「病気と健康」沖縄県浦添市、那覇市、宜野湾市エリア操和

沖縄県浦添市、那覇市、宜野湾市エリアの整体操和です。病気とは臓器の機能が低下して起こるものと考えられています。整体的に考える病気になるまでの過程についてお話します。

病気と身体

1.まず、からだのバランスが崩れると痛みとして症状があらわれる(感覚的な異常)

2.痛みをそのままの状態にしていると、身体の機能的な異常が起きる(肩が上がらない、下痢、尿がでにくいなど)

3.それが進行すると、骨や関節、内臓にまでダメージを与え病気になる

内臓の調子が悪いから身体の調子が悪くなると考えがちですが実際は逆なのです。調子を悪くするような身体の状態(歪み)にしていたから内蔵が悪くなっているということです。

悪い部分(結果)だけを見るのではなく、悪くなる過程を考えなくてはなりません。身体のバランスを正すことで痛みはなくなり、機能が回復し、健康な身体へと変わっていくと考えることができます。

「感覚」と身体の歪み

「不快」な感覚はストレスを生み、身体の機能、バランスなどを狂わせます。逆に「気持ちがいい」という感覚は、身体のバランスを調整し、回復を促すようにできています。「気持ちがいい」という感覚とはとてもありがたいものなのです。

身体が硬くなったときに伸びをすると気持ちがいい。だいたいの人はそう感じると思うのですが、忙しい日常の中で自分の身体が要求しているこの大切な感覚にさえ気づいてあげられなくなっているのが多くの人の現状なのかもしれません。

病気にならないようにする為には、始めに身体の感覚を呼び起こし、ご自身の心と身体に向き合っていかなくてはなりません。

身体が楽になる方法は実にシンプル。気持ちがいいことは身体にいいということです。赤ちゃんが気持ちよく伸びをしているのは本能でこれを理解をしているからなのでしょう。

沖縄県浦添市、那覇市、宜野湾市で整体院をお探しなら「操和」へ

当院では不調の改善だけではなく、再び不調が起きない身体にすることにも力を入れています。同じような症状でも原因はそれぞれが違う為、マニュアル通りの施術は行っていません。それぞれの状態に合わせ最適なアプローチで早期改善を目指します。病院、整形外科、整骨院でよくならない症状でもご相談ください。

(要予約)098-876-4948、10~20時迄、日曜祝日営業、北那覇税務署通り近く、駐車場2台