腰痛時に負担の少ない寝方、痛みを軽減する|沖縄県整体操和

酷い腰痛が現れている時は、安静時にも気を使って生活しなくてはなりません。寝る姿勢によっては腰痛を悪化させてしまうことがありますので注意が必要です。また、寝方を少し工夫するだけでも腰の負担を軽減することができますので、是非参考にしてみてください。

腰に負担の少ない寝方で起床を楽にする

腰に負担の少ない寝方は「横向き寝」か「仰向け寝」のどちらかになります。「うつ伏せ寝」では腰の反りを強調させてしまう為、かえって腰部の緊張が強くなってしまうことが考えられます。

※腰痛がそれほど酷くなくても、無意識のうちに「うつ伏せ寝」をしている人は、腰が疲れている可能性が大きいです。

1.横向きの寝方のポイント

背中と腰をやや丸めて、膝を軽く曲げるようにして寝ます。抱き枕を使うなどして、できるだけリラックスのできる体勢を探しましょう。ただし、同じ向きで寝続けると腰部への負担が大きくなることが考えられます。(片側の緊張が歪みを招く)

※適度に寝返りをうつことで身体の緊張がやわらぎます。柔らかすぎる寝具(低反発マットなど)では、寝返りをうつことが難しくなってしまいます。寝具選びではその点を注意しなければなりません。

2.あお向けの寝方のポイント

足を真っ直ぐ伸ばすのではなく、軽く曲げた体勢をつくります。(足を伸ばして寝てしまうと、腰の反りが強調されて腰の緊張は強くなってしまいます)枕や座布団といったクッションになる物を膝下に置いて、膝の位置が高くなるようにします。

※腰部の反りが楽になり、リラックスした体勢を作ることが可能です。全身の血流が促進されると「冷え」や「むくみ」などの症状にもよい影響を与えます。

腰痛を最小限にする起き方

起き上がる際にも、ちょっとした工夫で腰の負担を軽減することができます。就寝によって硬くなった身体をすぐに起こさないのがポイントです。

身体を起こす前にできること

両膝を立て左右に交互に倒す
足を気持ちよく伸ばす
両膝を立てて腰を丸める

※身体を少し動かしてからゆっくり起き上がるように心がけましょう。

腰に負担の少ない起き上がり方

横向きの体勢をつくり、肘や腕で身体を支えるように起き上がると腰部の負担を大きく軽減することができます。(足の反動を利用して起き上がると腰部を痛めやすくなります)

枕の問題

起床時のこりや痛み、度々起こる寝違いなどの症状から、枕が合っていないのでは?と感じている方が多くいます。確かに枕が合っていなければ、寝つきが悪くなったり、身体の負担が大きくなることも考えられます。

価格の高いオーダーメード枕を作っても寝心地に不満を感じている人は少なくありません。(歪みがある場合には計測を行なっても良い枕を作ることができない)

枕が合わないと感じている人は、先ずは次の方法を試してみましょう。

タオルを使った方法

折りたたんだバスタオルやフェイスタオルを重ねて自分に合った枕を作ります。枕に厚み(高さ)があると首の負担は大きくなってしまうので、少しずつ枚数を減らし、ベストな高さを見つけてください。

就寝中に首が辛くなってくる場合でも、ご自身でタオルの枚数を調整すれば、楽に寝られることがあります。

業界で話題の枕|クリエピローのご紹介

頭部だけを支える通常の枕と違い上半身を包み込むような形状の為、首や肩の血液やリンパの循環が良くなり、コリの解消につながります。

クリエピローの特徴

1.寝るだけで姿勢を矯正します

反り腰、猫背、ストレートネックなどの姿勢のゆがみを、寝ながら矯正することにより、良い状態を保てるようになる。

2.呼吸が楽になります

上体が屈曲位になることで、胸腹部が陰圧になり、自然と空気が肺に入る。その結果、呼吸が深くなる。

3.うつ伏せ寝が楽にできます

うつ伏せ寝では腰部が反るため、腰を痛める可能性があるが、治療院のようにうつ伏せ寝ができる。枕の胴体が長いので骨盤を安定させることができる。

4.就寝時の姿勢が楽になります

仰向け、うつぶせ、横向き寝など、頭の位置が安定する。

クリエピローデラックスの購入はこちらから

クリエピローレギュラー(ソフト)の購入はこちらから

クリエピローレギュラー(ハード)の購入はこちらから

(身長が170cm以上、体格のいい方はDXタイプがおすすめです)

世界初の静電気除去枕|空ねる枕のご紹介

枕の中で発生する静電気をブロックします。空ねる枕は不眠とアレルギーの関係を長年研究してきた丸山修寛医学博士が開発した世界初の静電気除去枕です。寝ても疲れが取れない、肩がこる、眠りが浅い、頭が重い、むくむ、しびれるといった原因である枕の中に発生する静電気を除去し、心地よい快眠に導きます。

空ねる枕の購入はこちらから

朝に多いぎっくり腰を起こさない為に必要なこと

痛みなく起き上がることができても、顔を洗ったり、靴下を履いたりする時に腰を痛めてしまう場合があります。前かがみになったときにぎっくり腰になるケースも少なくありません。

身体を前に丸める時には、片足を前方に出して立つ、あるいは片足を踏み台に乗せたりすると腰部の負担を減らすことができるので、突発的に起こる腰痛を予防することができます。

ぎっくり腰の原因と対処法
腰痛、ぎっくり腰の治し方

こちらの記事もご参考ください。

慢性的な腰痛は生活習慣の工夫によって軽減、回避することができます。普段からの行動を意識することで腰痛の改善を目指しましょう。

治療院へ行く回数が激減する腰痛に効く体操とストレッチ

沖縄県の整体師が教える腰痛に効く体操とストレッチの記事にある内容は一部の腰痛に大変効果的です。無理のない範囲で行ってみてください。

腰痛、ぎっくり腰なら沖縄県浦添市那覇市宜野湾市エリア整体の操和へ

当院では不調の改善だけではなく、再び不調が起きない身体にすることにも力を入れています。同じような症状でも原因はそれぞれが違う為、マニュアル通りの施術は行っていません。それぞれの状態に合わせ最適なアプローチで早期改善を目指します。病院、整形外科、整骨院で満足できなかった方も一度ご相談ください。

営業時間10~21時、土日祝日も営業、駐車場2台完備、場所と料金は上のメニューよりご確認ください。