手足の痛みやしびれ

坐骨神経痛の足のしびれ

更新日:

坐骨神経痛の原因は様々ですが、身体のバランスを整えて、筋肉の負担を軽減することができると改善できる可能性があります。

お尻から足先にまで現れる痛みや痺れの症状にお悩みの方は是非、ご参考ください。

しびれが楽になった報告メール立つことさえ辛かったしびれが整体後には楽になったと報告がありました。病院では原因不明で対処ができなかったそうです。

足のしびれが快復報告メール

立ち仕事の疲労と寝不足による快復力の低下によって現れた足のしびれが整体後には消失しました。

腰痛としびれがなくなる報告メール

寝られないほどの腰の違和感としびれの症状は整体後すぐに楽になりました。症状が現れてから早い段階で調整を行えばこのように初回から楽になることがあります。

歩行困難な状態でも整体後にはこのように変化しました。

整体後には痛みが軽減し歩きやすくなっています。

坐骨神経痛と整体

腰から足にかけて伸びている坐骨神経が様々な原因によって圧迫・刺激されて、しびれや痛みといった症状が現れている状態を坐骨神経痛といいます。

多くの場合、腰からお尻、太もも、すね、足先などに症状があり、歩行が困難になるケースも少なくありません。

坐骨神経痛は、レントゲンやMRIといった検査でも原因が見つかりにくく、多くの人を悩ませています。

(軽いヘルニアや狭窄との関連性は低い)

坐骨神経痛を改善する為には、身体の歪みや筋肉の緊張を取り除く必要があります。

当院では、全身のチェックを行ない、身体の問題点の解決に取り組みながら、早期の改善を目指していきます。

整体例をいくつか紹介していきます。

痛みで椅子に座れないケース

元々、腰が弱く、ぎっくり腰の経験もある女性です。

これまで何とか我慢してきたが、腰から足にかけての痛みが悪化し、デスクワークすらできない状況になってしまった。

強い痛みのきっかけは、長時間の前屈みでの作業。

レントゲンでは明らかなヘルニアを確認、医師には手術が必要かもしれないと告げられる。

女性は股関節周囲の筋肉や背部の筋肉がとても硬く、身体を支える力が低下している状態でした。

この問題は身体に歪みをつくり、背骨に大きな負担をかける場合があります。

疲労が感じやすくなる為、快復が遅れるという悪循環を招いてしまいます。

幸いにも初回の調整後から痛みの緩和を確認することができ、手術は必要ないと感じました。

定期的に調整を行い、3ヵ月後にはヘルニアに変化が起きています。

坐骨神経痛とヘルニアの経過写真3ヵ月後

更に半年後にはこのようになりました。

坐骨神経痛とヘルニアの経過写真半年後

現在では特に大きな問題なく日常生活を送ることができています。

ココがポイント

椎間板ヘルニアが原因と言われた場合でも、切らずにすむケースの方が圧倒的に多いです。

お尻からふくらはぎにかけてがしびれるケース

2週間前より右のお尻からふくらはぎにかけてしびれと痛みがある男性。

検査結果は異常なし。痛み止めの薬は効かず、座ることも難しい。夜中は痛みで寝られない。

右の股関節が非常に硬くなっており、下腿の筋肉に強い緊張、臀部にはトリガーポイントと呼ばれる硬縮が見つかる。

施術では骨盤と股関節のバランスを整え、下腿の緊張と臀部のトリガーポイントにアプローチすると座ることができるようになる。

2回目の来院時には夜眠れるようになったとの報告。引き続き筋肉の緊張をやわらげる。大腿四頭筋の緊張、股関節の違和感など。大きな変化がみられるようになった。

痛みが強くて動けないケース

7年前にヘルニアと診断され、年に数回膝から崩れるような強い痛みに襲われる男性。

咳をするだけでも痛みがあらわれる。最近では常に痛みがあり、同じ姿勢を続けるのが辛い。腰を後ろへ反らせると痛みが増す。

左の臀部~下腿に緊張、右の臀部にトリガーポイント。左側の腹部に触れると異常にくすぐったい。

施術では骨盤と股関節の調整、大腿四頭筋、大腰筋のリリース、下腿を調整すると、足に体重が乗せれるようになり、痛みはなくなる。

2回目の来院時にはお尻に少し痛みが残る程度にまで回復。腰方形筋の緊張を取り除くと更に楽になる。

薬が効かないケース

ここ数年で体重が急激に増えているという男性。

普段はデスクワークをしていて身体を殆ど動かさない。その場でジャンプをすると強い痛みとしびれがでる。

大腿部、下腿部、腰部の緊張が強い。足の硬さがとれると歩くときの痛みが消失。腰部の緊張を取り除くケアでジャンプ時の症状も完全になくなる。

坐骨神経痛の原因

整体例を見ていただけるとわかるように、坐骨神経痛は身体の歪みと筋肉の緊張が原因となって起きているケースが多いです。

身体の歪みや筋肉の緊張は、生活習慣のクセや疲労の積み重ねによって現れます。

整体によってバランスを整えた後には、セルフケアを行なって再び状態が悪くならないように努めることが大切です。

坐骨神経痛のストレッチ

身体のバランスを整えて筋肉の緊張を緩和させることを目的としたセルフケアの内容を紹介します。

ケアをするだけで症状が必ず楽になるというものではありませんが、快復の為には必要なケアなので参考にしてみてください。

ふくらはぎを緩める

坐骨神経痛ストレッチ|ふくらはぎ

仰向けになり、反対側の膝を使って、ふくらはぎの筋肉を指圧するような感じでほぐします。痛いと感じるところに筋肉の緊張があります。

真ん中だけではなく、外側のほうも意識してほぐしていきましょう。

大腿を緩める

坐骨神経痛のストレッチ|大腿

テニスボールを使って大腿の外側を緩めます。ボールを挟むようにして足の重みを利用します。痛いと感じる部分にしばらく当てて感覚に変化がでたら、ボールの位置をずらしていきます。

力まないで行うのがポイントです。

腰筋のストレッチ

坐骨神経痛のストレッチ|腰筋

イスに座った状態でお腹の横側を伸ばす感覚でストレッチを行ないます。腰に痛みを感じなければ1分間続けましょう。

筋肉が伸びる感覚に左右差があると思いますが、突っ張る感覚が強い方が筋肉が緊張している側になります。

まとめ

現在、あなたが行なっている内容で変化が感じられないのであれば、アプローチの仕方が不十分な可能性があります。

当院では、歩行困難、座ることができない、原因さえわからずに悩んでいる、といった多くのお客様が変わっていく姿を確認してきました。

坐骨神経痛の多くは、身体の歪みや姿勢といった問題から起きています。

自身の身体の状態を知り、適切なケアを継続することによって、坐骨神経痛の痛みは確実に変わっていくはずです。

整体院の情報


〒沖縄県浦添市仲西2-1-17 パームハイツ103 ℡098-876-4948

  • この記事を書いた人
又吉陽平

又吉陽平

過去に腰痛・ぎっくり腰・頭痛・骨折を経験。好きなことができないのはとても辛いことです。同じように不調に悩む方の力になりたいと想い日々研鑽を積んでいます。

Copyright© 【公式】沖縄で慢性的な痛みと症状を改善する|整体の操和 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.