慢性症状にマッサージはおすすめできない理由|沖縄県整体操和

沖縄県の整体操和です。今回の内容は慢性症状とマッサージの効果についてです。肩を揉むと一時的にはよくなるけど直ぐに元の状態に戻ってしまう方、頭痛が酷い方、病院でストレートネックが原因と言われた方は是非ご参考ください。

マッサージは気持ちがいいけど

デスクワークをされる方に特に多くみられる肩こりの症状ですが、マッサージ治療やリラクゼーション店などで肩を揉んでもらっても効果は一時的で、すぐに元の状態に戻ってしまうと感じている方はとても多いようです。

私は以前、揉みほぐし系のお店で働いていた経験があるのですが、定期的に来られる方たちの身体がとても硬かったことに疑問を感じていました。

肩を一生懸命揉んで肩こりが解消!なんてうまくいけばいいのですが、実際は肩を揉んでも症状はスッキリしない人が殆どです。特に慢性化した肩こりの症状にはマッサージ効果は殆ど感じていただけませんでした。

強く揉むと身体は壊れる

驚くことに多くの方々が肩をマッサージすることで症状が回復していくどころか、逆に強く揉まないと満足できないような酷い身体になっていったのです。

身体は強い刺激に対してストレスを感じてしまうのですが、強く揉まれることによるストレスから身を守ろうとする防御反応は、かえって身体を硬くしてしまいます。

これでは絶対に筋肉は緩むはずがありません。

※強揉みじゃないと満足できない身体とは、強い刺激によって、筋肉がぼろぼろになった状態(単純な気持ちよさを味わいたいだけ)といっても過言ではありません。

マッサージよりも効果的な肩こりの調整方法

例えば、身体が右に傾いてしまっている場合、左側の筋肉は伸ばされた状態になります。それ以上、身体が右に傾かないようにする為に、左側の筋肉は常に力が入っている状態です。

この緊張状態が抜けなくなったものがこり感や張り感の正体です。

身体を支える筋肉に問題があると、身体のバランスは崩れやすく、やがて違和感や痛みといった不調を招くことが考えられます。

※右側に傾かないように緊張して支えていた左側の筋肉を緩めてしまうと、身体は更に右側へと傾いてしまい、身体の不調も酷くなってしまいます。

肩を揉んでも一時的にしかすっきりしないのにはこのような理由があるからです。

当院では身体全体のバランスをチェックして、何故、肩が凝っているのかを判断し調整を行っております。

肩の痛み感想

肩こりが酷く、腕が上がらない状態でのご来院でした。肩にマッサージをしてしまうと炎症が広がる可能性があり、かえって痛みを強くさせることが多いです。

整体後には洗濯物が干せるようになり安心したそうです。この方は電磁波の影響も受けていた為、スマホの使用を控えていただくと症状は劇的に変化しました。(肩こり、頭痛の原因となる)

電磁波の影響を受けているかは簡単な検査によって判断することができます。パソコン作業の多い方にも電磁波対策は効果的です。

肩こり感想

肩こりと頭痛に悩む方からの施術後の感想です。普段からマッサージはよく受けているそうですが、肩の筋肉はとても硬く、緊張状態が目立ちましたが、上肢(腕)の捻れを調整すると動きが楽になり、肩がとても軽くなったことを実感していただきました。

調整時には筋肉を強くマッサージすることもないので揉み返しの心配もございません。

肩こりに関連する筋肉とは

肩こりに関連する主な筋肉としては、僧帽筋、大胸筋、大腰筋、腹斜筋、内転筋などがあげれます。これらの筋肉が緊張収縮すると身体のバランスが崩れやすく、肩のこりを感じてしまう可能性が高いです。

このように肩から遠く離れた部分の筋肉が肩こりに影響を及ぼすということを覚えておくと無駄な努力をしなくてすむかもしれません。

肩こりを解消する為には身体全体の調整を行うことが大切です。

ストレートネック整体後頚椎の歪み

身体のバランスが整うと自然と肩の緊張が抜けていくのがわかると思います。自分の肩こりが何が原因で起きているのかを知ることはとても大切です。

肩こりと同時に起きやすい背中の症状

長時間、同じ姿勢で作業を行なうと疲労によって身体は緊張し、筋肉も硬くなってしまいます。ご自身でも疲労を溜めこまないように努める必要があります。

ガチガチの背中にマッサージは効かない?

こちらの記事も参考にしてみてください。

浦添市、那覇市近郊でマッサージが効かない肩こりでお悩みなら

沖縄県浦添市の整体院操和では、マッサージが効かない慢性的な肩こりの改善のお手伝いをしています。頭痛、吐き気などの症状でお悩みの方のご相談もお待ちしております。

営業時間10時~21時、日曜祝日も営業、北那覇税務署通り近く、駐車場2台完備、場所や料金など詳しくは上のメニューよりご確認ください。