日常生活

トラックドライバーの腰痛で気をつけるべき点とは?問題点に気がつかなければ悩みは消えません。

投稿日:

トラックドライバーの方の多くは腰痛を患っています。

長時間の運転や重たい荷物を積み降ろす作業などによって腰部に負担がかかりやすく、ぎっくり腰のような重たい症状を繰り返してしまう人も少なくありません。

ちょっとした工夫によって痛めるリスクを軽減することができます。是非、ご参考ください。

トラックドライバー時代の腰痛経験

私は前職で10年ほどトラックドライバーをしていました。

腰を痛めてしまった経験も一度や二度ではありません。腰にはサポーターを巻き、準備運動もしっかり行なっていたのですが、腰を何度も痛めていました。

慢性化した腰痛は冬の時期には悪化しました。朝早く出勤してトラックに乗り、積み荷のある倉庫まで1時間ほどかけて移動します(横浜~海老名間)。

到着するのは1番気温の下がる日の出の時刻でトラックを降りると寒さで全身が固まってしまいました。

酒や飲料が主な配達物で重たい物だと30kg近くもあり、積み込むだけでもなかなかの重労働です。もちろん、身体を壊さないようにする為に準備運動は念入り行っていました。

仕事前の準備運動

腰を伸ばしたり捻ったりするストレッチをしていると、腰が暖かくなり多少の動きやすさは感じましたが、腰痛が消えることはありませんでした。

当時はこのような準備運動だけではよくなくならなかったので、腹筋や背筋といった筋肉が弱いのかと考える時期もありましたが、私はジムで長年身体を鍛えていたこともあり、それでも何故、痛むのかという疑問を感じていました。

トラックドライバーがしてはいけないこと

トラックドライバーが腰痛を繰り返すのは、筋肉の疲労が抜けず蓄積されるいくことに原因があります。

注意しなければならないのは、腰部にマッサージを行っても筋肉の疲労を取り除くことはできないということです。

マッサージ店では変化を感じられないといった経験をされた方も多いと思います。腰を揉まれるとかえって悪化させてしまい立ち上がれなくなることも少なくありません。

腰部を硬くさせてしまっている原因は、腰部以外の部分にありますので、腰を一生懸命揉んでも改善することはできないのです。

腰痛ベルト、コルセットの使い方

腰痛ベルトをされて仕事をしている方、ベルトがないと不安な方は、重たい物を持つときにだけ装着するようにしましょう。コルセットをずっと付けていると腰の緊張が強くなることが考えられます。

身体が固まってしまうと血流が悪化し、疲労物質が滞りやすくなってしまいます。腰に対しての固定は最小限にするよう心がけましょう。

腰部にストレスがかかる

長時間の運転によってある筋肉が硬く緊張していきます。これが原因で身体のバランスを悪くさせてしまい、腰部にストレスを感じるようになります。

その硬くなる筋肉は大腰筋といいます。

大腰筋は背骨から大腿骨にかけて付着していて深層にある筋肉です。この筋肉が硬く緊張してくると、骨盤の動きが制限され、腰部に強い緊張が現れます。

座り姿勢では大腰筋を収縮させてしまい、長時間の運転によっては大腰筋が伸びづらくなってしまいます。

立ち上がる際に腰が伸びづらくなるのは、大腰筋の緊張収縮によってみられる現象といえます。

大腰筋の図大腰筋の画像

大腰筋の緊張を取り除くことができると、腰の動きの制限が緩和され、痛みが楽になることが多いです。

運転の前後に行なえること

・片足を前に出し、反対の膝を床につけます。
・腰が反らないように気をつけながら、股関節の前面の筋肉をストレッチします。

無理はせず、気持ちのよさを感じる範囲内で行ないましょう。

60~90秒を目安に。痛みが強くて体勢がとれない場合は中止してください。

簡単で継続しやすい内容です

痛みがでている部分には原因はありませんので、離れた場所に注目することが大切です。

実際に身体を診てみないことには何ともいえない部分はありますが、腰痛を患っている方に大変有効なケアの方法をもうひとつ紹介します。

写真のように腰痛のきっかけをつくる大腿部の筋肉をストレッチします。この時、腰は反らないように気をつけてください。

大腿部は身体で最も強い筋肉となりますので、この筋肉が緊張収縮すると身体を歪ませる力も強いということです。

とても重要な筋肉ですので毎日ケアを行ないましょう。

効果がわからない場合

筋肉に非常に強い緊張収縮がある場合は、ストレッチの効果があまり感じられないことがあります。

そのような状態では、ストレッチの体勢をとることも難しく感じるはずです。

無理はせず、先ずは筋肉の強い緊張を取り除くことを優先しなければなりません。

ストレッチの前段階で筋肉をほぐす工程が必要です。ご自身でできない場合は、私たち専門家にみてもらうことをおすすめいたします。

まとめ

ドライバーの仕事を将来続けていられるか不安を感じている方も多いと思いますが、正しい知識と方法で身体の問題を解決することができれば、多くの腰痛は克服することができます。

この記事が腰痛改善のきっかけとなれば幸いです。

-日常生活

Copyright© 整体の操和|沖縄県那覇新都心より車で7分 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.