沖縄県浦添市の整体操和の考える四十肩・五十肩の原因

沖縄県浦添市、那覇市エリアの整体の操和です。今回の内容は長い期間、肩に痛みや可動の制限がみられる四十肩・五十肩の症状についてです。腕を上げる時や下げるときに激痛が現れる、夜中に痛みで目が覚めるといった肩の症状を感じている方は参考にしてください。

肩が痛い、腕が上がらない四十肩、五十肩の症状

四十肩・五十肩は、肩関節の周辺に炎症が起き、強い痛みや肩や腕の可動域の制限、じっとしていても痛みを感じたりするのが特徴です。

四十肩・五十肩の痛みは、軽症の場合では1~2ヶ月ほどで治まることもありますが、重症の場合では、半年以上も続いてしまうことがあります。文字通り、中高年に多い症状なのですが、日頃から身体を酷使している若い人にも現れます。

痛みは感じなくても、腕を動かしたりした際に、動かしづらく、違和感があるという人は四十肩・五十肩の予備軍といえます。

四十肩・五十肩とよく似た病気には、腱板断裂(怪我、老化により腱板が裂けること)や石灰沈着性腱板炎(腱板の間にリン酸カルシウムがたまって炎症を起こす)などがあります。

四十肩・五十肩は肩だけをみても治りません

多くの人が肩関節に問題があると考えがちですが、四十肩・五十肩は決して肩だけの問題ではありません。シャツの裾を掴まれている時には、肩や腕が窮屈になり動きが制限されてしまいます。同じようなことが身体の中でも起きていると想像してみてください。例えば腕の筋肉の緊張が肩に問題を起こすなんてこともよくある話なのです。

四十肩・五十肩の改善にはある程度の期間が必要

四十肩・五十肩を改善する為には、肋骨や胸椎、腰部の緊張、下肢、上肢の動きなど、身体全体のバランスを整えていく必要があります。整体後には腕が上がるようになっても翌朝には再び元に戻ってしまい落ち込んでしまう人がいますが、これは身体が悪い状態を記憶している為に起こる反応です。

調整を続けていくうちに良い状態を身体が記憶していきますので、段々、このような状態も落ち着いていくはずです。

無理やり肩を動かしても直ぐによくなるものではありません。それどころか、誤った動かし方や体操などをしてしまうとかえって症状が悪化する場合がありますのでお気をつけください。

沖縄県那覇市、浦添市、宜野湾市の四十肩・五十肩は整体操和へ

当院では不調の改善だけではなく、再び不調が起きない身体にすることにも力を入れています。同じような症状でも原因はそれぞれが違う為、マニュアル通りの施術は行っていません。それぞれの状態に合わせ最適なアプローチで早期改善を目指します。病院、整形外科、整骨院でよくならない肩の症状もご相談ください。

(要予約)098-876-4948、10~20時、日曜祝日営業、北那覇税務署通り近く、駐車場2台