのかを知り、適切なセルフケアを行なうことも大切です。

寝違いを繰り返す首痛に悩む

寝違いで首を痛めることも多いという沖縄県那覇市の男性。3回の調整後(約1ヶ月後)に痛みがなくなってきたと報告を受ける。現在は再発予防の為、調整を継続している。

亜脱臼の影響

男性の首痛の原因として考えられるのは、股関節周囲筋の緊張、右肩の亜脱臼です。股関節周囲筋の緊張は比較的早くクリアすることができたのですが、肩の亜脱臼に関しては少し時間が必要でした。(外転時に大きく外れる)

日頃のセルフケアと定期的な調整によって段々とよくなりました。

テニスボールを使ったケア

男性にアドバイスしたケア内容は、股関節周囲筋のストレッチ、テニスボールを使った肩周りのケアとなります。仕事では重労働の作業もあり、毎日のケアは必須でした。できるだけ疲労を溜めこまないことが回復の近道と予防になります。

沖縄で首の痛みを根本からみる整体のまとめ

首の痛みの原因は首以外の部分にあることが多く、首を緊張させる原因にアプローチすることができなければ改善が遅れてしまいます。

沖縄県で首の痛みでお困りなら当整体院にご相談ください。

 

-首・肩の症状

Copyright© 整体の操和|沖縄県那覇新都心より車で7分 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.