豊見城市在住のお客様のご相談内容と整体例

沖縄県の整体院操和です。今回は豊見城市から来院された方たちの整体例をご紹介いたします。身体の不調のことは瀬長島入口より車で20分の当院へご相談ください。

レントゲンやMRI検査で原因がわからなかった症状でも、当院独自の検査法によって不調の原因がわかる可能性があります。自身の状態を知り、正しいケアを行なうことで不調の改善に取り組みましょう。

足腰が痛い女性|豊見城市30代

ダイビングが趣味の豊見城市の女性。シーズン中は特に足腰に疲労を感じやすい。腰を曲げづらく痛みを感じる。足はパンパンに張っていて押すと痛い感覚とくすぐったい感覚が混同している。

豊見城の女性にみられた下肢の緊張

仰向けに寝てもらい下肢の調整を行う。すぐに両膝が倒れるようになり、腰の動きが楽になる。横向きでも同様に下肢を調整する。

次はうつ伏せに寝てもらったが、右のお尻にピリピリとした感覚を訴える。足の位置を変えると症状は落ち着く。その体勢のまま下肢を調整するとピリピリした感覚は落ち着く。

特に左のふくらはぎの緊張が強い。この場合、ふくらはぎをいくら揉んでも柔らかくはならない。左の背部の緊張を緩めると、ふくらはぎの緊張が綺麗になくなる。筋筋膜の影響によるもの。

豊見城市の女性を立たせて足腰痛を確認してもらうとだいぶ楽になった様子。再び仰向けで寝てもらい、弱化した左側の大腰筋の調整を行い軸バランスが安定したのを確認して終了。

足腰の痛みの原因

下肢の緊張は股関節や骨盤の動きを制限させる要因となる。これは腰痛を感じる方に多く見られる。日頃から筋肉が疲労しないようにケアを行うことで痛みを予防することができる。但し、硬くなりすぎた筋肉を緩めなければストレッチの効果は薄れてしまう点を中止しなければならない。

脊柱管狭窄症による痛みとは|豊見城市50代女性

持病の腰痛がかなり酷くなった為、病院へ行って検査を受けた結果、脊柱管狭窄症と診断された豊見城市の女性の整体例。

時々、足にしびれがあるが、脊柱管狭窄症の特徴である腰を反らす動作では特に痛みは感じない。逆に腰を丸めた時がつらく、45度以上は曲げることができない状態。

豊見城市の女性は、腰や背中の筋肉の緊張が大変強く、身体全体のバランスは決して良いとは言えない。痛みの原因が筋肉の緊張が招いたバランスの問題であると判断。

狭窄が原因でないことをお伝えすると、女性は少し驚いた様子だったが、必ず良くなることを伝えると安心した表情に。

病院で診断名がついても、それが必ずしも痛みの原因になるわけではない。

手術をしても100%よくなるかどうかはわからないということが、それを物語っているのではないではないだろうか。

目に見える問題の解決よりも不調の改善が目的

身体の観察を続けてみると、首に違和感があり、首を横に捻ったり、倒したりした時には、腰に痛みが現れることが判明。

股関節が硬く、足首は内側へ捻れている。首や股関節の問題は腰痛を引き起こす要因となる。改善のポイントの予測がついたところで調整に入る。

先ずは腰を反らす動作に対する調整から。左の膝裏には大きなしこりを確認でき、左の股関節は右と比べ明らかに動きがよくない状態。問題のある左足からアプローチすることによって、膝裏のしこり、股関節の動きは改善し、腰を捻った時に現れていた痛みが消失。

足首から身体全体に調整を行う。立ってもらい動きの確認を行うと、先程は45度曲げられなかった腰は深く曲げられるようになり、捻ったり、横に倒したりしても痛みは感じられなかった。

診断名だけではない

レントゲン検査による診断名が不調の原因とはならないことが非常に多い。ヘルニアやストレートネックが治れば全てが解決すると思っている方がいるのだが、実際は不調が改善することに取り組まなければならない。

その為には生活習慣を見直し、低下した治癒力を向上させるよう努めることが大切。

ヘルニアが原因?|豊見城市40代女性

病院で頚椎にヘルニアがあると診断された豊見城市女性の整体例。ヘルニアが原因で痛みやしびれなどの不調が現れていると思い込んでいる方は多いが、ヘルニアが確認できても不調なく生活している人は大勢いることを考えなければならない。

