沖縄県浦添市在住のお客様ご相談内容と整体例

沖縄県浦添市の整体操和です。レントゲン、MRI検査で原因のわからなかった症状でも身体のバランスを整えていくと問題が解決できる可能性があります。不調に悩む方たちのヒントになれば幸いです。

身体の不調は患部をマッサージしたり、運動をするだけでは改善できない場合があります。病院で原因がわからなかった症状のご相談もお待ちしております。

整形外科では原因のわからなかった首の痛み|浦添市50代女性

病院でのMRI検査では特に問題がなく、肩甲骨の緊張と筋力不足を指摘された浦添市50代女性。それから一生懸命筋トレをしたところ症状が悪化。首には熱をもっているような感覚がある。

首の痛みと大腿部の関係

浦添市50代女性の身体の状態は、首の前後屈、回旋、側屈制限、脊柱の捻れ、右腕の捻れ、骨盤の歪み、大腿部の緊張、肩周辺の緊張、臀部の緊張を確認することができます。特に緊張の強い大腿部を押すとくすぐったいと反応がありました。

くすぐったいと感じるのも、実は筋肉の緊張から感じることが多く、筋肉の緊張が取れてくるとくすぐったいという感覚も抜けてくるはずです。

下肢から骨盤にかけての調整を行うと仰向けで寝るのが少し楽になりました。続いて座った状態で肩甲骨の上角に抵抗をかけてアプローチしていくと首の動作が楽になります。

特にこの辺りの筋肉の緊張が非常に強く、首の動きの邪魔をする要因になっているようでした。

うつ伏せでは、臀部から右の内転勤群へかけての調整を行い、肩甲骨から腕にかけても整えていきます。最後に仰向けになってもらい頭部の調整を行い終了です。

首の状態は完璧ではないものの熱が引き、頭痛がとれて久しぶりにすっきりした様子。最初の表情と比べるとかなり楽になっていることが感じ取れます。

疲労の蓄積が原因

今回、何故このような痛みが現れたのか気になると思いますが、日常生活での疲労をうまく解消できず、少しづつ蓄積してしまったことが痛みの原因だと思われます。

梅雨時期に多いぎっくり腰|浦添市40代女性

浦添市40代女性は、硬い背中が影響するタイプのぎっくり腰でした。(長時間のデスクワークにより腰を痛めてしまう方が多い)

ぎっくり腰では、身体を全く動かせないようなケースや、ある方向にだけ動かすことができない、座り姿勢は辛いけど歩くことはできる、といった痛みの特徴がそれぞれにあります。

女性の身体の状態をチェックして、制限のある動作、姿勢、ぎっくり腰になる以前の違和感、普段の生活スタイルなど、様々な情報を把握することで痛みの原因を特定します。

※ぎっくり腰でよく耳にするのが、施術を受けたことで症状を悪化させてしまうケースです。無理な体勢で施術を行ったり、むやみに腰部を揉んだりするのは大変危険です。

関節可動域の問題

浦添市40代の女性には、関節可動域の制限を確認することができましたので、そのまま座った状態で調整を行いました。身体をある方向へ少しだけ動かしてもらうと、すぐに良い感覚があったようで、辛かったイスから立ち上がる動作が楽にできるようになりました。

仰向けの体勢ができるようになったのを確認してから仰向けでの施術を試みました。(ぎっくり腰の場合、同じ姿勢をとっていることで症状がきつくなってしまうことが多いので短時間で調整を終える必要があります)

仰向けの調整が終わると、だいぶ楽になったということでこの日の調整は終了しました。ぎっくり腰の痛みは通常2~3日くらいで引いてくるものですが、なかなか改善しなかったり、再び痛めてしまうような場合もありますので、整体後もセルフケアなどを行い再発予防を心がける必要があります。

ぎっくり腰と生活習慣

誤った習慣から身体のバランスが崩れて痛みを引き起こしているケースが多々あります。思わぬ場所に疲労が溜まり、それが原因で痛みを引き起こすことが多々あります。時にはゆっくりと休息し、身体を労わることも大切です。

痛みで歩けなくなった|浦添市30代女性

歩くこともままならない状態の浦添市30代の女性。体を横向きにして寝るのが一番楽だと言うので、その状態から調整を始めていきました。

足の問題が痛みを招く

始めに、身体の土台である足から調整していくと、辛かった仰向けの体勢が直ぐにできるようになりました。仰向けの状態で身体を痛くない方へと誘導します。

確認してもらうと歩行が少し楽になったことが実感できたようです。立った状態で再度、身体を楽な方へと誘導し、動作を再確認してこの日の調整は終えました。

痛みはまだ残ってはいましたが、靴を履く動作で感じていた腰の痛みが、かなり薄れていることに気づかれたようです。その場では変化が分かりづらい場合でも、後から楽になっていることがわかることもあります。

急性の痛みは早い段階で処置する

翌日は随分と調子がよく、楽々と歩いて来院されました。アドバイスしたセルフケアを行っていると、当日のうちに痛みが殆ど取れたとのこと。ご本人の治したいという気持ちがよい結果となってあらわれました。

痛みが移動する腰痛|浦添市50代女性

数年前から腰を痛めている浦添市50代女性。身体を観察してみて一番気になったのは、お腹を前に突き出している立ち姿勢(反り腰)でした。

反り腰が腰痛を招く

動診という動きによるバランスチェックでは、腰を前に曲げる動作は楽で反対に後ろへ反らす動作では痛みが現れます。腰を右に倒すと痛みが現れ、左に倒す動作では痛みはありません。前後、左右のバランスの崩れがはっきりと確認できる状態でした。

仰向けに寝てもらい膝の裏側を確認してみると、両方の膝裏にはっきりと大きなこりを確認でき、それを押すと痛みから逃げるようにして左足を自分の身体のほうへと近づける動き(逃避運動)が見られます。

両膝は右側へは倒れますが左には倒しづらい状況です。立てた膝を右側へ倒すと膝裏のこりが消失することを確認できました。左のかかとを浮かせてみても同様に膝裏のこりが無くなることがわかります。(膝裏のこりは身体のバランスの崩れの表れ)

調整を試みたのですが、両方向ともに倒すと腰が痛くなるので中止し、右のつま先上げと左のつま先を下げる内容の調整へと切り替えます。いい反応があったので、この調整を継続しました。

これで痛みなく膝が楽に倒れるようになりました。

次にうつ伏せになってもらい調整を行いました。右足が楽に上がるけど左足は上げづらいようで、右足の引き上げる動作にはいい感覚があり、これをしばらく行い脱力します。そうすると上げづらかった左足はスムーズに上がるようになりました。

右足の硬さが少し気になっていたので、足首を外から内へねじる調整を2回。右足の硬さがとれて動きにも柔軟さがでてきました。ここで一度起き上がってもらい動作を確認してみることにしました。

不安は残るが痛みは軽減

調整前と比べると痛みはだいぶ楽になっていますが、腰を動かした時の不安は若干残るようでした。バランスが定着するには少し時間がかかるかもしれませんが、改善の見立てはできていますので、調整を続けると良い結果になるはずです。セルフケアのアドバイスをしてこの日は終了となりました。