病院で治らない坐骨神経痛の治し方|沖縄県浦添市、那覇市の整体操和

沖縄県浦添市、那覇市エリアの整体操和です。今回の内容はお尻から足先にまで現れるしびれや痛みといった坐骨神経痛の症状についてです。病院で検査をしても原因がわからずに困っている方や手術をするか迷っている方は是非ご参考ください。

病院では坐骨神経痛の原因はわからない?

レントゲンやMRI検査によって問題が見つかったとしても、それが坐骨神経痛の原因とは限りません。

ヘルニアや狭窄といった目に見える形の異常だけに囚われてしまうと、症状の回復が遅れてしまう可能性があります。

仮にヘルニアの手術をしたとしても、症状が綺麗になくなるかはわかりません。多くの人はできるだけ手術を避けたいと思っているはずです。

現在行なっている治療の効果が感じられないのであれば、あなたの坐骨神経痛の症状を起こしている本当の原因を考えていかなければなりません。

当院ではこれまでに歩行が困難な状態や、座ることも難しい状態、病院に行っても原因がわからずに悩んでいる多くのお客様の症状の改善を確認してきました。

身体のある問題によって痛みやしびれが現れている場合には、この動画のように初回から明らかな変化を確認することも珍しくありません。

自身の身体の状態を知り、適切なケアを継続することによって、坐骨神経痛の痛みは確実に回復していきます。

坐骨神経痛を手術なしで治すには

坐骨神経痛が治るのであれば手術をしてもいいとお考えの方がいるかもしれませんが、よほどの状態でない限り医師からは手術を勧められることはありません。

病院では、ヘルニアや狭窄があると説明されることが多いようですが、このような問題を手術で解決した場合でも、症状が残ったり再発してしまうケースが考えられます。

(治るかどうかもわからないのに手術と聞くと余計に不安に感じると思います)

明らからな問題があれば別ですが、手術をしても症状が残る可能性、ヘルニアは自然消滅するという考えから医師の多くは手術には積極的ではありません。

具体的な解決方法や問題点がはっきりしない場合には、長い間不調に悩み続けたり、症状を悪化させてしまうことも考えられます。

・牽引や痛み止めの薬といったものでは根本的な解決とはならない
・効果を感じられないのであればリハビリを続ける必要もない

これから先の内容は、手術は避けたいと思っている方、または手術を検討しているという方にも是非、目を通していただきたい内容となります。

「手術が必要かもしれない」そう告げられたヘルニアによる痛みと痺れは、身体のバランスを調整していくと3ヵ月後には医師も驚く結果となりました。

ヘルニアが原因となっているケースは稀ですが、身体の問題を解決していけば、このように手術をしなくてもヘルニアは変化を見せます。

坐骨神経痛と整体内容について

本当に手術が必要な方は全体の10%もいないのではないかと感じています。筋肉や筋膜の問題を解決していくことができると、殆どのケースで痛みが楽になります。

股関節の歪みによる坐骨神経痛を解消する

股関節が内旋位に固定されると、お尻の筋肉は常に伸ばされてストレッチをしているような状態となってしまい、お尻の下にある坐骨神経が常に筋肉に圧迫される形となって痛みやしびれ等の原因になることが考えられます。

(この状態では臀部のストレッチやテニスボールでのマッサージといったケア方法では効果が薄い)

また、股関節が内旋することで血液の流れは悪くなる傾向があります。

・股関節が硬い
・足が捻れている
・足先が冷える
・座っているとお尻や太ももの裏のしびれや痛みが強くなる
・足首や足裏がジンジンする
・ふくらはぎをマッサージすると痛みが少しやわらぐ

上記の内容に該当する方は股関節に問題がある可能性が高いです。

坐骨神経痛と筋肉の緊張

臀部の筋肉の硬縮によって、大腿やふくらはぎといった離れた部位に痛みを引き起こすことがあります。全てに共通するとは言えませんが、小臀筋の硬縮(トリガーポイント)を除去することによって下肢のしびれが治まることもあります。

その他にも大腰筋、腰方形筋、多裂筋の緊張は骨盤を歪ませ、しびれや痛みを誘発することが考えられます。

拮抗筋と収縮筋

多くの場合、筋肉が伸ばされてる側に症状が現れやすく、なんらかの問題によって筋肉の活動を妨げていることが痛みの原因となっていることがあります。この場合は伸ばされている側の筋肉をいくらほぐしても症状は緩和されません。

