首・肩の症状

肩こりにマッサージはNG?沖縄で揉んでもよくならない人必見!

投稿日:

沖縄県の整体操和です。慢性的な肩こりはマッサージをしてもよくはならず、肩を強く揉むとかえって悪化する恐れがあります。

肩こりを解消する為には、何故、肩の筋肉が硬くなっているかということに注目することが大切です。肩こりの原因と正しいケア方法についてを説明します。

沖縄で考える肩こりの原因

2018年5月「たけしの家庭の医学」というテレビ番組で放送されたのは、肩こりの根本原因は首や肩の筋肉ではなく、全く別の場所にあったという内容でした。

番組の中で医師は、肩こりを感じさせる筋肉である「僧帽筋」を硬くさせる原因が、身体の歪みに関連すると説明。

身体の歪みを整える為の簡単な体操を数日間続けると、(筋肉の硬さを調べる特殊な機械を使用)体操前後の違いがはっきりと数値に表れる結果となりました。

近年では、慢性的な痛みの原因が痛い場所にはないという考えが広まり、肩は揉めばいい、という常識は消えつつあります。

沖縄県内でも、肩をマッサージしても気持ちがいいだけで、肩こりそのものは解消されないことにお気づきの方も多いと思います。

肩こりの原因を知り、正しくケアできれば、肩こりは解消できる可能性が高いです。

肩こりと整体は相性がよい

パソコンやスマホの使用時間に比例して、肩こりを訴える人は年々増加傾向にあります。(驚くことに小学生の児童にも肩こりの症状が現れている状況です)

また、酷い肩こりがあるにもかかわらず、自分の肩のこりに気づいていないという人たちも増えてきています。

肩こりが酷く、腕が上がらない沖縄県浦添市の女性。施術後には洗濯物が干せるようになったと報告をいただきました。

酷い肩こりに悩む沖縄県那覇市の女性。肩の筋肉はとても硬く、緊張が目立ちましたが、上肢の捻れを調整すると、症状が楽になったようです。

長期的な肩こりは、頭痛や眼精疲労、集中力の低下といった様々な不調を招くことがありますが、整体後には身体の変化を感じていただけるはずです。

次に治りにくいと言われる肩こりの原因と解消方法についてを考えます。

デスクワークによる肩こり

長時間のデスクワークによる筋肉疲労は身体の歪みの原因となります。(そもそも人は座り続けることが苦手で疲労を感じやすい)

腕を前へだしてパソコン作業をしていると、大胸筋という胸部の筋肉が収縮(緊張)しまいます。

筋肉は骨に付着しています。胸の筋肉が収縮すると、肩の骨を引っ張り、前方に巻き込むような形になります。(猫背姿勢になる)

肩が前方へ巻き込まれると、首から肩にかけての筋肉は常に伸ばされて緊張し、肩のこり感が現れます。

他にも腰部や大腿部といった筋肉の緊張が、背中や肩にまで波及し、肩こりを招くことがあります。

肩を一生懸命マッサージしても、直ぐに元の状態に戻ってしまうのは、このような身体の問題を見ていないからです。

※筋肉が収縮すると骨を引っ張り身体の歪みをつくります。

いかり肩となで肩

どちらのタイプも肩こりが酷くなると、片頭痛やめまい、耳鳴りが現れることがあります。

それぞれの状態によってアプローチの仕方は異なり、誤ってしまうと逆に症状が辛くなってしまう特徴があります。

いかり肩、なで肩は、身体を正面から見て鎖骨の角度で判断することができます。

心理的な影響

ストレスが原因となり肩こりが現れることがあります。気が重たくなると姿勢は悪くなりがちで悪循環となってしまいます。

自律神経の乱れによって、身体をリラックスすることができず、なかなか寝付けなかったり、寝ても疲れが取れないケースがあります。

疲労を感じやすい、回復のできない環境では、肩こりを解消することも難しくなります。

静電気を感じやすい人は注意!

電磁波は静電気を誘発させ、プラスイオンを増幅させることで身体に悪い影響を与えます。

パソコンやスマホを長時間使用する人は、電磁波の影響を受けて肩こりや頭痛が酷くなる可能性があります。(静電気を感じやすい人は特に注意が必要です)

常にパソコン作業をしている方には電磁波対策をおすすめします。

※電磁波の影響を受けているかは簡単な検査で確認することができます。

続いて肩こりに効果的な体操をいくつか紹介します。肩こりを招く身体の歪みを整えていくと、直接肩をマッサージするよりも高い効果が期待できます。

沖縄の整体師おすすめの肩こり対策

普段から姿勢が悪くならないように気をつけていても、肩こりの症状はなかなか緩和されません。

姿勢がよければ、肩こりは軽減できると考える人は多いのですが、どんな姿勢でも長時間続けば、疲労が溜まってしまいます。

(中には正しいと思っている姿勢そのものが、首や肩のこりの原因となっていることもあります)

