沖縄県の整体師がデスクワークの肩こりに効く体操をアドバイス

沖縄県の整体院操和です。今回は肩こりに効果的な体操をいくつか紹介します。肩こりを招く身体の歪みを整えていくと、直接肩をマッサージするよりも高い効果が期待できます。

肩こりに効果的な体操のやり方

ここで紹介する体操は気持ちよく行なうことがポイントです。痛みや不快感を感じた場合には直ぐに中止しましょう。1日の間に3~4回ほど行ないます。

膝倒し(右の場合)

1.仰向けになり両膝を立てます
2.両手を広げます
3.ゆっくり両膝を倒します
(気持ちよく身体を伸ばすように)
4.片方の腕は内側、もう片方の腕は外側に捻ります
5.首は動かしてもかまいません
(気持ちよさがわからなければ反対側を試してみましょう)

気持ちよさがなくなってきたら終了です。1日に3~4回ほど行ないます。筋膜の問題によって起こる身体の歪みを予防することもできます。

肩こり体操膝倒し肩こり体操膝倒し2

内転筋を伸ばす(左足の場合)

1.あぐらから片足を伸ばします
2.伸ばした足のつま先を内側へ捻ります
(前方へ倒す)
3.両手で支えながら身体を前へ倒します
(倒す角度で伸び感が変わる)

太ももの内側を伸ばすことが目的です。イスに長時間座ると硬くなりやすい部分になります。内転筋の緊張は身体の歪みを招きます。60~90秒くらいを目安にリラックスしながら行いましょう。

肩こり体操内転筋

お尻引き体操

1.腰を反らさずに四つ這いの体勢になります
2.両手で床を押すような気持ちで尻を後方にゆっくり降ろします
3.腰を丸めたまま身体を気持ちよく伸ばします
(30~60秒程度を目安に)

身体が硬く感じる場合には無理をしないでできる範囲で行ないましょう。

肩こり体操丸くなる肩こり体操反らす

かかと伸ばし(右)

1.仰向けに寝て脚を少しだけ開きます
2.バンザイをしやすい腕を確認します
3.その腕はバンザイをしながら
4.右のかかとを下方向に突き出すようにして身体を伸ばします
(手は上方向へ、足は下方向へに気持ちよく伸ばしていきます)

背中や腰、ふくらはぎ、アキレス腱まで伸びてくる感覚がわかると思います。

肩こりの体操が効かない場合には

デスクワーク時の肩こりの主な原因は筋肉の疲労です。肩周りの筋肉の疲労を取り除くことができれば肩こりは楽に感じると思いますが、筋肉の疲労が強かったり、身体の歪みが大きい場合には体操の効果があまり感じられないこともあります。

自分の身体の問題点を知り、正しいケアを継続していくことで肩こりは解消することが可能です。

酷い肩こりにお悩みの方は私たちのような専門化にご相談ください。きっと解決の力になれると思います。

仕事中の肩こりの原因と解消法
マッサージが原因で肩こりが酷くなる

こちらの記事もご参考ください。

肩こりの感じ方について

肩こりで悩む人は非常に多く、一般的には筋肉量の少ない女性に多いと言われています。感じ方には、ずっしりと重たい、ガチガチに張っている、ゴリゴリして肩が動かしにくい、と様々です

酷くなると吐き気や頭痛を伴うようになり、デスクワークの仕事に支障がでるケースも珍しくありません。

普段は肩がこらないと言う人でも自覚症状がないだけで、実際に肩に触れてみるとガチガチに硬くなっていることがあります。

酷い肩こりがあるにも関わらず、自分のこりに気づいてないという人もやがて痛みを感じるようになり、そこではじめて肩の問題に気づくことになります。

(重症化するほど治りは遅い)

身近な身体の不調とも言える肩こりは、酷くなる前に早くから解消できるように努めることが大切です。

沖縄県の整体で肩こりを解消するなら

沖縄県の整体操和では不調の改善のお手伝いのことから、再び不調が起きない予防対策にも力を入れています。同じような症状でも原因はそれぞれが違う為、マニュアル通りの施術は行っておらず、それぞれの状態に合わせ最適なアプローチで早期改善を目指しています。

病院、整形外科、整骨院でよくならなかった症状のご相談もお待ちしております。

(要予約)浦添市仲西2-1-17-1階、営業時間10時~21時、日曜祝日も営業、北那覇税務署通り近く、駐車場2台完備、詳しくは上のメニューよりご確認ください。