フットサルの腰痛|椎間板ヘルニアと診断の沖縄県浦添市男性

沖縄県浦添市、那覇市エリアの整体の操和です。今回の内容は整形外科で軽度のヘルニアと診断された浦添市男性の症例です。時々、腰を動かせないくらいの痛みがあり、足先にはしびれが現れているそうです。

痛みの原因は本当にヘルニアなのか?浦添市男性の整体

まず始めに、楽な動作と辛い動作の確認をしてみると、腰を丸める動作では痛みが強くなり、逆に腰を反らす動作では気持ちの良い感覚があるようです。(ヘルニアの特徴と一致する)腰を捻転させた時には左側へ捻る動作に制限がありました。

頸、脊柱に歪みが見られ、右足が左足と比べると1.5センチほど短くなっています。両方の膝裏にこりがあり(身体のバランスの崩れは膝裏にこりが現れる)左の大腿部に強い緊張が確認できます。

以前、ケガをした影響で足首を曲げる動作ができない時期があったようで、足部にも問題を起こしているポイントがあるのではないかと判断しました。

つま先を下げる動き(足首の可動のチェック)では膝裏のこりが消失することが確認できます。両方の足の裏に自分の手をあて、ぶれないよう支えをつくり、ゆっくりと足裏を踏み込むように誘導します。

すると、腰部のあたりに気持ちよさがでてくることがわかり、それをしばらく味わった後に屈曲の動作を確認してみると、腰の痛みが軽減し、前に曲げる動作が楽にできるようになりました。

次に、かかとをゆっくりと気持ちよく伸ばしてもらいます。(大腿部の緊張をとる)伸ばしやすいほうのかかとに補助抵抗を加えながら身体を操ります。この動きにも腰部を中心に気持ちのいい感覚があるとのことでした。

しばらくすると股関節のつまり感が消失。膝裏のこりもなくなり、足が軽くなりまいた。

右の足首に抵抗を加えて楽な方へ捻る動きを誘導し(股関節と足首の調整)少し動いたところで抵抗を加えると身体全体が連動をみせました。これで腰を捻ったときの制限はなくなり、動作にも安定感がでてきました。

腰痛と身体の使い方のポイント

安定重心の法則のアドバイスをしてこの日は終了となりました。身体としっかり向き合うことができる方なので回復も早いと思われます。改善したあとは思う存分スポーツを楽しんでもらいたいと思います。

ヘルニアと診断されても痛みの原因とは限らない

病院のレントゲンの診断だけでは痛みの本当の原因はわかりません。今回のケースでは筋肉の問題が身体の歪みを引き起こし、痛みを発生させていることがわかりました。大きなヘルニアがある場合でも症状が緩和されることもあります。(但し、外側ヘルニアでは耐えられないような激しい痛みがあり手術が必要になる)

沖縄県浦添市、那覇市エリアで腰痛ヘルニアでお困りなら操和へ

当院では不調の改善だけではなく、再び不調が起きない身体にすることにも力を入れています。同じような症状でも原因はそれぞれが違う為、マニュアル通りの施術は行っていません。それぞれの状態に合わせて最適なアプローチで早期改善を目指していきます。病院、整形外科、整骨院でよくならなかった症状でもご相談ください。

(要予約)営業時間10~20時迄、日曜祝日も営業、北那覇税務署通り近く、駐車場2台完備、当院の場所と施術料金は上のメニューよりご確認ください。