疲労を溜めこむと身体を支えるバランスが悪くなり、余計な力を使って身体を支えなくてはなりません。

これでは筋肉が疲れて肩こりを悪化させてしまいます。

イスに座ると肩がこる

疲れにくく、楽に座れることがデスクワークをされている方にとっては重要です。

座っているときの身体が楽になれば、結果的に肩こりも起こりにくくなります。

先程でも説明したように、筋肉の疲労は身体を支える力を低下させます。

(無意識に肘をついたり、足を組んだりするのは、身体を支える機能が低下していることを示しています)

問題を起こしている筋肉(主に股関節周囲の筋肉)をケアすることによって、身体の軸バランスが安定し、肩こりが解消されやすくなります。

※軸バランスが悪くなると血流が悪化し、疲労物質や痛みを発生させる物質が滞り、様々な不調を招きます。

パソコン作業で肩がこる

マウスの使用は身体の負担を大きくさせます。

腕に捻れが加わる作業が長く続くと、身体の軸バランスは簡単に崩れてしまいます。軸が安定しなければ作業の効率も悪くなりがちです。

(人の話が頭に入ってこない、集中力が低下することも)

バランスが悪い状態を固定化させないようにするには、まめにイスから立ち上がり身体を動かすことが大切です。

適度な運動は身体の緊張を緩和させる役割があり、肩こりにも有効です。

肩こりを感じている人の為の体操方法

ここで紹介する体操は気持ちよく行なうのがポイントです。痛みや不快感を感じた場合には直ぐに中止しましょう。1日に3~4回ほど行ないます。

・膝倒し(右の場合)

1.仰向けになり両膝を立てます
2.両手を広げます
3.ゆっくり両膝を倒します
(気持ちよく身体を伸ばすように)
4.片方の腕は内側、もう片方の腕は外側に捻ります
5.首は動かしてもかまいません
(気持ちよさがわからなければ反対側を試してみましょう)

気持ちよさがなくなってきたら終了です。1日に3~4回ほど行ないます。筋膜の問題によって起こる身体の歪みを予防することもできます。

肩こり体操膝倒し肩こり体操膝倒し2

・内転筋を伸ばす(左足の場合)

1.あぐらから片足を伸ばします
2.伸ばした足のつま先を内側へ捻ります
(前方へ倒す)
3.両手で支えながら身体を前へ倒します
(倒す角度で伸び感が変わる)

太ももの内側を伸ばすことが目的です。イスに長時間座ると硬くなりやすい部分になります。内転筋の緊張は身体の歪みを招きます。60~90秒くらいを目安にリラックスしながら行いましょう。

肩こり体操内転筋

・お尻引き体操

1.腰を反らさずに四つ這いの体勢になります
2.両手で床を押すような気持ちで尻を後方にゆっくり降ろします
3.腰を丸めたまま身体を気持ちよく伸ばします
(30~60秒程度を目安に)

身体が硬く感じる場合には無理をしないでできる範囲で行ないましょう。

肩こり体操丸くなる肩こり体操反らす

・かかと伸ばし(右)

1.仰向けに寝て脚を少しだけ開きます
2.バンザイをしやすい腕を確認します
3.その腕はバンザイをしながら
4.右のかかとを下方向に突き出すようにして身体を伸ばします
(手は上方向へ、足は下方向へに気持ちよく伸ばしていきます)

背中や腰、ふくらはぎ、アキレス腱まで伸びてくる感覚がわかると思います。

肩こりのストレッチが効かない場合

デスクワーク時の肩こりの主な原因は筋肉の疲労です。肩周りの筋肉の疲労を取り除くことができれば肩こりは楽に感じると思いますが、筋肉の疲労が強かったり、身体の歪みが大きい場合には体操の効果があまり感じられないこともあります。

自分の身体の問題点を知り、正しいケアを継続していくことで肩こりは解消することが可能です。このような酷い肩こりにお悩みの方は私たち専門化にご相談ください。きっと解決の力になれると思います。

マッサージが効かない肩こり解消法まとめ

肩こりは一般的には筋肉量の少ない女性に多いと言われており、感じ方は、ずっしりと重たい、ガチガチに張っている、ゴリゴリして肩が動かしにくい、と様々です。

酷くなると吐き気や頭痛を伴うようになり、デスクワークの仕事に支障がでるケースも珍しくありません。

普段は肩がこらないと言う人も自覚症状がないだけで、肩に触れてみるとガチガチに硬くなっていることがあります。

酷い肩こりがあるにも関わらず気づかない場合、やがて痛みを感じるようになり、そこではじめて肩の不調に気づくことになります。(重症化するほど治りは遅い)

マッサージで改善されない頑固な肩こりでも、問題の解決に取り組むことで変化を見せます。

自身の身体の問題を把握し、正しい方法でのケアと対策を継続することが大切です。整体によって身体の軸バランスを整え、血流を改善し、身体本来の回復機能を取り戻しましょう。

-首・肩の症状

Copyright© 整体の操和|沖縄県那覇新都心より車で7分 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.