全体のバランスを整えると自然と筋肉の緊張はやわらぎ、施術後には明らかな変化を確認することができるはずです。

坐骨神経痛で気をつけたいこと

・財布をポケットに入れて座らない
・車の運転はなるべく控える
・長時間の運動は控える
・身体を捻る姿勢には注意する
・痛みのでている部分を押したり揉んだりしない
・サイズの小さい窮屈に感じるような靴を履かないこと

坐骨神経痛の施術例

症状が現れてから時間が経過するほど回復は遅い傾向にあります。(早くから調整を行えばそのぶん早く改善しやすい)身体のバランスを整えることによって、なるべく早く改善できるようお手伝い致します。

沖縄県浦添市Tさんの場合

2週間前より右のお尻からふくらはぎにまで痛みとしびれが現れる。病院で検査するも異常なし。痛み止めの薬は効かず、痛みで座ることも難しい。夜中は痛みで寝られない状態。検査をすると、右の股関節が非常に硬くなっており、下腿の筋肉に強い緊張、臀部にはトリガーポイントが見つかる。

施術では骨盤と股関節のバランスを整え、下腿の緊張と臀部のトリガーポイントにアプローチすると座ることができるようになる。2回目の来院時には夜眠れるようになったと報告があった。引き続き筋肉の緊張をやわらげる。大腿四頭筋の緊張が少し残る股関節の違和感に影響。明らかな変化がみられた。

沖縄県浦添市Sさんの場合

7年前にヘルニアと診断され、年に数回膝から崩れるような強い痛みに襲われる。咳をするだけで症状が現れることもある。最近はずっと痛みがあり、座り続けるのが辛い。腰を後ろへ反らせると痛みが増す。左の臀部~下腿に緊張、右の臀部にトリガーポイント有り。左側の腹部に触れると異常にくすぐったがる。

施術では骨盤と股関節の調整、大腿四頭筋のリリース、大腰筋のリリース、下腿の調整をすると、足に体重が乗せれるようになり、痛みが消失。2回目の来院時にはお尻に少し痛みが残る程度にまで回復。腰方形筋の緊張を取り除くと更に症状は楽になる。

坐骨神経痛の体操

この体操で症状が治まるというものではありませんが、一部の状態にとっては有効なケア方法です。痛みや不快感を感じなければ継続してみてください。

※腰を反らせると痛みが現れる場合、または体操の最中に痛みが強くなる場合はただちに中止してください。

大腿部のストレッチ

1.先ずはウォーミングアップです。写真のように太ももの前面の筋肉を伸ばします。両脚ともに気持ちがいい範囲内で無理をせず伸ばしていきましょう。

4の字で可動域の確認 反対側の可動域確認

2.仰向けに寝て片足を立てます。反対の足に乗せるようにして外側にゆっくり倒します。自然と止まるところで痛みや違和感などをチェックしましょう。左右の足で確認して可動域が狭いほうの足を調整します。

股関節の可動域を改善

3.伸ばしている足が90度くらいになるまで曲げていきます。

股関節制限の運動方法

4.(90度に)曲げた足の方向へ腰を捻るようにしながら倒します。

股関節制限の運動方法2

5.身体を逆方向へ戻すように動かします。写真ではベッドについた左足を支点にして矢印の方向へ身体を捻っています。両足の位置はあまり動かさないようにして、腰を中心に身体を捻ってくるのがポイントです。上半身、顔などは自然と矢印の方向へ捻れてくると思います。

股関節再評価

6.股関節の可動域の再評価をします。運動前よりも軟らかくなっていれば上手にできたことになります。一部の坐骨神経痛の症状には大変有効な運動法ですので無理のない範囲で続けてみてください。(1日3回を目安に)

腰痛、ぎっくり腰の治し方」こちらの記事も合わせてお読みください。

沖縄県の整形外科、整骨院で改善しない坐骨神経痛でお困りなら

骨格と筋肉のバランスに問題がある場合には整体が非常に効果的です。痛みの原因は人それぞれ、思わぬところに問題がある可能性があります。坐骨神経痛の再発予防がしたいという方のご相談もお待ちしています。

沖縄県浦添市、那覇市エリアの整体のことなら操和へご相談ください。(要予約)098-876-4948、10~21時迄、日曜祝日営業、北那覇税務署通り近く、駐車場2台、場所と料金はこちらからご確認ください。