生理痛・月経痛について|沖縄県浦添市、那覇市の整体操和

沖縄県浦添市、那覇市エリアの整体操和です。今回の内容は月経痛と整体、腰椎、骨盤の歪みと月経痛の関係性についてです。生理痛の痛みを緩和する為に必要なセルフケアを説明します。

血流が悪くなると生理痛や炎症を引き起こす

経血とは、子宮の壁である子宮内膜が一ヶ月に一度はがれ落ちたものです。子宮内膜からはプロスタグランディンという物質が分泌され、経血を外に出すために子宮を収縮させます。血の不足や冷えによって血流が悪くなることでプロスタグランディンの分泌が過剰になり、痛みや炎症を引き起こしてしまいます。

冷えと血流悪化が生理痛を起こす

冷えは血管を収縮させるため血流を悪くさせ、血流が悪くなると血が届かないため冷えが起きます。冷えと血流悪化がお互いに状態を悪化させているのです。生理痛がある人は、子宮の血流が悪く、冷えがあるということです。生理痛をよくするためには、血流をよくして身体を温めるのが効果的です。生理がすこやかで正常であれば、婦人科系のトラブルは回避しやすくなります。

生理痛と骨盤の関係性

生理痛と骨盤のバランスは密接な関係があるといわれます。骨盤にある仙骨という骨が左右のどちらかに歪んでくると、骨盤の内側にある靭帯のバランスにも影響します。靭帯が一方向に引っ張られ不安定な状態を作ってしまいます。

子宮のバランスと痛みのメカニズムについて

子宮の周りには靭帯が張りめぐられているのですが、月経時に子宮が収縮する時に、バランスの悪い靭帯は更に伸ばされ、不安定な状況を招いてしまいます。靭帯に引っ張られた子宮が捻れると、けいれんを起こしたような痛みを引き起こすことが考えられます。

月経困難症と整体について

月経時の下腹部の痛みの他にも腰痛、頭痛、吐き気などの症状を伴うものを月経困難症と呼びます。これらの症状も骨盤の捻れから連動した背骨の捻れによる影響が考えられます。

血液を増やして血流を改善する方法

1.夕食は控えめに(胃腸の改善)
2.朝ごはんを食べる(パンよりお米)
3.鶏肉を食べる(血を作る食材)
4.夜23時までに就寝する(血液がつくられる)

身体を温めて生理痛をやわらげる

温める場所は恥骨の縁、肩甲骨の内縁、腰椎の4,5番

生理痛を緩和するセルフケアの紹介

腰痛5分体操坐骨神経痛の身体的特徴で取り上げた骨盤のバランスを整える体操が効果的です。無理のない範囲内で毎日続けることが大切です。

沖縄県浦添市、那覇市近郊で生理痛でお困りなら整体の操和へ

当院では不調の改善だけではなく、再び不調が起きない身体にすることにも力を入れています。同じような症状でも原因はそれぞれが違う為、マニュアル通りの施術は行っていません。それぞれの状態に合わせ最適なアプローチで早期改善を目指します。

(要予約)098-876-4948、10~20時迄、日曜祝日営業、北那覇税務署通り近く、駐車場2台