整形外科で脊柱管狭窄症と診断された沖縄県浦添市の男性

沖縄県浦添市、那覇市エリアの整体の操和です。今回の内容は脊柱管狭窄症についてです。坐骨神経痛の症状の原因が脊柱管狭窄症にあると病院で診断された方へ是非読んでいただきたい内容となっております。

脊柱管狭窄症とは

脊柱管狭窄症とは、神経の通り道である脊柱管が、何らかの原因で狭まって神経を圧迫したり、周囲の血流が滞ることで起こる疾患です。脊柱管狭窄症の場合、いくつかの身体的な特徴がありますので下記の内容に該当するかどうかをご確認ください。

脊柱管狭窄症の特徴

・お尻から太ももにかけての鋭い痛み、しびれ
・歩き出してしばらくすると足や腰に痛みが現れ、背中や腰を丸めるように休むと治まる
・じっと立っているときに足や腰に痛みやしびれが現れる
・前屈みの姿勢で歩くと楽になる
・自転車の移動では痛みやしびれが現れない
・股関節、膝、足首のいずれかに痛みを抱えている

脊柱管狭窄症では、間欠性跛行という、しばらく歩いていると痛みやしびれが現れ、しばらく休むとまた歩けるようになる、という特徴的な症状がみられます。

通常、腰を後ろへ反らすと脊柱管がより狭くなる為、痛みは増します。逆に腰を丸めると脊柱管が広くなり、痛みが軽くなります。

脊柱管狭窄症を楽にする為には

脊柱管狭窄症と診断された人の多くには脊柱管を狭くさせてしまうような身体的特徴があります。それは反り腰と呼ばれる身体の歪みです。腰を後ろへ反らすと脊柱管が狭くなるので、この反り腰になってしまうと常に症状を悪化させてしまうことになります。

反り腰姿勢整体

整体では身体の歪みを整えて症状を緩和させます。

※背筋を伸ばすと痛みが強くなる傾向がありますので、それを強調させてしまうような体操は行わないように注意しなければなりません。

整形外科で脊柱管狭窄症と診断された浦添市男性の整体

ゴルフをやっているせいか年齢よりもかなり若く見える男性。1年前から腰痛が酷く、左足にはしびれがでているようです。過去には手のしびれもあり、頚椎ヘルニアと診断されたこともあります。

脊柱管狭窄症と整体

触診すると左の膝裏に大きなしこり。それを押すと痛みと同時に身体がとある方向へ動くことが確認できました。(逃避運動)

左の足指にはしこり、首の左側には筋張ったような筋肉の緊張があります。全体のバランスを頭に入れておき、動きのチェックを行います。

左右の感覚の違いがわからないというご様子で、身体を動かすことに対して必要以上の力が入ってしまうことがわかりました。

脊柱管狭窄症の身体は緊張が強く、うまく力が抜けないという人がとても多いようです。寝ていても力が抜けないという状態だと、きちんと身体は回復することができません。朝起きても疲れがとれてないということにも繋がります。

整体では大腿部や腰部の緊張を取り除き、反り腰の調整を行いました。

足のしびれが軽減

整体後には、立った時の足の症状が楽になっていると笑顔を見せてくれました。男性にはバランスを整えるセルフケアをお伝えして、改善の為に必要なことをアドバイスしました。

脊柱管狭窄症の場合には、まず歩行時の負担を軽減し、なるべく長く歩けるようにすることを目標にします。

脊柱管狭窄症を治したい方へ、手術の前にご相談を

腰を反らしたときに現れる痛みやしびれを緩和させる施術を行い、改善に必要なセルフエクササイズを指導致します。体幹を安定させるエクササイズが非常に有効です。中には杖をついて生活していた数十年の間続いていた痛みから解放された人もいます。手術を決断する前に当院へご相談ください。

沖縄県浦添市、那覇市エリアで脊柱管狭窄症でお困りなら整体の操和へ

当院では痛みやしびれの改善だけではなく、再び不調が起きない身体にすることにも力を入れています。原因はそれぞれが違う為、同じような症状でもマニュアル通りの施術は行いません。それぞれの状態に合わせ的確なアプローチで症状の改善を図ります。病院、整形外科、整骨院でよくならなかった症状でも一度ご相談ください。

(要予約)098-876-4948、10時~21時まで、日曜祝日営業、不定休、駐車場2台