首が痛いという豊見城市の女性には、首の後ろに大きなこりを確認することができ、それを押すと嫌な痛みを感じる。肩甲骨にも強い痛みが表れるポイントを確認。

原因は離れた部分にある

首や肩が痛いと言っていても原因は別の部分にある場合が殆どなので、気になった足部から調整を行うことに。

膝裏を探ってみると、はっきりとわかる大きなこりが両足に確認できる。軽く押さえただけでもかなり痛いと少し驚いた様子。

身体のバランスが崩れていると痛いところが出てくる。積み木は足場が不安定だと上はグラグラ揺れてしまう。人も同じようなもの。

納得されたかはわからないが、動作のチェックを続ける。左手をバンザイすると膝裏のこりは消失。身体全体が繋がっていることがわかる。

左腕を優しく補助しながら身体を気持ちよく伸ばす。こり固まった部分が緩むと身体のバランスはよくなることが多い。足の調整を行うと膝裏のこりは綺麗に消えてなくなった。

うつ伏せになって腰を押してみると強い痛みがある。膝を曲げて踵をお尻に近づけてみると、片方の足には違和感がある。曲げると窮屈なので逆に伸ばしていくように調整を行う。

3回繰り返すと身体が柔らかくなり、かかとが楽にお尻につくようになる。

その次に行った調整では、腰と肩甲骨、首のこりが消失。症状が楽になったことを確認し終了。

ヘルニアと診断されてもよくなる可能性がある

ヘルニアと診断されても筋肉の調整で身体のバランスが整い、症状が緩和することが多い。病院で治療ができない場合でも解決できる可能性がある。

ヘルニアレントゲン

腰椎椎間板ヘルニアのお客様のレントゲン写真。イスに座ることもできなかった症状が、週2回の調整を1ヶ月間、その後は2週に1回のペースで、3ヵ月後には医師も驚く結果に。もちろん、本人の努力があっての結果である。

足首の痛みと整体|豊見城市20代男性

3週間前から足首に痛みがでている豊見城市の男性への整体の施術例。男性は以前から当院を利用されている方で、症状は右足大腿部の付け根辺りに動かすと痛みが現れるというものでした。

(計3回の調整を行い痛みは消失し、1ヶ月が過ぎても痛みは再発せず)

今回の足首の痛みは旅行で歩ている時に現れたそうで、今も歩行時には痛みがあり、足首を動かしただけでも痛みを感じるそうです。

足首の痛みと身体のバランス

まずは、うつ伏せに寝てもらい足首の調整を行いました。足首を外へ捻る動作に抵抗がありましたが、その捻れを整えても足首の痛みに大きな変化はありません。

続いて大腿の調整です。これが今回の足首の痛みに大きく関与していたようで、調整後は見事に痛みが消えました。その後、股関節の調整で下腿の緊張を緩和。立ってもらって足首を動かしてもらい、痛みがでないことを確認して終了となりました。

今回の足首の痛みに対して行った施術は、足首の調整、大腿の調整、そして股関節の調整です。わずか10分くらいの時間でしたが、身体のバランスが整ったので足首の痛みは消失します。

足首の痛みを治すためのポイント

身体の特徴としては、右の足首と股関節の硬さが目立ちます。学生時代にはサッカーをしており、何度も足首の捻挫を繰り返していたそうです。足首に歪みや硬さなどがあると、足関節や膝関節、股関節などにも不調が現れやすくなってしまいます。

足首がどうしても硬くなってしまうのは、過去のケガをきちんとケアしてこなっかたことに原因があるようです。施術後には、足首を柔らかくするセルフケアと、歩行時のポイントをアドバイスいたしました。

豊見城市の男性は、当院へ来るのがこの日で4回目でしたが、調整によって直ぐに痛みが抜けるような良い身体の状態を維持できていると感じることができました。ちょっと崩れたとしても直ぐに安定できる身体ということです。

また、メンテナンスで定期的に来院される方は痛みがでたとしても、このように直ぐに変化する場合が殆どです。

豊見城市から58号線に合流し浦添HONDA前を右折後すぐ

当院の場所や料金などの詳しい詳細は上のメニューよりご確認ください。病院や整骨院で原因がわからなかった症状でも、当院独自の検査法により解決方法がわかる可能性があります。