沖縄県の整体師が教えるトラックドライバーの腰痛対策

トラックドライバーの方の多くは腰痛を患っています。長時間の運転や、重たい荷物を積み降ろす作業などで、腰に負担がかかりやすく、ぎっくり腰のような重たい症状を繰り返す方も少なくありません。

トラックドライバーの経験から

前職では10年間ほどトラックドライバーをしていました。腰を痛めてしまった経験は一度や二度ではなく多々あります。腰にはサポーターを巻きつけ、準備運動もしっかりしていたのですが、注意をしていても何度も繰り返し腰を痛めていました。

慢性化した腰痛は冬の寒い時期には更に悪化しました。朝早く出勤してトラックに乗り、積み込みの場所まで1時間ほどかけて移動します。到着するのは、1番気温の下がる日の出の時刻。トラックを降りると寒さで全身が固まっていました。

荷物は酒や飲料で重たい物はひとつで30kg近くもあり、積み込むだけでもなかなかの重労働でした。ですから、身体を壊さないようにする為、準備運動は念入り行っていました。

腰痛には一部のストレッチだけでは効果が薄い

腰を伸ばしたり、捻ったりするストレッチをしていると、腰が暖かくなり多少の動きやすさは感じましたが、腰痛自体は消えませんでした。

当時はこのような準備運動だけでは腰痛はなくならなかったので、腹筋や背筋といった筋肉が弱いのかと考えることもありましたが、私はジムで長年身体を鍛えていたこともあり、何故、痛むのだろうかという疑問を感じていました。

トラックドライバーの腰痛に効果的なストレッチとは

トラックドライバーが腰痛を繰り返すのは腰部の疲労が抜けずに蓄積されるからだと考えられます。しかし、単純に腰部のマッサージを行って疲労を取り除けば痛みから解放されるのかというと、実際はそう簡単にはいかないケースが殆どです。

腰部の緊張が取れない原因を考えなくてはなりません。

長時間の運転によってある重要な筋肉が緊張してきます。これが腰痛の原因のひとつと考えられます。その筋肉の名は大腰筋です。大腰筋は背骨から大腿骨にかけて付着している深部にある筋肉です。

この筋肉が緊張してくると身体の歪みから腰部に強いストレスがかかり、動作が制限されてしまいます。

座る姿勢ではこの大腰筋が収縮した状態になりますので、長時間の座り姿勢によって大腰筋が収縮したまま伸びなくなってしまいます。立ち上がる際に腰が伸ばせなくなるのは大腰筋の緊張からくる現象です。

大腰筋の図大腰筋の画像

トラックドライバーの腰痛に有効な大腰筋のストレッチ方法

片足を前に出し、膝を曲げます。反対の膝は床につけて筋肉を伸ばしていきます。決して無理はせず、気持ちよさを感じる範囲で行ってください。腰の痛みが強くてこの体勢になれない場合は即中止しましょう。

慢性化している腰痛の原因が足にあることも

痛みがでている部分に痛みの原因があると思っている方が多いと思うのですが、痛い部分とは離れた場所に痛みを引き起こしている原因があることが多々あります。

身体を実際に診てみないことには何ともいえない部分はあるのですが、腰痛を患っている方に大変有効なセルフケアの方法をアドバイスいたします。

写真のように大腿部をストレッチするだけです。腰は反らないように気をつけてください。また、ヘルニアと診断されて腰を丸める動作で痺れがでている場合は中止してください。

大腿部は身体の中で一番力の強い筋肉です。その筋肉が緊張収縮すると、それでけ身体を歪ませる力も強いということになります。これだけでうそのように腰痛が楽になるケースを度々確認しています。

沖縄県浦添市、那覇市で仕事による腰痛でお困りなら操和へ

腰痛は身体のバランスが崩れた結果であり、原因ではありません。腰部をマッサージしたり、鍼や電気治療を行ってもよくならないケースが殆どです。正しいケアを行い腰痛を改善しましょう。

(要予約)098-876-4948、10~21時迄、日曜祝日営業、北那覇税務署通り近く、駐車場2台、場所と料金は上のメニューからご確認ください。