首・肩の症状

沖縄でストレートネックの不調に悩む方に好評の整体内容を紹介

投稿日:

今回の内容はストレートネックについてです。病院では、ストレートネックが不調の原因と言われたのに良い治療方法が見つからずに困っているという方は是非、ご参考ください。沖縄操和の考える不調の改善方法を説明します。

沖縄でストレートネックの症状を克服する

首の痛みやこり感、頭痛、頭重、めまい、気持ちが悪い、手や腕のしびれ、といった不調の原因として、ストレートネックが問題視される場合があります。

しかし、病院でのリハビリだけでは効果が感じられなかったり、痛み止めの薬を長期的に使用してしまう人も後を絶ちません。

沖縄操和では、ストレートネックで起こりうる不調は日常生活での問題点を解決し、適切な方法でのケアを継続していけば、治る可能性が十分あると考えています。

何がよくない?

首の骨(頚椎と言います)のカーブ(生理的彎曲)がなくなり、骨が真っ直ぐに見える状態のことをストレートネックといいます。ストレートネックになると猫背になりやすくなったり、頭部が前方に出やすい特徴があります。

前方に出てしまった頭の重みを支える為には、首や肩の筋肉を働かせることが必要になり、その疲労から筋肉に問題が起きたり、血流が悪化することによって、様々な不調を招くことが考えられます。

(頭が正しい位置にあると骨で支えることができるので筋肉は疲れにくい)

ストレートネックが関連する身体の不調には、首の痛み、酷い肩こり、上を向くのがつらい、背中が痛い、顎が痛い、頭痛、めまい、しびれ、寝違いを繰り返す、夜寝られない、疲れがとれないといったものがあります。

(ストレートネックは万病の元と呼ばれることも!)

ゆがみやすい人とは?

ストレートネックを招く原因のひとつに姿勢の問題があります。背中や腰を丸めて椅子に座ってみると頭部が前方に移動してくることがわかると思います。

このような姿勢を長時間継続していると、頭部は前方へ移動した状態で固定化されてしまい、ストレートネックの歪みをつくってしまうことになります。

背もたれに身体をあずけて椅子に浅く座ることが多い方にも、背骨のカーブが崩れてバランスが悪化することから、ストレートネックの歪みが見られやすくなります。

他にも先天的な背骨の歪み(生理的彎曲の問題)や、弱化した筋肉の問題によって(うまく身体が支えられない)、ストレートネックが起きるケースがあります。

※悪い座り姿勢によって首や肩の筋肉が疲労し、血流が悪化することによって様々な不調が起きやすくなります。

沖縄の整体でストレートネックを根本から整える

一般的に病院や整骨院では、電気治療や温熱治療、または首のマッサージで血流を促進することによって不調の改善を図ります。

しかし、ストレートネックは姿勢の問題による身体の歪みが原因ですので、血流がよくなり症状が楽になったとしても、しばらくすると元の状態に戻ってしまいます。

ここで注意しなくてはならないのは、首だけを治療してもストレートネックの歪みは改善されないということです。

ストレートネックの歪みを治すには、頭部が正しい位置に戻るように姿勢の問題に取り組んでいかなければなりません。

頭部を正しい位置に戻すことができると、首や肩の筋肉にかかっていた負担を減らすことができ、その結果、緊張が弛緩することで血流も改善されやすくなります。

首をマッサージしたり、湿布を貼るだけでは問題が改善されることはありません。

身体に負担の少ないおすすめの調整法

全身のバランスを整えることによって、ストレートネックの歪みを解決することが可能です。

背骨が歪めば、その上にある頚椎にも歪みがでてしまいます。背骨のバランスを正常に近づけるように整えていけば、首の歪みは自然と整いやすくなります。

(病院で首を牽引したり、薬を飲んでいるだけでは問題を解決することができない)

背骨のバランスを整える為には、骨盤や足部といった身体の土台部分を整える必要があります。何故、首のバランスがおかしくなっているのかを考えながら適切な調整を行なうことが大切です。

※座り姿勢の問題や筋肉の疲労を溜めこまないように身体のケアに取り組むことによってストレートネックは改善されやすくなります。

長年の習慣によってできた問題は短時間では改善することができませんので、何度か施術を継続していただけると変化がわかりやすいと思います。

※当院は通院しやすい価格設定にしています。通院する時間がない方はロングコース(しっかりと原因を見極めセルフケアもアドバイスします)がおすすめです。

ストレートネックを改善する為には背骨の土台となる骨盤や足部を整えることが大切です。弱くなった筋肉をしっかり働かせることによって、良いバランスを維持できる身体づくりを目指していきます。

ストレートネック感想

それぞれの問題点を確認し適切な調整を行います。よほど酷い状態ではない限り身体の変化を実感できると思います。調整後には必要なケア方法をアドバイスいたします。

筋トレしたが首の痛みが消えない

病院の検査では特に問題がなく、ストレートネックと筋力不足を指摘された沖縄県浦添市50代の女性。それから一生懸命筋トレをしたところ症状が悪化。首には熱をもっているような痛みがある。

身体の状態は、首の前後屈、回旋、側屈制限、脊柱の捻れ、右腕の捻れ、骨盤の歪み、大腿部の緊張、肩周辺の緊張、臀部の緊張が確認でき、特に緊張の強い大腿部を押すとくすぐったいという反応がありました。

くすぐったいと感じるのも、実は筋肉の緊張からきていることが多く、筋肉の緊張が取れてくるとその感覚も抜けてくることが殆どです。

下肢から骨盤にかけての調整を行うと、仰向けで寝るのが楽になりました。続いて座った状態で肩甲骨の上角に抵抗をかけてアプローチしていくと首の可動域がよくなり痛みが軽減しました。

うつ伏せでは、臀部から右の内転勤群へかけての調整を行い、肩甲骨から腕にかけても整えます。最後に仰向けになってもらい頭部の調整を行い終了。

首の熱感が引き、頭痛がとれて久しぶりにすっきりした様子でした。最初の表情と比べてもかなり楽になっていることが感じ取れました。

気をつけたいこと

首や肩のこりを強い力でマッサージするのはNGです。痛みが強い時には患部を揉むことで炎症が広がってしまう可能性があり、かえって回復が遅れてしまうことが考えられるからです。

※こりを継続的に揉んでしまうと筋肉は段々硬くなる傾向があります。マッサージが好きで強く揉んでもらうことが好きな方は要注意です。

骨格は遺伝する

骨格は両親のどちらかを受け継ぎますので、似たような身体の問題を抱えてしまう可能性は否定できません。

例えば、背骨を横から見たS字状のカーブ(生理的彎曲)には、頭部の重さを分散させる役割があるのですが、反り腰や猫背によって背骨のカーブが崩れた状態では、頭部の重さを分散させることが難しく、身体には大きな負担をかけてしまうことになります。

このような状態が長く続けば、様々な不調を招くことが考えられるので、年齢は関係なく早くから問題の解決に取り組んでいくことが大切です。

※反り腰や猫背姿勢の問題を解決すると症状が楽になるケースは多くみられます。

ストレートネックによる不調と整体のまとめ

現在、ストレートネックで感じている様々な不調は、身体のバランスを整えることによって改善の出来る可能性があります。問題の解決の仕方は人それぞれで正しい方法によってケアを行なうことが大切です。

-首・肩の症状

Copyright© 整体の操和|沖縄県那覇新都心より車で7分 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.