慢性化した肩こりと姿勢の関係|沖縄県那覇市、浦添市の整体操和

沖縄県那覇市、浦添市エリアの整体の操和です。今回の内容は慢性化した肩こりと姿勢についてです。マッサージだけでは解決しない肩こりの症状のある人に気をつけていただきたいことを説明いたします。

肩こりと姿勢の関係

普段から姿勢が悪くならないように気をつけていても、肩こりの症状が緩和されることはありません。

姿勢がよければ肩こりは軽減できると考えるかもしれませんが、どんな姿勢でも長時間続けていれば疲労は溜まってしまいます。疲労を溜めこむと身体のバランスは悪くなり、肩こりを悪化させてしまいます。

(肩こりの原因の多くは身体の歪みにあります)

座り姿勢の負担

仕事中の座り方に気を使う人は多いと思うのですが、長い時間、良い姿勢をキープすることはとても大変なことだと誰もが感じているはずです。

そもそも人の身体というものは長時間座ることに向いていません。(椎間板には立っている時の数倍の圧力がかかる)

中には正しいと思っている姿勢そのものが、首や肩のこりの原因となっていることもあります。背中を丸めて座る姿勢が身体によくないことは想像できると思いますが、背中を真っ直ぐにしすぎても身体にはよくないことがあります。

(背中の緊張は万病の元といわれるストレートネックを招く原因となる)

※ストレートネックの状態では、頭部が前方へ移動し筋肉の負担が大きくなります。その結果、首や肩の症状を悪化させてしまいます。

肩こりとデスクワークについて

パソコンのマウスの使用は身体の負担が最も大きくなります。片側の腕や肩の捻れがあるだけで、身体の軸バランスは簡単に崩れてしまいます。軸が安定しなければ作業の効率も悪くなりがちです。(人の話が頭に入ってこない、集中力が低下する)

安定しない状態で長い時間作業を行なっていると身体の歪みは固定化されてしまいます。無意識に肘をついたり、足を組んだりするのは、身体を支える機能が低下していることが考えられます。

肩こりと座り方

両肘を机に乗せてキーボードを打つ姿勢では、背中が曲がりやすく、首から後頭部、背中にかけてが特にこりやすくなってしまいます。

背もたれに寄りかかる背中座りの姿勢では、首や肩だけでなく、腰椎にも大きな負担がかかりヘルニアといった重たい症状を招く可能性があります。

運動不足と肩こり

運動不足によって筋肉が硬くなってしまうと身体を支える機能が低下します。血流が悪くなり、疲労が溜まりやすい状態になることが考えられます。

肩こりを予防、軽減する為には小まめに立ち上がり身体を動かすことが大切です。職場でもできるセルフケアによって身体の疲労をリセットしましょう。(それぞれの状態を確認し最も有効なケア方法をアドバイスいたします)

適度な運動は身体の緊張を緩和させる役割があり、不調の改善にも効果的です。

スマホを長時間使用すると肩がこる

長時間、スマホを見続けると肩がこる経験をされる方は多いと思います。もちろん、姿勢の問題もありますが、電磁波の影響によって身体の不調(肩こり)が表れるケースもあります。

電磁波の影響を受けているかどうかは簡単な検査によって判断することが可能です。電磁波をコントロールできると身体がとても楽になることがあります。

肩こりと整体

肩こりの症状は全身のバランスを整えることが大切です。肩をマッサージしなくても肩こりの症状は軽減することが可能です。

肩こりの原因と解消法

こちらの記事も是非参考にしてみてください。

沖縄県那覇市、浦添市で慢性的な肩こりでお悩みなら整体操和へ

当整体院では不調の改善だけではなく、再び不調が起きない身体にすることにも力を入れています。同じような症状でも原因はそれぞれが違う為、マニュアル通りの施術は行っていません。それぞれの状態に合わせ最適なアプローチで早期改善を目指します。病院、整形外科、整骨院でよくならない肩の不調でもご相談ください。

(要予約)営業時間10時~21時、日曜祝日も営業、浦添市仲西2-1-17-1階、北那覇税務署通り近く、駐車場2台完備、場所と料金など詳しくは上のメニューよりご確認ください。