沖縄県宜野湾市在住のお客様のご相談内容と整体例

宜野湾市大謝名交差点より車で10分の整体院操和です。整形外科、整骨院で変化のみられなかった症状でも全身のバランスを整えることで劇的によくなるケースが多々あります。お身体の不調は当院へご相談ください。
このページでは宜野湾市にお住まいの方たちの整体例をまとめています。同じような症状に悩む方のヒントになれば幸いです。

1ヶ月前から左肩が痛い|宜野湾市30代女性の整体

1ヶ月前から左肩の痛みが治らない宜野湾市30代女性の症例。腕を後ろへ回せない、左肩を下にして寝ることができない。肩周りの調整を行うと可動域が大きくなり、痛みは直ぐに消失。調整回数1回。

肩をマッサージしてもよくならない理由

宜野湾市30代女性の左肩の痛みの原因は、胸部と股関節周囲の筋肉の緊張(収縮)でした。デスクワークによる筋肉の疲労によって左肩に痛みが現れている状態です。原因をみない限り、症状はよくならなかったはずです。肩周りをいくらマッサージしても治らない症状といえます。

股関節と胸部のストレッチで肩の不調に対応

左肩が痛くなる前に股関節の違和感と腰痛があったので股関節のセルフエクササイズと胸部のストレッチをアドバイスしました。痛みのある肩に問題がないケースでは肩のケアは特に必要がありません。

床に座るとお尻が痛くなる|宜野湾市10代女性の整体

床に座ると右のお尻が強く当たり痛くなる宜野湾市10代女性の症例。右足のあぐらをかくと膝が大きく浮きバランスが崩れてしまう。前屈の動作が硬い。右の股関節の緊張を緩めると直ぐにあぐらができるようになる。左の大腰筋を緩めると前屈時の可動域が改善。床に座ったときの違和感が消失する。調整回数1回。

骨盤と股関節の歪みが大きい

宜野湾市10代女性には骨盤と股関節の歪みがみられました。歪みに関連する筋肉を緩めると直ぐにバランスが整い、関節の可動域も改善しました。原因は身体の筋肉が緊張しやすい背骨の側弯にあると考えられます。側弯症は直ぐに改善できるものではありませんが、筋肉の問題をクリアできればよくなる可能性があります。

内転筋と腹横筋のセルフエクササイズ

宜野湾市10代女性には、骨盤を安定させる為の内転筋のストレッチ、背部の緊張と腹横筋を鍛えるセルフエクササイズをアドバイスしました。しっかりとケアを行なっていると様々な不調を予防することもできます。

座っていると首が痛くなる|宜野湾市50代男性の整体

2ヶ月前からパソコン作業をしていると首が痛くなる宜野湾市50代男性の症例。長時間、作業をしていると目が開けられないほど強い痛みを感じる。胸部、腕の筋肉に強い緊張。肩の可動域制限。骨盤の動きの制限を調整し、腕と肩の緊張を取り除くと痛みはほぼ消失。調整回数7回。

背部の硬さが首に影響

宜野湾市50代男性の身体で特に気になるのは背部の硬さです。この問題が首に影響し、痛みを起こしていました。背部を緩める為に骨盤のバランスを整える必要がありました。大腰筋、多裂筋の緊張を緩めて、上腕三頭筋と三角筋の緊張を緩めると首の痛みは殆ど気にならないまでによくなりました。

足の調整によって全身が変わる

宜野湾市50代の男性には、足首のセルフエクササイズと大腿部、側部のストレッチをアドバイスしました。痛みを再発させないようにする為には、筋肉に疲労を溜めこまないように心がけなければなりません。自分の身体がどんな状態なのかを知り、適切なセルフケアを行なうことが大切です。

起床時に腰が痛くなる|宜野湾市40代女性の整体

宜野湾市40代女性には元々腰痛があり、仰向けに寝ると背中や腰が苦しい。最近は右の肩や背中も張っていて仕事に支障がでている。身体は右に傾き、上半身は後ろへ反るような歪み(スウェイバック姿勢)がみられる。右の股関節のバランスを整えると腰の痛み、背中の違和感は楽になる。調整回数3回。

