朝起きると痛い腰痛の治し方|沖縄県浦添市、那覇市の整体操和

沖縄県浦添市、那覇市エリアの整体の操和です。今回の内容は朝が辛い腰痛の治し方についてです。朝起きたときになぜ腰が痛くなるのか、その理由を説明します。

何故、朝に腰痛が辛くなるのか

腰痛が現れている方の殆どに筋肉の問題があります。筋肉は緊張(収縮)すると骨を動かし身体に歪みが生じます。それが原因で腰部には負担がかかってしまうことになります。

筋肉が収縮した状態で固定化してしまうのは、筋肉に溜まった疲労物質が主な原因なのですが、意外なことに人は寝ているだけでも筋肉を緊張(収縮)させてしまいます。

寝ているときに筋肉が緊張(収縮)するので、ますます身体のバランスは崩れて朝起きたときには痛みが増してしまうのです。

反り腰タイプの腰痛

腰痛を感じている方に多い歪みが「反り腰」という腰が過剰に反った歪みです。仰向けで足を伸ばして寝ると、この反り腰が強調されてしまうので、仰向けで寝る姿勢が苦痛に感じます。

仰向けで寝たときに腰に大きな隙間ができてしまう人は、反り腰と判断しても間違いないかと思われます。

反り腰の原因

背筋をピンと伸ばす姿勢は一見すると良い姿勢に見えるのですが、この綺麗に見える姿勢に実は問題が潜んでいることが多いのです。良い姿勢を意識しすぎることで、背骨が過剰に反ってしまい、反り腰の歪みをつくってしまうことがあります。

(自分が思っている良い姿勢が身体に良いとは限らない)

反り腰の弊害

反り腰によって背骨の弯曲が大きくなると、椎骨の間隔が狭まり、椎間板にストレスがかかることによってヘルニアが生じ、神経を圧迫することも考えられます。

(お尻や太ももの痺れの原因になることがある)

反り腰の治し方

反り腰タイプの腰痛を改善する為には、身体の土台である骨盤や足部のバランスを整える必要があります。また、日頃から筋肉に疲労を溜めこまないように努めることも大切です。

(姿勢を意識するのではなく、楽に姿勢を維持できる身体のバランスを目指しましょう)

沖縄県の整体師が教える腰痛に効果のある体操とストレッチ

セルフケアの方法はこちらの記事を参考にしてください。

腰痛のケアで注意しなければいけないこと

腰を丸めて痛みが現れる場合には、腰を反らせた時に気持ちがいいと感じる方がいます。このような場合は、なるべく腰を丸めないように心がけます。

(痛い動きを再現させないようにする)

腰を反らせた時に痛みがでるのと腰を丸めた時に痛みが出るのとでは、施術の内容も変わってきます。自分の状態に合ったケア方法を選択しなければあまり効果を感じられないことがあります。自分の身体の状態が気になる方は当院にご相談ください。

朝に痛みを起こしやすい反り腰をつくる筋肉の種類

反り腰の歪みを作る主な筋肉は腸腰筋、大腿筋膜張筋、大腿四頭筋、多裂筋です。これらの筋肉が緊張(収縮)すると骨を引っ張り歪みが起きます。

反り腰を改善する為にはこの収縮した筋肉を緩めることが大切です。

何故、筋肉が収縮するのか?

筋肉が収縮する主な原因は疲労です。長時間、同じ姿勢を続けたり、同じ動作を繰り返すことによって筋肉は疲労し、収縮します。

ご自身でもなるべく筋肉に疲労をため込まないようにケアを行なうと、それだけ改善は早くなります。

沖縄県浦添市、那覇市、宜野湾市エリアで腰痛の改善なら操和へ

当院では不調の改善だけではなく、再び不調が起きない身体にすることにも力を入れています。同じような症状でも原因はそれぞれが違う為、マニュアル通りの施術は行っていません。それぞれの状態に合わせ最適なアプローチで早期改善を目指します。病院、整形外科、整骨院でよくならなかった症状でもご相談ください。

(要予約)098-876-4948、10~21時迄、日曜祝日営業、北那覇税務署通り近く、駐車場2台、場所と料金は上のメニューからご確認ください。