整形外科で頚椎ヘルニアと診断された沖縄県那覇市の女性

ヘルニアが原因で痛みやしびれなどの不調が現れていると思い込んでいる方は多いようですが、ヘルニアが確認できても不調がなく生活をしているという人は大勢います。病院で頚椎にヘルニアがあると診断された那覇市女性の症例です。

ヘルニアが不調の原因ではなかった?沖縄県那覇市の女性の整体

女性の身体には右の首の後ろに大きなこりを確認することができました。そこを押すと嫌な痛みを感じるそうです。肩甲骨にも押すと強い痛みがでるポイントがあります。首や肩が痛いと言っていても原因は別のところにあることが殆どです。今回も気になる足部からの調整となりました。

ヘルニアでも土台から整体

早速、膝裏を探ってみると予想通り、はっきりとわかる大きなこりが両方の足に確認することができました。軽く押さえただけでもかなり痛そうな表情をしています。「なんですかこれ!?」と少し驚いた表情の女性です。

「身体のバランスが崩れていると、こういう痛いところが出てくるんです。」「積み木は足場が不安定だと上のほうはグラグラ揺れますよね。人間も同じようなものなんです。首をよくしたいのなら足から治さないといけませんよね。」

そんな簡単な説明になるほど!と思ったのかどうかはわかりませんが、続けて動作の確認をしていきました。左手をバンザイすると膝裏のこりは無くなります。女性は又驚いている様子でしたが、なんとなく身体全体が繋がっているということがわかっていただけたようでした。

左腕を優しく補助しながら気持ちよく伸ばしていきました。膝も自然と楽なほうへ倒れていきます。気持ちよさを十分味わってから脱力します。次に、つま先あげをしてみたのですが、これで膝裏のこりは綺麗に消えてなくなりました。

次はうつ伏せの調整です。腰を押してみると痛みがあるようです。足をバタバタとさせていたので痛みは強かったのかもしれません(痛くしてごめんなさい)。このような逃避の動きが調整のヒントになることがあります。膝を曲げてかかとをお尻に近づけてみると、片方の足には違和感があるのがわかりました。曲げると窮屈なので逆に伸ばしていくことにしました。

「かかとを伸ばしてきながら、腰も背中も気持ちよくなるように動かしてくださいね。」これを3回繰り返すと、かかとが楽にお尻につくようになりました。

その次に行ったのがかえる足。楽なポジションから足を引き上げてもらったのですが、この動きは窮屈に見えたので、逆に足を下げていくと首のほうまで綺麗に連動し気持ちよさがでてきました。しばらくこれを味わって脱力します。これで腰と肩甲骨、首のこりが見事に無くなってしまいました。症状が楽になったので終了となりました。あと数回ほど調整すればだいぶよくなると思われます。

沖縄県浦添市、那覇市、宜野湾市近郊でヘルニアでお困りなら整体の操和へ

当院では不調の改善だけではなく、再び不調が起きない身体にすることにも力を入れています。同じような症状でも原因はそれぞれが違う為、マニュアル通りの施術は行っていません。それぞれの状態に合わせ最適なアプローチで早期改善を目指します。病院、整形外科、整骨院で治らない症状でもご相談ください。

(要予約)098-876-4948、10~20時迄、日曜祝日営業、北那覇税務署通り近く、駐車場2台有