股関節の問題とぎっくり腰

宜野湾市40代女性の腰痛の原因は、筋肉の疲労による股関節の歪みでした。高校の頃からぎっくり腰を繰り返しているので恐らく昔からバランスはよくなかったのではないかと思われます。その後、デスクワークによって股関節周囲の筋肉は疲労し、バランスが更に悪くなり痛みを起こしていたのだと考えられます。

股関節と骨盤のセルフケア

宜野湾市40代女性には、股関節周囲の筋肉のストレッチと骨盤を整えるセルフケアをアドバイスしました。デスクワークによって固まった筋肉を自分でも毎日ケアすることが大切です。筋肉の疲労は身体の歪みを招くということを忘れてはなりません。

背中に鉛を担ぐ感覚|宜野湾市40代男性

背中の症状には鉛を担いでいるようだと表現される方もいます。多くの場合、身体の疲労がこのような不調を招きます。

基本的には不調を感じている背中のみを調整しても楽にはなりません。宜野湾市の男性の調整ポイントは腰周りから下にかけての部分にありました。

背中には殆ど触れることはなかったのですが、鉛を担いでるような感覚は消失し、満足のいく効果を感じていただけたようです。

硬くなった背中と調整ポイント

身体の状態、生活スタイルを確認することも大切です。身体が今どんな状態になっていて、何処に問題が起きやすくなっているのか確認していきます。

例えば、動作から左右のアンバランスがはっきりとわかることがあるし、筋肉の緊張状態から身体のクセを読み取ることができます。検査を丁寧に行なっていくことで、無駄のない施術を組み立てることが可能です。

宜野湾市の男性の身体を確認すると、腰部の可動域の制限、股関節の歪み、そして、胸部、腋下、下肢に緊張がありました。土台となる足から調整し、それから腰部、上半身と調整していくと、背中の症状は殆ど気にならない状態になりました。

背中の違和感を改善するには

疲労が蓄積しにくい身体を目指し、生活習慣の改善にも努めなければなりません。ちょっとした工夫で身体がとても楽になることがあります。必要なケア方法も同時にアドバイスしてもらいましょう。

座るときつくなる肩と腕の症状|宜野湾市男性40代の整体

左の肩から腕にかけてのこり感と重たい感覚が3ヶ月続いているという宜野湾市の男性です。運転中や床に座っているときが特に辛く、長時間すわることができない状態です。

左側の肩から背中に強い張り感を確認することができました。左の肩甲骨は右と比べてはっきりと隆起していることがわかります。

足の長さが左右で約1.5センチほどずれており、背骨も歪み、重心は片足に偏っていて傾いているような状態でした。

両方の膝裏にこり(身体のバランスの悪さは膝裏にこりが現れる)と右大腿の外側にも硬さを確認することができます。

土台からバランスを整えていこうと思ったのですが、あまりよい感覚が得られませんでした。

膝裏のこりが消える動き(正常のバランスになる)を探してみると、左腕の動きにポイントがあることがわかりました。男性の腕を外側、内側へと捻っていき、よい感覚があるかどうかを確認します。

内に捻る動きに感じのよさがあるので調整を行います。結果、肩と腕の違和感は消失しました。

座り姿勢の影響で身体の軸バランスが崩れる

違和感が無事になくなったので終了しました。最後に、ひとりでできるバランスの整え方と座り姿勢のアドバイスをしました。肩と腕の違和感が座ったときに強くでるということで姿勢の問題が大きく影響しているのは間違いないようです。

特にデスクワークの仕事をされている方などは、正しい座り方を意識するだけで楽になることもあります。

症状の再発予防には身体のケアが必要です。不調の原因となる疲労をなるべく身体に溜め込まないようにケアしなくてはなりません。

お身体の悩みは宜野湾市大謝名交差点より車で10分の操和へ

このように不調の原因は思わぬ場所にある場合が殆どです。レントゲンやMRI検査ではわからない問題が潜んでいる可能性があります。当院独自の検査法により不調の原因を探し、改善のお手伝いをいたします。