沖縄県で睡眠時無呼吸症候群を改善

寝ている時に息苦しくて目が覚めるという「睡眠時無呼吸症候群」に悩んでいる方にある調整方法をアドバイスした時のお話しです。

身体のゆがみと睡眠時無呼吸症候群

就寝前にある調整方法をやるようにアドバイスをしました。効果はてきめんでその日は朝まで楽に寝ることができたようです。呼吸器と連動する身体のある部分の硬直が原因で、うまく息を吐くことができず、身体が緊張状態を起こしていたのが原因だったと考えられます。

身体のゆがみと不調

冬が近づき気温が下がったことによる寒さの影響から身体の歪みは固定化されやすくなります。身体のゆがみが身体の不調を招きます。なかなか熱が下がらないという方が身体の歪みを調整することで翌日にはすっかりと良くなってしまったこともありました。

身体が硬くなりすぎると感覚が麻痺する

寝つきが浅いという方に多く共通するのが身体の強い緊張です。身体に強い緊張があると寝ている時にも緊張が抜けずリラックスすることができません。朝起きても疲れがとれていないと感じることでしょう。睡眠が長ければいい、ということではありません。身体が硬いにも関わらず、そのことを自覚できていないので更なる悪循環を招いてしまうことにも。筋肉が硬いにも関わらず押しても何も感じないという人は要注意です。

質のいい睡眠のヒント

しっかりと身体をケアし、翌日には疲れを感じないようにしたいものです。その為には身体の緊張状態をやわらげる必要があります。深いリラックスが質のよい睡眠状態をつくります。

沖縄県浦添市、那覇市、宜野湾市で睡眠時無呼吸症候群でお困りなら操和へ

当院では不調の改善だけではなく、再び不調が起きない身体にすることにも力を入れています。同じような症状でも原因はそれぞれが違う為、マニュアル通りの施術は行っていません。それぞれの状態に合わせ最適なアプローチで早期改善を図ります。病院、整形外科、整骨院でよくならない方もご相談ください。

(要予約)098-876-4948、10時~20時まで、日曜祝日営業、不定休、駐車場2台完備