9年前から続く首と肩の痛み「沖縄県座間味村女性」

ご夫婦で整体、奥さんの症例です。9年前にぎっくり首のような痛みが現れて以来、常に首と肩には違和感を感じているようです。首を動かすと再び痛めてしまうのではないか、という恐怖感があり、これが大きなストレスとなっている状態でした。他にも片頭痛や時々起こる手指のしびれなどがあるようです。

首と肩をみるだけでは改善しない、沖縄県座間味村女性の症例

検査では首を後ろへ倒す動作と左に倒す動作、左にねじる動作で痛みが強くなります。左の股関節が内旋していて膝裏にはコリが確認できました。足もむくみやすいとのことでした。

土台を安定させて首の痛みを改善する

首や肩が痛いといっても、身体の基礎となる足腰から調整を行わなければ、身体のバランスは安定していきません。

足首を軽く保持し、足先が外に向くように誘導します。軽く抵抗を加えて、つま先が内側に動くように身体をねじってきてもらいます。

かかとを外へねじるように意識して、つま先を内側へねじるのがポイントです。上手くいけばこれで全身のバランスが整います。変化を再確認して次の調整を行います。

肩のバランスから痛みを読み取る

ベッドから起き上がってもらい、座った状態で姿勢を確認してみると、左の肩が少しだけ下がっているのがわかりました。左の腕を外へねじりバランスの調整を行います。

肩の辺りに気持ちよさがあるいうことで暫く継続します。腕をねじったままで肩の角度を変えたりしながら受け手の負担がないように調整します。

これで首の動きを確認してみると、左にねじる動作がとても楽にできるようになりました。後ろに倒す動作と左横に倒す動作にはまだ痛みが残っていましたので次の調整です。

右肩を上げる動きを誘導していきます。きつくない程度に右肩を耳に近づけるように上げて、右のお尻へ体重を移動、身体が気持ちよく伸びるように誘導します。これで首を後ろに倒す動作、横に倒す動作が楽にできるようになりました。

首と肩の痛みを繰り返さないために

セルフケアとして踏み込み操法のアドバイスをいたしました。調整が上手くいっても身体はまだ不安定な状態ですので、ご自身でもセルフケアを続けて頂く必要があります。その場しのぎでは意味がありませんので。

仰向けになり、左の腕を外にねじり、膝を倒して腰をねじる動きで気持ちよさが感じられますので、旦那さんと同じ内容でバランスが整うと思われます。ご夫婦共に腕を使う作業が多いの原因かもしれません。

整体と自然治癒力

赤ちゃんを抱っこすることさえも今の状態ではとても辛いことだったと思います。それでも笑顔の奥さんにはとても感心いたしました。9年間続いた症状ですので、なかなか直ぐには改善しないかもしれませんが、少しずつ関節の可動域を広げていくことで、動作が楽になり、痛みは減っていくはずです。

那覇市、浦添市、宜野湾市近郊で首の痛み、肩の痛みでお困りなら整体の操和へ

当院では不調の改善だけではなく、再び不調が起きない身体にすることにも力を入れています。同じような症状でも原因はそれぞれが違う為、マニュアル通りの施術は行っていません。病院、整形外科、整骨院で改善しなかった症状でもよくなるケースが多々ありますので一度ご相談ください。それぞれの状態に合わせ最適なアプローチで早期の改善を目指していきます。

(要予約)098-876-4948、10~21時、日曜祝日も営業、北那覇税務署通り近く、駐車場2台有、当院の場所と料金は上のメニューよりご確認ください。