骨盤矯正と姿勢の改善|沖縄県浦添市那覇市エリア整体の操和

沖縄県浦添市、那覇市エリアの整体の操和です。運動、呼吸、血流など、人間が行う活動の全てに関わるのが姿勢です。姿勢の問題は様々な身体の不調を招く原因となります。今回の内容は骨盤矯正と姿勢についてとなります。

骨盤矯正と姿勢について

骨盤の動きひとつで重心のバランスは変わります。骨盤が前に傾いている人は腰が反りやすく、骨盤が後ろに傾いている人は猫背の姿勢になる傾向があります。それぞれに招きやすい不調があり、歪みが固定化してしまうと自然とよくない姿勢をとってしまうことが考えられます。

反り腰姿勢整体猫背姿勢整体

反り腰と猫背の整体後の比較写真です。

良い姿勢で立つとは?

自分が立っている姿をじっくりと観察したことのある人は少ないと思われます。多くの人にどちらかの肩が下がっていたり、頭が傾いていたり、腰の位置が左右で違うといった特徴がみられます。

(特徴的な姿勢は、不調を長期化させている原因になっていることが考えられます)

良い姿勢で立つことは、何も美しい姿勢で立つという意味ではありません。その人にとってのよい姿勢を考えることが大切です。

1.安定して立てていること
2.疲労が少ないこと
3.痛みがないこと
4.動きやすいこと

一見、悪い姿勢にみえる場合でも、その人にとっては絶妙なバランスであり、そのおかげで身体が助かっているということもあります。なんでも真っ直ぐの状態が良いという訳ではありません。(真っ直ぐを意識しすぎるとかえって不調が現れやすい)

よい姿勢を維持しなければならない?

よい姿勢にしなければダメだと考える人は多いようですが、ずっと同じ姿勢をキープし続けることは凄く大変なことだとおわかりだと思います。時々、姿勢を変えたり、身体を動かしたりすることで緊張状態をリセットできるように努めましょう。時には足を組むことも問題ありません。

(身体が疲れてくるから姿勢が崩れる)

大切なのは疲労をため込まないようにすることです。セルフケアを行なってその日の疲労はなるべく取り除いてあげてください。そうすることで再び姿勢をキープしやすくなります。

骨盤が歪む原因

骨盤が歪む原因には、外部からの衝撃によるものと筋肉の慢性的な疲労によるものが考えられます。日常の立つ、歩く、座る、寝るといった基本動作をはじめ、私たちが行う全ての動きに骨盤は深く結びついています。

背筋を伸ばすことが良い姿勢とだと思われるかもしれませんが、実はこれは筋肉に大きな負担がかかってしまいます。できるだけ負担の少ない姿勢を心がけることも必要です。

座り姿勢のポイント

まず始めに足を大きく開いて座ります。それから大きく腰を反らせてください。今度は腰を少しずつ丸めていきます。丸めていく途中で、背中の筋肉の緊張がなくなり、お腹にわずかに力が入る瞬間があると思います。

それが負担の少ない座り姿勢のポジションとなります。この状態を維持しながら足を閉じても構いません。椅子の高さは、座ったときの膝の角度が90度よりもわずかに大きくなる程度に調整しましょう。

立ち姿勢のポイント

背筋をピンと伸ばす姿勢は、反り腰(骨盤の前傾)を増長させてしまうことが多いので気をつけましょう。胸を反らせないようにして軽くあごを引き、肩の力を抜きます。下腹部に軽く力を入れて肛門を引き締めるように意識してください。

骨盤が理想的な位置にあると、腰部や足部の負担が減ります。立っているだけで腰が痛くなるという方は、骨盤周辺の筋肉を調整すると楽に立つことができるようになるはずです。

骨盤をゆがませる姿勢と動作

日常生活の中で知らずのうちに骨盤を歪ませていることがあります。下記の内容に当てはまることがあればそれを見直すことでバランスを安定させることができます。

横座り、女の子座り

腰椎、股関節、膝関節に大きな負担がかかります。膝関節の変形を増長。左右の座りクセも同様です。

背中を丸めた姿勢で座る

若い人に多いのが椅子に浅く腰掛けて背もたれに身体をあずける姿勢です。骨盤が後ろへ傾いた状態で背中や首の骨も不自然な形になります。

足を組んで座る

足を組んで座り続けると、左右の骨盤の位置が変わってしまいます。背骨がカーブを描き、首や肩、背中や腰などの筋肉にも負担がかかり緊張が強くなります。

片足重心で立ち続ける

左右どちらかの決まった足に体重をあずけると骨盤が斜めに傾いた状態になりバランスが悪くなります。

下を見ながら歩く

携帯電話を見ながら歩くと背中が曲がりやすく骨盤は後ろへと傾いてしまいます。

かかとのある靴で歩く

ヒールのある靴で歩き続けると、足の筋肉を必要以上に緊張させる上に、骨盤が前傾した状態(反り腰)をつくってしまいます。

横向きに寝転がる

横向きでテレビや雑誌を見ると、骨盤は斜めに傾き、身体が前後に倒れないよう全身の筋肉は緊張した状態になります。

電話をいつも同じ手で持つ

電話の頻度が多い方は要注意。電話を耳に近づける動作は背骨を曲げ、背骨のゆがみは骨盤へと伝わります。

歪みを意識する

生活習慣のすべてを変えることはとても難しいことなので、まずは出来る事から取り組みましょう。セルフケアも同時に続けて筋肉疲労を溜めこまないようにすると身体は安定しやすいです。

沖縄県浦添市、那覇市、宜野湾市で猫背矯正、姿勢矯正なら操和へ

当院では不調の改善だけではなく、再び不調が起きない身体にすることにも力を入れています。同じような症状でも原因はそれぞれが違う為、マニュアル通りの施術は行っていません。それぞれの状態に合わせ最適なアプローチで早期改善を目指します。病院、整形外科、整骨院でよくならない症状でもご相談ください。

営業時間10~21時迄、日曜祝日も営業、北那覇税務署通り近く、駐車場2台完備、当院の場所と施術料金は上のメニューよりご確認ください。