首や肩のこりが酷い

ストレートネック

更新日:

【公式】沖縄で慢性的な痛みと症状を改善する|整体の操和|ストレートネックで首が痛い

ストレートネックは様々な不調を招くと言われており、病院では首の痛みの他にも肩こりや手の痺れといった様々な症状の原因と判断されることがあります。

悩み続ける人が多いと言われるストレートネックの改善にはどうすれば良いのかを説明します。

ストレートネックになると様々な不調が現れやすい

ストレートネックになると様々な不調が現れやすい

ストレートネックとは、頚椎(首の骨)の緩やかな前方の湾曲がなくなり、首がまっすぐな状態になることを指します。

背骨を横から見た時に確認できるS字状のカーブ(生理的湾曲)には、頭部の重さ約5~6キロをうまく分散させて頭部を支えたり、あらゆる衝撃から身体を守るという役割があります。

症状には、首の痛み、頭痛、頭重、めまい、気持ちが悪い、手や腕のしびれ、といったものが考えられます。これらの問題の多くは、背骨全体のバランスが深く関与しています。

背骨のバランスに注目

S字状のカーブが不自然なバランスになったときには、頭部を支える働きにも不安定が生じます。これを補うためには、多くの筋肉の働きが必要となります。

骨ではなく、筋肉の働きによって頭部を支えることが長く続くと、筋肉が疲労しやすく、こり感や痛みといった様々な症状が現れはじめます。

筋肉の負担を減らすためには、背骨のバランスを整えなければなりません。ストレートネックの問題が解消すれば、様々な不調を改善できる可能性があります。

ココがポイント

頭部が正しい位置にあると身体は疲れにくい

ストレートネックを改善するには土台の調整が必要です

ストレートネックを招くケース1

ストレートネックは、骨盤や足に歪みがあり、身体を支える力が低下している人に度々見られます。上の写真のように骨盤の前傾が強い人にもストレートネックは現れやすくなります。

骨盤に前傾の歪みが生じてくると、腰椎の反りは大きくなります。先ほども説明したように、背骨の役割を考えてみると次のようなことが考えられます。

腰の反りが強くなる→
背骨のバランスが崩れる→
頭部をうまく支えることができない→
修正が必要→
頚椎のカーブに影響が現れる→
結果、ストレートネックを招くことになる

このような経緯を考えずに、いきなり首の調整を行っても良い結果にはなりません。ストレートネックを改善するには骨盤や足といった土台の調整が必要です。

ストレートネックの施術例

ストレートネックの施術例

骨盤を歪ませている原因を知ることができなければ、ストレートネックの問題は解決しにくいです。首の痛みに悩む人たちへの整体例を紹介していきます。

ストレートネックの感想メール

上を向くと首が痛い

9年前にぎっくり首を経験して以来、常に首と肩には違和感を感じている女性。

首を動かすと再び痛めてしまいそうな恐怖感があり、大きなストレスとなっている。他にも片頭痛や時々起こる手指のしびれなどがある。

左の股関節が内旋していたので、足首を軽く保持し、足先が外に向くように誘導し、変化を確認します。(首や肩が痛いといっても、身体の土台となる足元から調整を行わないとバランスは安定しません)

左の肩が少し下がっている歪みには腕の調整を行います。首の動きを確認してみると、動作がとても楽にできるようになりました。

右肩にも調整を行い、首を後ろに倒す動作、横に倒す動作も楽にできるようになり調整を終えました。

首の矯正で悪化

他院で首の矯正を受けて、かえって調子が悪くなってしまったという男性。

首の他にも肩の違和感、頭重、動悸、下肢のしびれがあり、最近は特に症状がきつくなってきている。

身体をチェックしてみると、原因は首の部分ではなく、別の部分にあることが判明。足先と膝から身体全体のバランスを整えるようにアプローチすると、直ぐに腕を上げる動作や、硬かった左肩の緊張感がやわらぐ。

肩の調整を行うと首を動かした時の痛みはほぼ無くなる。

寝違いを繰り返す

寝違いで首を痛めることが多い男性。

3回の調整後(約1ヶ月後)に痛みがなくなってきたと報告を受ける。再発予防の為、調整を継続中。

首を痛めやすい原因として考えられるのは、股関節周囲筋の緊張、右肩の亜脱臼です。

股関節周囲筋の緊張は比較的早くクリアすることができたのですが、肩の亜脱臼に関しては少し時間が必要でした。(外転時に大きく外れる)

日頃のセルフケアと定期的な調整によって症状は段々とよくなりました。

運動で首の痛みが強くなる

ストレートネックと筋力不足を指摘された女性。

それから一生懸命筋トレをしたところ症状が悪化する。首には熱をもっているような痛みがある。

頚椎の前後屈、回旋、側屈制限、脊柱の捻れ、右腕の捻れ、骨盤の歪み、大腿部の緊張、肩周辺の緊張、臀部の緊張を確認。特に緊張の強い大腿部を押すとくすぐったいという反応がある。

下肢から骨盤にかけての調整を行うと、仰向けで寝るのが楽になり、肩甲骨の上角に抵抗をかけてアプローチしていくと首の可動域がよくなり痛みが軽減する。

臀部から内転筋の調整を行い、肩甲骨から腕にかけても整え、頭部の調整を行い終了。首の熱感が引き、頭痛がとれて久しぶりにすっきりした様子で表情からもかなり楽になっていることが感じ取れました。

ココに注意

首を強い力でマッサージするのはNGです。患部を揉むことで炎症が広がってしまう可能性が考えられます。

※こりを継続的に揉んでしまうと筋肉は段々硬くなる傾向があります。マッサージが好きで強く揉んでもらうことが好きな方は要注意です。

まとめ

ストレートネックで感じている様々な不調は、身体のバランスを整えることによってよくなる可能性があります。

問題の解決の仕方は人それぞれが異なりますので、正しい方法によってケアを行なうことが大切です。背骨の土台となる骨盤や足部を整え、良いバランスを維持できる身体づくりを目指しましょう。

  • この記事を書いた人
又吉陽平

又吉陽平

2014年に整体の操和を開業。自身の不調の経験から同じような悩みを持つ方たちの力になりたいと想い日々研鑽を積んでいます。

Copyright© 【公式】沖縄で慢性的な痛みと症状を改善する|整体の操和 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.