手術なしで股関節、膝の痛みを治すには|沖縄県整体の操和

沖縄県浦添市、那覇市エリアの整体の操和です。今回は股関節、膝関節の痛みについてです。股関節や膝の痛みが慢性化している方、または痛みで歩行が難しくなってきたと悩んでいる方は是非参考にしてみてください。

病院で変形性関節症と診断された方へ

股関節や膝の部分に痛みがでている方の多くは、腰椎、骨盤、足関節などの骨格バランスの崩れがあったり、関連する筋肉の緊張がみられます。これらの問題が痛みの原因となっている場合は、手術をしなくても回復できる可能性が十分にあります。

治療法は手術しかないと思い込む人は多いようですが、骨格、筋肉の問題を解決することで痛みが劇的に軽減する場合があります。

筋肉が硬く、緊張してくると、骨を引っ張り、歪みが起きます。筋肉の問題は、もちろんレントゲンでは判断することはできません。筋肉の調整によってバランスが整えば歩行がとても楽になるはずです。

股関節、膝の痛みと整体

関節の可動域などを確認しながら、問題を起こしている部分を特定しアプローチしていきます。筋肉を調整している時は多少痛みを感じることもありますが、先ほどよりも痛みが楽になっていることに気づくことでしょう。

重心のバランスと関節の痛み

足のどちらか一方に重心が偏っている場合、重心が乗っている側の関節には負担が生じ、筋肉の緊張も現れます。先ほども言ったとおり、筋肉の緊張は身体の歪みを招きます。身体が歪むと身体は緊張しやすくなる為、悪循環となってしまいます。

重心が偏っている理由を考えて、バランスを調整していくことが大切です。

変形性股関節症

現在、変形性股関節症は進行性の病状ではないと言われています。炎症のピークが過ぎるとやがて痛みは治まってくることも多いです。それには筋肉をなるべく緊張させないように努める必要があります。当院でも変形性股関節症と診断された多くの患者様が施術を行った後に身体の変化を実感しておられます。

股関節のゆがみのチェック方法

仰向けで寝たときに、左右のつま先のどちらか一方が内側、もしくは外側に倒れている、左右均等ではない。あぐらをかくと開きに左右差を感じる、または痛みが現れる。横座りをしたときの左右の感覚の違い。これらをチェックしてみましょう。

股関節のバランスを整える運動法

坐骨神経痛の身体的特徴で紹介した運動は軽度の股関節症の改善に有効です。無理のない範囲で行ってみてください。

膝が痛い時のセルフケア方法

膝が痛む場合でも股関節の症状と同様のことが考えられます。骨盤と下肢のバランスを整えることが大切です。軽い症状には腰痛5分体操の運動も効果的です。

沖縄県で整形外科、整骨院で治らない股関節、膝の痛みでお困りなら操和へ

当院では不調の改善だけではなく、再び不調が起きない身体にすることにも力を入れています。同じような症状でも原因はそれぞれが違う為、マニュアル通りの施術は行っていません。それぞれの状態に合わせ最適なアプローチで早期改善を目指します。

(要予約)098-876-4948、10~21時迄、日曜祝日営業、北那覇税務署通り近く、駐車場2台