沖縄県浦添市女性の整体例、痛みが移動する腰痛

数年前から腰を痛めている浦添市の女性の整体例です。立ち姿勢を観察してみて一番気になったのは、お腹を少し前に突き出して立ち腰が反っている状態でした。最近になってから痛みは左腰から右腰の方へ移動しているようです。

痛みが移動する腰痛の整体

動診という動きによるバランスチェックでは腰を前に曲げる動作は楽で、反対に後ろへ反らす動作では痛みが現れます。腰を右に倒すと痛みが現れ、左に倒す動作では痛みはありません。前後、左右のバランスの崩れがはっきりと確認できる状態でした。

バランスを整えて腰痛を緩和する方法

仰向けに寝てもらい、膝の裏側を確認してみると両方の膝裏にははっきりと大きなこりがありました。これを少しだけ強く押すと、女性は痛みから逃げるようにして左足を自分の身体のほうへと近づけました。(逃避運動)

両膝は右側へ倒れます。これらの動作をヒントに、立てた膝を右側へ倒すと膝裏のこりが消失することを確認できました。左のかかとを浮かせてみても同様に膝裏のこりが無くなることがわかりました。

まずは膝倒しの操法を試みたのですが、両方向とも倒すと腰が痛いので中止し、右のつま先上げと左のつま先を下げる操法へと切り替えます。気持ちがいいという反応があったので、この感覚をしばらく味わってもらい脱力してもらいました。これで膝は左右ともに楽に倒れるようになりました。

次にうつ伏せになってもらい、かえる足の操法を行いました。右足が楽に上がるけど、左足は上げづらいようです。右足の引き上げる動作には気持ちよさがあるようで、これをしばらく味わってもらい脱力することで、上げづらかった左足はスムーズに上がるようになりました。

右足の硬さが少し気になっていたので、足首を外から内へねじる動作を2回ほどやってみることにしました。右足の硬さが見事にとれて動きにも柔軟さがでてきたようです。ここで一度起き上がってもらい状態を確認してみることにしました。

腰痛が再発しない身体に

調整前と比べるとだいぶ痛みは楽になっていますが、腰を動かした時の不安は若干残るようでした。バランスが定着するにはもう少し時間がかかるかもしれませんが、改善の見立てはできていますので、しばらく調整を続けると良い結果になるはずです。セルフケアのアドバイスをしてこの日は終了となりました。

沖縄県浦添市、那覇市近郊で腰痛でお困りの方は操和へ

筋肉の緊張を取り除き、身体の歪みを整えていくことで腰痛を緩和させます。痛みの原因は腰にはない場合が殆どです。ヘルニア、狭窄症と診断された方もご相談ください。よくなるケースが多々あります。

(要予約)098-876-4948、10~21時迄、日曜祝日営業、北那覇税務署通り近く、駐車場2台