背中が痛くなる時に気をつけたいこと|沖縄県整体の操和

沖縄県の整体院操和です。あなたの背中の痛みの原因は筋肉の問題にあるかもしれません。背中の筋肉の緊張を緩めることによって、痛みの症状を改善できるケースがあります。なかなか良くならない背中の痛みでお困りの方は是非、参考にしてみてください。

背中に痛み起こす主な筋肉について

背中に強い痛みを招く主な筋肉は次の3つです。これらの筋肉に強い緊張(収縮)が発生すると、痛みや可動域の制限が表れやすくなります。

1.脊柱起立筋の緊張(硬縮)による影響

脊柱起立筋のイラスト

背部と臀部(お尻)に痛みを送る
身体前面または内臓に痛み
を送る(内臓疾患に間違われることがある)
肋骨の炎症、靭帯損傷、椎間板の症状と誤解されやすい

脊柱側弯症の原因となる(仙腸関節をずらし、骨盤を捻るか、傾ける)
知覚神経を圧迫している場合、背中の皮膚は敏感になるか、部分的な痺れを起こす

脊柱起立筋の緊張の原因

重たい物を持つ、むちうち症の影響、長時間の同じ姿勢、反復運動(繰り返しの作業)などによって緊張しやすい。よい姿勢を意識しすぎて背中の筋肉が緊張し硬くなることもある。

2.多裂筋の緊張(硬縮)による影響

多裂筋のイラスト

背骨全体の痛みのように感じる
腰部に鋭い痛みを起こす
尾骨は関連痛の為、敏感になりやすい
長期の緊張は脊柱側弯症の原因となる可能性がある
(多裂筋は身体の中でも強靭な筋肉)

多裂筋の緊張の原因

不均衡な姿勢の維持、慣れない庭作業や子供を持ち上げる動作、咳や排便時にも強く収縮する。

3.腰方形筋の緊張(硬縮)による影響

腰方形筋のイラスト

股関節、臀部、仙腸関節の周囲で痛みが起きることがある
咳、くしゃみで鋭い痛みをもたらし、動くのが億劫になる
骨盤の動きを制限して坐骨神経痛の症状を引き起こす
腰椎または仙腸関節を引き、位置をずらす場合がある
片側の骨盤を高くし、腰椎の前弯過多、見かけ上の左右の足の長さのアンバランス(短脚)のような異常なカーブを形成する

腰方形筋の緊張の原因

転倒や交通事故で損傷を受ける、バランスが崩れた状態でひねる、または物を持ち上げた場合も負担がかかる、臀筋が硬い、弱くなっている場合には酷使される。

 背中が痛くなるのを予防するには

日常生活で筋肉に疲労が溜まると筋肉を硬くさせて緊張が生じてしまいます。日頃からストレッチや軽い体操などによって筋肉を柔らかくするよう心がけることが大切です。

デスクワークのお仕事をされている方は、小まめに立ち上がるだけでも緊張をリセットできます。仕事に集中してしまうと時間の経過に気づけないこともありますので、イスから立ち上がる時間を自分で設定するなどの対策も必要です。

硬くなった背中を緩める方法は、

マッサージが効かないガチガチに硬い背中の緩め方

こちらの記事をご参考ください。簡単な体操によって背中が硬くなるのを予防することが可能です。背中が痛くなる前に毎日続けることが大切です。

身体の不調は、日常生活のちょっとしたクセ、無意識のうちに身についた動作、動かしやすい方向への反復動作、長時間の同じ姿勢などによって、筋肉が疲労し、身体のバランスが崩れたことによって起きやすくなります。

自分の身体がどのような状態になっているのかを知り、正しい内容でケアを継続することが再発予防に繋がります。

背中の痛みを解決する沖縄県浦添市、那覇市エリアの整体操和

当院では、背中の痛みの改善のお手伝い、再び痛みが起きない身体にすることを目標に一人ひとりに合わせた内容をアドバイスしております。

背中の痛みの原因は人それぞれが違う為、マニュアル通りの施術では対応することできません。お話しをしっかりと聞いてみて原因を探り、解決を目指します。機械は使用せず、手技のみでの調整となります。

病院、整形外科、整骨院で満足できなかった方も一度ご相談ください。

(要予約)10~21時まで、日曜祝日も営業、北那覇税務署通り近く、駐車場2台完備。当院の場所と料金、詳細は上のメニューよりご確認ください。